三世とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 三世 > 三世の意味・解説 

さん‐ぜ【三世】

読み方:さんぜ

仏語前世現世来世、または過去世現在世未来世過去・現在・未来の称。三界三際(さんさい)。

本人子・孫3代さんせい

親子の縁は一世夫婦の縁は二世主従の縁は三世というところから》主従の関係。


さん‐せい【三世】

読み方:さんせい

本人子・孫3代。さんぜ。

同じ地位称号など有する人の、3代目また、同名法王皇帝などの3番目の人。「―名人」「―市川団十郎」「ナポレオン―」

移民などの3代目世代。「日系―」


み‐よ【三世】

読み方:みよ

前世(ぜんせ)・現世(げんぜ)・後世(ごせ)。さんぜ。

折りつればたぶさにけがる立てながら―の仏に花たてまつる」〈後撰・春下〉


三世


三世

読み方
三世みつよ

三世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/17 09:57 UTC 版)

三世(さんぜ、サンスクリット語:Traiyadhvika, Traikālya)とは、仏教でいう過去世・現在世・未来世のこと。また三際(さんざい、後述)ともいう。




「三世」の続きの解説一覧

三世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/02 03:10 UTC 版)

三世 (日系人)」の記事における「三世」の解説

日本出身とする移民第三世代は、「三世(sansei)」と呼ばれている。二世を親とする彼らは、その大多数1945年以降に生まれている。彼らは、英語やポルトガル語など現地公用語第一言語として話し各々の国の社会完全に同化することとなり、基準価値観などのメンタリティー部分おいても現地のものと見解同じくする傾向を持つ。日本語解する者は少数しか存在せず自身のアイデンティティ日本ではなく各々生まれ育ったアメリカブラジルなどに求め傾向がある。三世の間では、非日系人との婚姻進み、その率はアメリカでは50%、ブラジルでは64%となっている。

※この「三世」の解説は、「三世 (日系人)」の解説の一部です。
「三世」を含む「三世 (日系人)」の記事については、「三世 (日系人)」の概要を参照ください。


三世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 03:09 UTC 版)

山本東次郎」の記事における「三世」の解説

三世 山本 東次郎 則重(さんせ やまもと とうじろう のりしげ、明治31年1898年9月26日 - 昭和39年1964年7月26日)、本名山本晋旧姓河内)。二世養子大分県竹田町生まれ明治40年1907年10月二世次郎入門翌年田村』のアイ初舞台大正4年1915年)『三番三』を披く昭和4年1929年東洋大学支那哲学科卒業昭和6年1931年)『釣狐』、昭和7年1932年)『花子』を披く。のち二世次郎養子となり昭和10年1935年)に三世東次郎襲名全国学校狂言普及のために巡る。勲四等瑞宝章を没時受章長男四世次郎襲名次男山本則直、三男山本則俊。

※この「三世」の解説は、「山本東次郎」の解説の一部です。
「三世」を含む「山本東次郎」の記事については、「山本東次郎」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「三世」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「三世」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



三世と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三世」の関連用語

三世のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



三世のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三世 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの三世 (日系人) (改訂履歴)、山本東次郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS