刹那とは? わかりやすく解説

刹那

刹那(せつな)とは、極めて短い時間を表す言葉である。一瞬一刹那とも表現され一つ瞬間を指す。この言葉は、日常生活文学作品などで頻繁に使用される例えば、物事急に変わる様子や、一瞬出来事を表す際に用いられるまた、刹那的という形容動詞存在し一時的短期的な意味合い使われることが多い。刹那という言葉は、時間の流れ具体的に捉えるための表現として多く場面で活用されている。

刹那

読み方:せつな

「刹那」とは、仏教において時間の最も小さ単位意味するために使用されている用語で一般的には非常に短い時間または瞬間のことを意味する表現

「刹那」とは・「刹那」の意味を詳しく解説

刹那(せつな)とは、極めて短い時間、あるいは瞬間を指す。仏教用語では時間の最小単位意味する時間感じ方は人それぞれであるので、刹那が明確に何秒ほどのことなのかを示すことはできない。だが、仏教用語として1度指を鳴らす間に60ないし65ほどの刹那があるとされる説や、また、1刹那を75分の1秒と考える説もある。刹那は数の単位としても使われている言葉である。10のマイナス18乗を1刹那と呼ぶらしい近年では人の名前として刹那が用いられることもある。

「刹那」の語源・由来

刹那の語源由来仏教用語にある。サンスクリット語の「クシャナ」が刹那の元になった語とされている。漢訳では「念」という。語源となったサンスクリットにおける刹那は、この世の最も短い時間意味している。人を含む世の中のすべては、その短い時間のなかで千変万化しており、生死物事変化しているという。また、人間意識は、刹那の中で生成消滅繰り返す運動であるという考え方あるようだ

「刹那」の熟語・言い回し

刹那に生きるとは


「刹那に生きる」とは、現状だけを注視し将来気にせず生きる、あるいはその生活のことを指す。

一見すると良い意味合い言葉感じる者もいるだろう。たしかに、今だけに注視する生き方は、必ずしも悪いことではない。だが、「刹那に生きる」はあまり肯定的な意味を持った言葉ではない。人生充実しないことや、将来に何も残す気がないと、いったネガティブなニュアンス含ませて使うことが多いからだ。例えば「刹那に生きる人間将来語り合う自信はない」「漠然とした将来への不安が、刹那に生きる若者増やしている」のように使われる実際に「刹那に生きる」のニュアンスネガティブな意味を持っているかどうかは、文脈から判断することになる。

刹那的なとは


時間きわめて短い様子や、一瞬事柄を指す。刹那主義考え傾向を指す場合もある。刹那主義とは、過去未来捕らわれず、その一瞬を真剣に生きること仏陀弟子語った言葉元になって生まれた伝えられている。しかし、現在ではネガティブなニュアンス強く一時的な享楽むさぼる様を表す場合にも使われる言葉だ。また、将来への展望がない生き方や、希望持ち合わせていない考え方、といった意味合い使われることも多い。

刹那的な人とは


刹那主義傾向持った人物。あるいは(人生を)悔い残らないように、その瞬間出来事大切に生きている人間を指す。もちろん、「刹那的」と表現する以上、将来への展望長期間考えられない、といったニュアンスを含む場合がある。そのため「刹那的な人」と言った場合には「享楽的生き方を望む人」「全力で臨むものの行き当たりばったりに生きる人間」を表すこともある。

刹那に願うとは


一般的な熟語言い回しとして「刹那に願う」と使うことはない。あえて「刹那」と「願う」を組み合わせて使うなら、「その一瞬だけ、願い事をした」という意味での理解も無理ではない。しかし、多く場合「刹那に願う」と使われ場合は「切(せつ)に願う」の誤用であろう。「切に願う」は「(望み叶うよう)心のそこから願う様子」あるいは「心からむような事柄であってほしいと願うこと」を指す。誤用されるようになったのは「刹那(せつな)」と「切(せつ)」が、言葉響きとしてよく似ているからであると考えられる

刹那の時とは


ごく短い時間であったり、一瞬起きたということ強調するため、時と刹那を合わせて使うことがある。「刹那の時」は「ごく一瞬の間」「その瞬間に」といった意味合いになる。だが「刹那」はごく短い時間そのものを表す言葉だ。それゆえに、「刹那の時」は「ごく短い時間の時」というような、不自然さ感じさせる表現となってしまう。日本語としては意味が通じるものの、適切な表現とは言えない言い回しである。一瞬時間表現したいであれば「刹那」だけで足りる。

刹那に過ぎるとは


「刹那に過ぎる」とは、その一瞬終わってしまう、短い間に過ぎ去る時間の事を指す言葉。「若い時間は刹那に過ぎる」「当時辛く長い時間感じたが、今思い返せば刹那に過ぎたのだった」のように使う。しかし、「切な過ぎる」の誤用として「刹那に過ぎる」が使われているケース珍しくない誤用であるかどうか判断は、文意から読み取るしかないだろう。だが、仮に誤用していても、文章がまったく読み取れなくなることは少ない。

一刹那の意味とは


一刹那いっせつな)」とは、極めて短い時間や一瞬の時間を指す。「刹那」と同じ意味ではあるが、「一」を付けることで、その瞬間強調していると捉えられている。一刹那を使う言い回しのほとんどは「一」を省いても意味は通じる。

浮世は刹那とは


浮世とは、現実に人が生きている世界を指す。仏教的厭世観では「いとうべき現世の意味。もともとは憂き世記した俗世浮かれて暮らす気持ちや、享楽的世界を指す場合もある。そのため、「浮世は刹那」とは「現世一瞬泡沫のようなのである」ことを示している言い回しだ。だが「浮世は刹那」は浮世何を指すのかによって、意味が変化する例えば、死に臨んで浮世は刹那である」と記すなら「人生この世短さ」を表すことになる。一方で遊廓での男女つながり指して浮世は刹那」と記したなら、「一夜限りはかない享楽的な愉しみの)時間」を意味することになるだろう。

その刹那とは


一瞬の時や瞬間指し示した言葉。あるいは短さ強調する意味を持つ。

「刹那」の使い方・例文

非常に短い間や、その瞬間切り取って伝えたいときには出来事事象組み合わせて「刹那」を使うとよいだろうまた、状況心情場面瞬く間変化するときなどにも、刹那を用いることができる。例文以下の通りである。

・「いうべき言葉知らず」とは、まさにこの刹那の二人驚きといっていい。(吉川英治新・水滸伝(二)
・口さえ一言利きけない夫は、その刹那の眼の中に一切の心を伝えたのです。(芥川竜之介藪の中」)
何だろうと思って振り返った刹那、ぼくは叫び声上げそうになった。(原田宗典「どこにもない短篇集」)
・船は今までよりも倍以上の速力を鼓こして刹那に近寄り始めた。(夏目漱石満韓ところどころ」)
出産の刹那に感じたと同じ心の興奮が、ふたたび彼の心に迫ってきた(トルストイアンナ・カレーニナ中村白葉訳)
・私にはKがその刹那に居直り強盗のごとく感ぜられたのです。(夏目漱石「こころ」)
雪子対す母性愛は、火に投じられのように、刹那的蒸発した。(荒俣宏帝都物語 第弐番」)
才能のある人なんだけど、あんな目にあって刹那的になってしまうんじゃないかと思って心配だったんです。(西村京太郎雲仙長崎殺意の旅」)
・実さんは自分一刹那気持分析する力が極めて強い。(夢野久作「実さんの精神分析」)
・この感じ鋭くなって、一刹那あの目をデモニックだとさえ思ったのである。(森鴎外百物語」)
・その刹那に彼は、彼を載せて回転する大地巨大さシミジミ感じた。(夢野久作少女地獄」)
・その刹那彼女の眼は実に大きく一時にびっくりしたような色をおびた。(室生犀星性に眼覚める頃」)
・あわや第三犠牲となっての上鮮血に汚すかと思われたその刹那!(海野十三流線間諜

せつな【刹那】

読み方:せつな

《(梵)kṣaṇaの音写

仏語時間の最小単位1回指を弾く間に60あるいは65の刹那があるとされる

きわめて短い時間瞬間。「—の快楽に酔う」「衝突した—に気を失う」「—的な生き方


刹那


刹那

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/01 06:55 UTC 版)

刹那(せつな、サンスクリット: क्षण)は、時間の単位・概念。


  1. ^ 岩波仏教辞典 1989, p. 495.
  2. ^ 総合仏教大辞典編集委員会(編)『総合佛教大辞典』 下巻(第一版)、法蔵館、1988年1月、1135頁。 
  3. ^ 『はかりきれない世界の単位』株式会社創元社、2017年6月20日、30頁。 
  4. ^ 上杉 宣明「パーリ仏教にみられる有為相をめぐる論争について」『印度學佛教學研究』第31巻第1号、1982年、NAID 130004024560 


「刹那」の続きの解説一覧

刹那

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/08 04:42 UTC 版)

アンフェイト」の記事における「刹那」の解説

8月10日生まれO型ギター担当NHK教育番組天才てれびくんMAX」の元てれび戦士で元ジャニーズJr.吉野翔太

※この「刹那」の解説は、「アンフェイト」の解説の一部です。
「刹那」を含む「アンフェイト」の記事については、「アンフェイト」の概要を参照ください。


刹那

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 06:35 UTC 版)

オンゲキ」の記事における「刹那」の解説

オンゲキR.E.Dより登場。なお、「刹那」がユニット名かは定かではない皇城 セツナすめらぎ せつな) 声 - 八巻アンナ 高校3年生属性FIRE英才教育受けて育ったエリート女子苗字異なるが珠洲島有とは姉妹という間柄担当オリジナル楽曲は 「Don't Fight the Music」、「Falsum Atlantis.」、「GODLINESS」、「LAMIA」、「Apollo」。

※この「刹那」の解説は、「オンゲキ」の解説の一部です。
「刹那」を含む「オンゲキ」の記事については、「オンゲキ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「刹那」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

刹那

出典:『Wiktionary』 (2021/08/25 10:16 UTC 版)

名詞

(せつな)

  1. 仏教における時間最小単位
  2. 極めて短い時間瞬間
  3. (非標準接続助詞のように用いて直後に。
  4. (非標準接続詞のように用いて)その直後

関連語

語義1
語義2

翻訳

数詞

  1. 数詞塵劫記では、弾指十分の一10-18(100分の1)。

関連語


「刹那」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「刹那」の関連用語

刹那のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



刹那のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの刹那 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアンフェイト (改訂履歴)、オンゲキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの刹那 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS