生_(仏教)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 生_(仏教)の意味・解説 

生 (仏教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/31 02:34 UTC 版)

仏教用語(しょう)は、パーリ語Jātiジャーティ)に由来する概念であり、サンサーラsaṃsāra)によって新しい生命として、繰り返し存在しつづけることを指す(輪廻)。


  1. ^ 櫻部・上山 2006, p. 310~311.
  2. ^ 中村 2002, p. 96.
  3. ^ 佛學問答第三輯
  4. ^ Bot Thubten Tenzin Karma and Rebirth
  5. ^ Four Noble Truths
  6. ^ In this translation by John T. Bullit, Bullit leaves the term "dukkha" untranslated. The main article that presents this translation is The Four Noble Truths.[5] Links to each line in the translation are as follows: line 1: First Noble Truth; line 2: Second Noble Truth; line 3: Third Noble Truth; line 4: Fourth Noble Truth.
  7. ^ Ajahn Sucitto 2010, p. 37.
  8. ^ See, for instance, SN 12.2 (Thanissaro, 1997) and DN 22 (Thanissaro, 2000).


「生 (仏教)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生_(仏教)」の関連用語

生_(仏教)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



生_(仏教)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生 (仏教) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS