泡沫とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 泡沫 > 泡沫の意味・解説 

うた‐かた【泡沫】

読み方:うたかた

《「うたがた」とも》

水面浮かぶ泡(あわ)。「―の如(ごと)く消える」

はかなく消えやすいもののたとえ。「―の恋」「―の夢」

[補説] 書名別項。→うたかた


ほう‐まつ〔ハウ‐〕【泡×沫】

読み方:ほうまつ

あわ。あぶく。「―消火剤

あわのようにはかないもの、問題にならないようなもののたとえ。「―会社」「―候補


泡沫

読み方:ウタカタutakata), ホウマツ(houmatsu)

水面にできるあわ


泡沫

作者藤井邦夫

収載図書帰り花秋山久蔵御用
出版社ベストセラーズ
刊行年月2004.12
シリーズ名ベスト時代文庫


(泡沫 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/07 01:59 UTC 版)

(あわ、あぶく、: foambubble)は、気体を分散相とし、液体(あるいは固体)を連続相とする性状の物体[1]。液体もしくは固体の中に空気などの気体を含んだものである。泡の典型例にシャボン玉ビールの泡がある[2]


  1. ^ a b 田村隆光「起泡と消泡の試験法」『油化学』第42巻第10号、日本油化学会、1993年、 737-745頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j 小山内州一「泡の化学」『オレオサイエンス』第1巻第8号、日本油化学会、2001年、 737-745頁。
  3. ^ a b c d e f g h 青木健二「泡の安定化と消泡機構に関する考察」『塗料の研究』第156号、関西ペイント、2014年、 27-35頁。
  4. ^ a b c 阿久津兼二「起泡剤(アルミニウム粉末を含む)」『コンクリートジャーナル』第8巻第3号、日本コンクリート工学会、1970年、 40-44頁。
  5. ^ 浅野康一 『物質移動の基礎と応用』丸善、2004年、137頁。ISBN 4-621-07356-7 
  6. ^ 【動画】アラスカの湖からメタンの泡の悪循環「今は北極の冷蔵庫が開きっぱなし」と研究者ナショナルジオグラフィック日本版サイト(2016年9月5日)2018年5月13日閲覧。
  7. ^ イエローストーン国立公園の「Mudpots」アメリカ合衆国内務省ナショナルパーク・サービス(2018年5月13日閲覧)。
  8. ^ 「マグマの複雑な泡の構造が火山の爆発的噴火を促すことを解明」東北大学(2017年12月4日)2018年5月13日閲覧。
  9. ^ a b c 「マイクロ・ナノバブル水-微細な泡で植物を活性化 農業現場に浸透」『日本農業新聞』2020年1月13日(18面)
  10. ^ 【サイエンスview】小さな泡の大きな力■国際規格「0.1ミリ未満」■鮮度保持や汚れ洗浄『読売新聞』朝刊2018年4月29日(くらしサイエンス面)。
  11. ^ 一般社団法人 日本マイクロ・ナノバブル学会(2020年2月4日閲覧)


「泡」の続きの解説一覧

泡沫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 06:42 UTC 版)

うたかた」の記事における「泡沫」の解説

泡のこと。→泡沫 日本のAV女優。→泡沫ゆうき

※この「泡沫」の解説は、「うたかた」の解説の一部です。
「泡沫」を含む「うたかた」の記事については、「うたかた」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「泡沫」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

泡沫

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 07:00 UTC 版)

名詞

ほうまつうたかた

  1. 泡。
  2. 儚いもの。
  3. ほうまつ異常好景気バブル
  4. ほうまつ影響力の非常に弱いもの。存在意義希薄なもの。
  5. ほうまつ泡沫候補泡沫政党の略。

発音(?)

ほ↗ーまつ
う↗たかた

関連語


「泡沫」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



泡沫と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「泡沫」の関連用語

泡沫のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



泡沫のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの泡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのうたかた (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの泡沫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS