遊廓とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 地域 > 遊廓の意味・解説 

ゆう‐かく〔イウクワク〕【遊郭/遊×廓】


遊廓

読み方:ユウカク(yuukaku)

遊女屋営業している公許一定区。

別名 遊里傾城町悪所


遊廓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 14:12 UTC 版)

遊廓(ゆうかく)は、公許遊女屋(女郎屋)を集め、周囲をなどで囲った区画のこと。遊郭とも[1][2]


  1. ^ 岩波書店広辞苑(第五版)』1998年。
  2. ^ 精選版 日本国語大辞典『遊郭・遊廓』 - コトバンク
  3. ^ 遊郭『大百科事典. 第25巻』 平凡社, 1939年
  4. ^ 『娯楽業者の群 : 社会研究』権田保之助著 実業之日本社、1923年
  5. ^ 嶽本 新奈、「からゆき」という歴史事象創出の背景--「性的自立性」の多様性、p375-p376
  6. ^ 唐権『海を越えた艶ごと一日中文化交流秘史』新説社、2005、p121
  7. ^ 古賀十二郎『新訂丸山遊女と唐紅毛人』長崎文献社、1968、p232
  8. ^ 鶴田倉造『天草島原の乱とその前後』熊本県上天草市、上天草市史編纂委員会編、2005、p235-240
  9. ^ 井上光貞『年表日本歴史 4 安土桃山・江戸前期』筑摩書房、1984、p106-107
  10. ^ 天草郡記録
  11. ^ 万治元戌年より延享三年迄の人高覚
  12. ^ 沼田次郎、荒瀬進共訳『ポンぺ日本滞在見聞記』雄松堂、一九六八年、p337, p344
  13. ^ 藤本、p.341-432.
  14. ^ 中北薬品(株)『中北薬品二百五十年史』(1977年11月) 渋沢社史データベース
  15. ^ a b 新篇辻の華 上原栄子 時事通信出版局、2010年
  16. ^ 『沖縄の歓楽郷 辻の今昔』来和雀 久志助善, 1934年
  17. ^ 尾類の歴史『沖縄女性史』伊波普猷、小沢書店、1919年
  18. ^ a b 永井 2008, pp. 11–37.
  19. ^ a b c 東京人の堕落時代 夢野久作 1925年


「遊廓」の続きの解説一覧

遊廓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/29 22:09 UTC 版)

江戸時代江戸吉原京島原大新町における官許遊女最高位にある者への呼び名。「松の位」とも呼ばれ、その名の一部にも用いられた(夕霧太夫吉野太夫高尾太夫など)。遊女をなぜ太夫と呼ぶのかについては諸説あるが、江戸時代初めのころ、能を演じた遊女能楽の太夫に倣って称した(または称された)のが起りともいわれる宝暦4年1754年)に廃止され江戸吉原では以後名称は花魁おいらん)に変わったが、京・島原、大坂新町では「太夫」の名称が残り嶋原では今も数名の太夫が存在する。 「太夫 (遊女)」も参照

※この「遊廓」の解説は、「大夫」の解説の一部です。» 「大夫」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「遊廓」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



遊廓と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

遊廓のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



遊廓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの遊廓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの大夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS