明王とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 明王 > 明王の意味・解説 

みょう‐おう〔ミヤウワウ〕【明王】

読み方:みょうおう

大日如来の命を奉じ怒りの相を表し悪魔降伏(ごうぶく)して仏法守護する諸尊五大明王など。特に、不動明王をさす。

智慧の王、すなわち真言(しんごん)のこと。


めい‐おう〔‐ワウ〕【明王】

読み方:めいおう

すぐれた、かしこい王。明君


明王

読み方:ミョウオウ(myouou)

所在 神奈川県座間市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒252-0022  神奈川県座間市明王

明王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 05:38 UTC 版)

明王(みょうおう、: विद्याराज vidyā-rāja[1])は、密教における尊格及び称号で、如来の変化身ともされる[2]




「明王」の続きの解説一覧

明王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 03:47 UTC 版)

「仏像」記事における「明王」の解説

明王は、密教信仰特有の仏像である。 未だ教え従わない救い難い衆生力尽くでも帰依させるために、明王が大日如来の命を受けたとも、如来が自ら明王に変化したとも伝えられている恐ろし外貌激し憤怒の相が特徴であるが、孔雀明王六字明王は慈悲表した菩薩の顔をしている。 不動明王 不動明王は、インド中国ではほとんど信仰の対象となっていなかったが、日本では密教持ち帰った空海胎蔵界曼荼羅象徴として重視したことから民衆間に信仰広まった。左に索髪(さくはつ)を垂らし右手に剣、左手羂索を持つ。常に火の中にいることから光背迦楼羅炎がある。 向かって右矜羯羅童子こんがらどうじ)、左に制多迦童子せいたかどうじ)を従えた三尊不動三尊)の形式祀られることが多い。 真言宗東密)では、不動明王降三世明王軍荼利明王大威徳明王金剛夜叉明王五つ五大明王という。東寺大覚寺醍醐寺不退寺など多くの寺で、五大明王そろって祀られている。

※この「明王」の解説は、「仏像」の解説の一部です。
「明王」を含む「仏像」の記事については、「仏像」の概要を参照ください。


明王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 08:43 UTC 版)

真言」の記事における「明王」の解説

真言サンスクリット語不動明王 大呪(火界呪):ノウマク・サラバタタギャテイビャク・サラバボッケイビャク・サラバタタラタ・センダマカロシャダ・ケンギャキギャキ・サラバビギナン・ウンタラタ・カンマン namaḥ sarvatathāgatebhyaḥ sarvamukhebhyaḥ, sarvathā tracaṇḍa-mahāroṣaṇa khakhāhi khāhi sarvavighanaṃ hūṃ traṭ hāṃ māṃナマハ サルヴァタターガテーッビャハ サルヴァムケーッビャハ サルヴァター トラット チャンダマハーローシャナ カン カーヒ カーヒ サルヴァヴィガナン フーン トラット ハーン マーン 帰命たてまつる全方位一切如来よ。一切時一切処に。トラット。暴悪なる大忿怒尊よ。カン一切障碍滅尽したまえ滅尽したまえフーン。トラット。ハーンマーン。 中呪(慈救呪):ノウマク・サマンダ・バザラダン・センダマカロシャダ・ソワタヤ・ウン・タラタ・カン・マン namaḥ samanta-vajrāṇāṃ caṇḍa-mahāroṣaṇa sphoṭaya hūṃ traṭ hāṃ māṃナマハ サマンタヴァジュラーナーン チャンダマハーローシャナ スポータヤ フーン トラット ハーン マーン 帰命たてまつる。あまねき諸金剛尊よ。暴悪なる大忿怒尊よ。粉砕したまえ。フーン。トラット。ハーンマーン。 小呪(一字呪):ノウマク・サマンダ・バザラダン・カン namaḥ samanta-vajrāṇāṃ hāṃナマハ サマンタヴァジュラーナーン ハーン 帰命たてまつる。あまねき諸金剛尊よ。ハーン 孔雀明王 オン・マヤラギランデイ・ソワカ oṃ mārā-krānte svāhāオーン マーユーラークラーンテー スヴァーハー オーン無敵の孔雀よ。スヴァーハー降三世明王 オン・ソンバ・ニソンバ・ウン・バザラ・ウン・パッタ oṃ sumbha nisumbha hūṃ vajra hūṃ phaオーン スンバ ニスンバ フーン ヴァジュラ フーン パット オーン。スンバ神よ。ニスンバ神よフーン金剛よ。フーンパット大威徳明王 オン・シュチリ・キャラ・ロハ・ウン・ケン・ソワカ oṃ ṣṭrīḥ kāla rūpa hūṃ khām svāhāオーン シュトリーヒ カーラ ルーパ フーン カーン スヴァーハー オーン。シュトリーヒ。カーラ神の姿をとるものよ。フーンカーンスヴァーハー。 オン・チリカラ・ロハ・ウン・ケン・ソワカ oṃ ṭrikara-ropa hūṃ khām svāhāオーン トリカラローパ フーン カーン スヴァーハー オーン三界殺害熱悩尊よ。フーンカーンスヴァーハー金剛夜叉明王 オン・バザラ・ヤキシャ・ウン oṃ vajra-yakṣa hūṃオーン ヴァジュラヤクシャ フーン オーン金剛夜叉よ。フーン。 オン・マカヤシャ・バザラサトバ・ジャク・ウン・バン・コク・ハラベイサヤ・ウン oṃ mahā-yakṣa vajra-sattva jaḥ hūṃ vahoḥ praveṣaya hūṃオーン マハーヤクシャ ヴァジュラサットヴァ ジャハ フーン ヴァン ホーホ プラヴェーシャヤ フーン オーン。大夜叉よ。金剛薩埵よ。ジャハフーンヴァンホーホ入れたまえ。フーン軍荼利明王甘露軍荼利明王) オン・アミリテイ・ウン・ハッタ oṃ amṛte hūṃ phaオーン アムリテー フーン パット オーン不死甘露尊よ。フーンパット金剛軍荼利明王 オン・キリ・キリ・バザラ・ウン・ハッタ oṃ kīlili vajra hūṃ phaオーン キーリ キーリ ヴァジュラ フーン パット オーンキーリキーリ金剛よ。フーンパット烏枢沙摩明王 オン・クロダノウ・ウン・ジャク oṃ krodhana hūṃ jaオーン クローダナ フーン ジャハ オーン忿怒尊よ。フーンジャハ。 オン・シュリ・マリ・ママリ・マリ・シュシュリ・ソワカ oṃ śrimali mamali mali śuśri svāhāオーン シュリマリ ママリ マリ シュシュリ スヴァーハー オーン吉祥保持し給え。幸福を保持し給え保持し給え華麗な吉祥に。スヴァーハー大元帥明王 ナウボウ・タリ・タボリ・ハラボリ・シャキンメイ・シャキンメイ・タラサンタン・オエンビ・ソワカ namas tariḥ taburiḥ bharaburiḥ śakyame śakyame trasaddhām oyavi svāhāナマス タリヒ タブリヒ バラブリヒ シャッキャメー シャッキャメー トラサッダーン オヤンヴィ スヴァーハー 解読不能愛染明王 オン・マカラギャ・バザロシュニシャ・バザラ・サトバ・ジャク・ウン・バン・コク oṃ mahāga vajroṣnīṣa vajrasattva jaḥ hūṃ vahoオーン マハーラーガ ヴァジュローシュニーシャ ヴァジュラサットヴァ ジャハ フーン ヴァン ホーホ オーン。大愛染尊よ。金剛仏頂尊よ。金剛薩埵よ。ジャハフーンヴァンホーフ。 ウン・タキ・ウン・ジャク・ウン・シッチ hūṃ ṭaki hūṃ jaḥ hūṃ siddhiフーン タキ フーン ジャハ フーン スィッディ フーンタキ神よフーンジャハフーン成就せよ。 無能勝明王 オン・コロコロ・センダリ・マトウギ・ソワカ oṃ huru huru caṇḍāli mātagi svāhāオーン フル フル チャンダーリ マータンギ スヴァーハー オーン取り去りたまえ。取り去りたまえ。チャンダーリーよ。マータンギーよ。スヴァーハー。 ノウマク・サマンダボダナン・ジリン・ジリン・リン・リン・シリン・シリン・ソワカ namaḥ samanta-buddhānāṃ dhriṃ dhriṃ ririjrijrisvāhāナマハ サマンタブッダーナーン ドゥリン ドゥリン リン リン ジュリン ジュリン スヴァーハー 帰命たてまつる。あまねき諸仏に。ドゥリン、ドゥリン、リンリンジュリンジュリンスヴァーハー青面金剛 オン・デイバヤキシャ・バンダ・バンダ・カカカカ・ソワカ oṃ deva-yakṣa bandha bandha ha ha ha ha svāhāオーン デーヴァヤクシャ バンダ バンダ ハハハハ スヴァーハー オーン天の薬叉よ。縛せよ。縛せよ。ハハハハ。スヴァーハー

※この「明王」の解説は、「真言」の解説の一部です。
「明王」を含む「真言」の記事については、「真言」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「明王」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

明王

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 00:25 UTC 版)

名詞

みょうおう

  1. みょうおう密教日本では真言宗天台宗)で説かれるほとけ(仏)の一群分類としては、如来菩薩、明王、天部天神)とあるうちの一つ
  2. みょうおう密教日本では真言宗天台宗)で唱えられる陀羅尼真言一種で、長い呪文)のこと。「明呪の王」の意。
  3. めいおう)かしこい天子明君

発音(?)

[語義1,2]

ミョ↗ーオ↘ー

[語義3]

メ↗ーオ↘ー

関連語

[語義1,2]


「明王」の例文・使い方・用例・文例




明王と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

明王のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



明王のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2022 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの明王 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの仏像 (改訂履歴)、真言 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの明王 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS