三界とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義(数) > 三界の意味・解説 

さん がい 三界

[0][1]
心をもつものの存在する欲界色界無色界三つ世界。仏以外の全世界三有さんう)。 広しといへども五尺の身置き所なし/平家 3
三千大千世界」の略。
接尾
地名に付いて、遠く離れた所の意を表す。くんだり江戸 西東にしひがし)の神田-にやあおらああるめえとおもふぜ/安愚楽鍋 魯文 いかにいたづらすればとていつの便宜に唐-/浄瑠璃国性爺合戦
名詞に付いて、その意味を強める。 土瓶拵へや一日-余る/滑稽本浮世風呂 4

三界

読み方:サンガイ(sangai)

仏教で、一切衆生生死流転する迷い世界


さんがい 【三界】

仏教用語。①迷い世界三つ分けたもの。欲界欲望世界地獄餓鬼畜生修羅人間天人六道がいるといい、天人界を六欲天という)、色界欲望離れているが物質〈色〉的条件とらわれ世界)、無色界精神的条件だけをもつ世界)。色界無色界四つずつに分けられるといい、三界は総計九地から成るともする。②過去・現在・未来をいう。③三千大千世界の略。新潟県民謡三界節(三階節とも)は、古く仏事歌詞多く仏教の三界から出たとする説がある。

三界

作者藤島まき

収載図書戦後出発女性文学 第8巻 昭和28年
出版社ゆまに書房
刊行年月2003.5


三界

読み方
三界みかい

三界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/08 02:24 UTC 版)

三界(さんがい、: tri-dhātu)とは、仏教における欲界・色界無色界の三つの世界のことであり、衆生が生死を繰り返しながら輪廻する世界をその三つに分けたもの[1]三有(さんう)ともいう[1]。欲界よりも色界のほうが、色界よりも無色界のほうが、いっそうすぐれた生存のしかたであると考えられており、その場所も、欲界が最下にあり、無色界が最上に位置する[2]




注釈

  1. ^ 淫欲と食欲に睡眠欲を加える説もある[1][4]
  2. ^ 淫欲と食欲に加えて睡眠欲をも離れているとする説もある[1]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 三界(さんがい)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 櫻部・上山 2006, p. 39.
  3. ^ 岩波仏教辞典 1989, p. 818.
  4. ^ a b c 欲界(ヨクカイ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月14日閲覧。
  5. ^ a b c d 岩波仏教辞典 1989, p. 309.
  6. ^ a b c d e f 色界(シキカイ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月14日閲覧。
  7. ^ a b c d 無色界(ムシキカイ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月14日閲覧。
  8. ^ 子は三界の首枷とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2019年5月19日閲覧。


「三界」の続きの解説一覧



三界と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三界」の関連用語

三界のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



三界のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三界 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS