新町とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地図 > 地名 > 新町の意味・解説 

しんまち【新町】

大阪市西区新町通り付近の称。寛永年間(1624〜1644)に公許遊郭つくられ繁栄し江戸吉原、京の島原並び称せられた。

新町の画像
遊郭があった付近の碑

新町

読み方:アラマチ(aramachi)

所在 青森県弘前市


新町

読み方:アラマチ(aramachi)

所在 富山県富山市


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町

読み方:シンチョウ(shinchou)

所在 青森県三沢市


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町

読み方:シンチョウ(shinchou)

所在 岩手県上閉伊郡大槌町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町

読み方:シンチョウ(shinchou)

所在 秋田県湯沢市


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町

読み方:シンチョウ(shinchou)

所在 福島県大沼郡会津美里町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町

読み方:シンチョウ(shinchou)

所在 千葉県銚子市


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町

読み方:シンチョウ(shinchou)

所在 東京都八王子市


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町

読み方:シンチョウ(shinchou)

所在 神奈川県秦野市


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町

読み方:シンチョウ(shinchou)

所在 福井県越前市


新町

読み方:シンチョウ(shinchou)

所在 静岡県沼津市


新町

読み方:アラマチ(aramachi)

所在 青森県西津軽郡鰺ケ沢町


新町

読み方:シンチョウ(shinchou)

所在 三重県四日市市


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町

読み方:アラマチ(aramachi)

所在 岩手県宮古市


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町

読み方:アラマチ(aramachi)

所在 宮城県気仙沼市


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町

読み方:アラマチ(aramachi)

所在 山形県新庄市


新町


新町

読み方:シンマチshinmachi

所在 秋田県大館市


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町

読み方:アラマチ(aramachi)

所在 山形県最上郡真室川町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町

読み方:アラマチ(aramachi)

所在 福島県耶麻郡猪苗代町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町

読み方:アラマチ(aramachi)

所在 新潟県長岡市


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町

読み方:アラマチ(aramachi)

所在 新潟県糸魚川市


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町


新町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

新町


新町

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒093-0046  北海道網走市新町
〒073-0033  北海道滝川市新町
〒061-1445  北海道恵庭市新町
〒061-3373  北海道石狩市新町
〒043-1113  北海道檜山郡厚沢部町新町
〒078-0346  北海道上川郡比布町新町
〒078-1762  北海道上川郡上川町新町
〒071-0554  北海道空知郡上富良野町新町
〒071-0754  北海道空知郡中富良野町新町
〒092-0015  北海道網走郡美幌町新町
〒092-0232  北海道網走郡津別町新町
〒099-4407  北海道斜里郡清里町新町
〒099-5543  北海道紋別郡滝上町新町
〒059-1623  北海道勇払郡厚真町新町
〒055-2305  北海道沙流郡日高町新町
〒081-0201  北海道河東郡鹿追町新町
〒030-0801  青森県青森市新町
〒089-0611  北海道中川郡幕別町新町
〒089-3324  北海道中川郡本別町新町
〒089-3722  北海道足寄郡足寄町新町
〒089-5615  北海道十勝郡浦幌町新町
〒036-8364  青森県弘前市新町
〒037-0045  青森県五所川原市新町
〒033-0062  青森県三沢市新町
〒035-0051  青森県むつ市新町
〒038-2742  青森県西津軽郡鰺ヶ沢町新町
〒039-1548  青森県三戸郡五戸町新町
〒027-0086  岩手県宮古市新町
〒028-0524  岩手県遠野市新町
〒021-0001  岩手県一関市新町
〒026-0043  岩手県釜石市新町
〒028-1111  岩手県上閉伊郡大槌町新町
〒988-0071  宮城県気仙沼市新町
〒981-2112  宮城県伊具郡丸森町新町
〒989-2351  宮城県亘理郡亘理町新町
〒987-0115  宮城県遠田郡涌谷町新町
〒017-0844  秋田県大館市新町
〒012-0853  秋田県湯沢市新町
〒012-1102  秋田県雄勝郡羽後町新町
〒999-6837  山形県酒田市新町
〒996-0078  山形県新庄市新町
〒999-3158  山形県上山市新町
〒993-0052  山形県長井市新町
〒999-4224  山形県尾花沢市新町
〒999-5312  山形県最上郡真室川町新町
〒960-8036  福島県福島市新町
〒962-0055  福島県須賀川市新町
〒960-0441  福島県伊達市新町
〒969-1628  福島県伊達郡桑折町新町
〒969-0402  福島県岩瀬郡鏡石町新町
〒969-3122  福島県耶麻郡猪苗代町新町
〒969-6115  福島県大沼郡会津美里町新町
〒969-0202  福島県西白河郡矢吹町新町
〒963-7851  福島県石川郡石川町新町
〒963-7754  福島県田村郡三春町新町
〒301-0813  茨城県龍ケ崎市新町
〒302-0024  茨城県取手市新町
〒320-0831  栃木県宇都宮市新町
〒325-0071  栃木県那須塩原市新町
〒370-1301  群馬県高崎市新町
〒378-0013  群馬県沼田市新町
〒357-0004  埼玉県飯能市新町
〒340-0807  埼玉県八潮市新町
〒350-2227  埼玉県鶴ヶ島市新町
〒260-0028  千葉県千葉市中央区新町
〒288-0825  千葉県銚子市新町
〒286-0031  千葉県成田市新町
〒285-0023  千葉県佐倉市新町
〒289-2501  千葉県旭市新町
〒299-5103  千葉県夷隅郡御宿町新町
〒154-0014  東京都世田谷区新町
〒192-0065  東京都八王子市新町
〒198-0024  東京都青梅市新町
〒183-0052  東京都府中市新町
〒191-0002  東京都日野市新町
〒185-0004  東京都国分寺市新町
〒202-0023  東京都西東京市新町
〒221-0043  神奈川県横浜市神奈川区新町
〒254-0076  神奈川県平塚市新町
〒257-0056  神奈川県秦野市新町
〒956-0862  新潟県新潟市秋葉区新町
〒940-0023  新潟県長岡市新町
〒959-1354  新潟県加茂市新町
〒954-0057  新潟県見附市新町
〒958-0834  新潟県村上市新町
〒959-1255  新潟県燕市新町
〒941-0022  新潟県糸魚川市新町
〒943-0822  新潟県上越市新町
〒930-1321  富山県富山市新町
〒938-0056  富山県黒部市新町
〒930-0324  富山県中新川郡上市町新町
〒923-0912  石川県小松市新町
〒912-0027  福井県大野市新町
〒916-0035  福井県鯖江市新町
〒915-0883  福井県越前市新町
〒403-0019  山梨県富士吉田市新町
〒380-0853  長野県長野市新町
〒386-1434  長野県上田市新町
〒382-0014  長野県須坂市新町
〒384-0034  長野県小諸市新町
〒503-0872  岐阜県大垣市新町
〒507-0831  岐阜県多治見市新町
〒501-3847  岐阜県関市新町
〒508-0038  岐阜県中津川市新町
〒501-3737  岐阜県美濃市新町
〒501-6074  岐阜県羽島郡笠松町新町
〒410-0895  静岡県沼津市新町
〒471-0044  愛知県豊田市新町
〒485-0013  愛知県小牧市新町
〒514-0042  三重県津市新町
〒510-0092  三重県四日市市新町
〒515-0075  三重県松阪市新町
〒511-0048  三重県桑名市新町
〒518-0727  三重県名張市新町
〒522-0085  滋賀県彦根市新町
〒523-0871  滋賀県近江八幡市新町
〒612-8081  京都府京都市伏見区新町
〒623-0023  京都府綾部市新町
〒621-0865  京都府亀岡市新町
〒550-0013  大阪府大阪市西区新町
〒590-0079  大阪府堺市堺区新町
〒563-0050  大阪府池田市新町
〒597-0002  大阪府貝塚市新町
〒573-1191  大阪府枚方市新町
〒598-0051  大阪府泉佐野市新町
〒574-0037  大阪府大東市新町
〒579-8037  大阪府東大阪市新町
〒599-0205  大阪府阪南市新町
〒679-0204  兵庫県加東市新町
〒639-1054  奈良県大和郡山市新町
〒637-0043  奈良県五條市新町
〒639-2127  奈良県葛城市新町
〒636-0312  奈良県磯城郡田原本町新町
〒647-0019  和歌山県新宮市新町
〒680-0035  鳥取県鳥取市新町
〒682-0861  鳥取県倉吉市新町
〒690-0057  島根県松江市新町
〒697-0037  島根県浜田市新町
〒716-0012  岡山県高梁市新町
〒739-0611  広島県大竹市新町
〒736-0068  広島県安芸郡海田町新町
〒755-0044  山口県宇部市新町
〒745-0017  山口県周南市新町
〒763-0045  香川県丸亀市新町
〒769-0225  香川県綾歌郡宇多津町新町
〒798-0035  愛媛県宇和島市新町
〒796-0071  愛媛県八幡浜市新町
〒799-1331  愛媛県西条市新町
〒785-0003  高知県須崎市新町
〒781-2105  高知県吾川郡いの町新町
〒837-0923  福岡県大牟田市新町
〒822-0015  福岡県直方市新町
〒825-0016  福岡県田川市新町
〒832-0032  福岡県柳川市新町
〒838-0816  福岡県朝倉郡筑前町新町
〒847-0813  佐賀県唐津市新町
〒855-0803  長崎県島原市新町
〒859-5115  長崎県平戸市新町
〒866-0854  熊本県八代市新町
〒860-0004  熊本県熊本市中央区新町
〒868-0052  熊本県人吉市新町
〒861-0514  熊本県山鹿市新町
〒869-0444  熊本県宇土市新町
〒870-0028  大分県大分市新町
〒879-2451  大分県津久見市新町
〒879-0628  大分県豊後高田市新町
〒882-0827  宮崎県延岡市新町
〒881-0006  宮崎県西都市新町
〒892-0832  鹿児島県鹿児島市新町
〒898-0007  鹿児島県枕崎市新町
〒899-1613  鹿児島県阿久根市新町

新町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/18 00:22 UTC 版)

新町(しんまち・あらまち・しんちょう)は、日本各地にある地名




「新町」の続きの解説一覧

新町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 13:57 UTC 版)

該当する字は新町・落合西町より足助川にかかる中橋越えると足助川右岸の新町に入る。愛知県道366号小渡明川足助線沿いに商店並んでおり、「マンリン(書店をはじめ代々大津屋甚右衛門が営む「風外」(現在は和菓子屋)、雑貨屋飲食店クリーニング店仏壇店などの個人商店建ち並ぶほか、曹洞宗普光寺がある。マンリン書店脇にある宗恩寺参道は「マンリン小路」と呼ばれ両側から迫るような土蔵と石垣に挟まれ下見の様子が特徴的な景観をなしている。

※この「新町」の解説は、「足助町 (豊田市)」の解説の一部です。» 「足助町 (豊田市)」の概要を見る


新町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 06:06 UTC 版)

詳細は「新町遊廓を参照 新町遊廓大阪最古の花街で、江戸時代には大阪唯一の幕府公認の花街であった地名の由来は、大阪中の花街集めて一つ新しい町にしたことから江戸吉原京都嶋原と並ぶ三大遊廓一つだったが、娼妓より芸妓の数が上回っていた。嶋原から移った夕霧太夫主人公歌舞伎廓文章』はこの花街が舞台である。 『廓文章』の舞台のひとつである揚屋(現在でいう、料理屋料亭)の「吉田屋」は大阪大空襲による焼失まで嶋原の「角屋と共に現存していた。『浪花踊』が上演され新町演舞場はのちに大阪屋本社ビルとなったが、同社移転により解体された。「砂場そば」の発祥の地でもある

※この「新町」の解説は、「大阪の花街」の解説の一部です。» 「大阪の花街」の概要を見る


新町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 07:51 UTC 版)

創建: 1820年文政3年)頃 鉾留(ほこどめ): 法螺貝 本座: 橋弁慶牛若丸 硯塀(見送り): 龍弁慶の像の目に水晶使用されている1875年明治8年)に車輪を、直径3尺5寸(約1m)の内車から4尺7寸(約1.4m)の外車(輻車)へ変更している。

※この「新町」の解説は、「福野夜高祭」の解説の一部です。» 「福野夜高祭」の概要を見る


新町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 07:51 UTC 版)

創建: 1820年文政3年)頃 鉾留(ほこどめ): 法螺貝 本座: 橋弁慶牛若丸 硯塀(見送り): 龍弁慶の像の目に水晶使用されている1875年明治8年)に車輪を、直径3尺5寸(約1m)の内車から4尺7寸(約1.4m)の外車(輻車)へ変更している。

※この「新町」の解説は、「福野夜高祭」の解説の一部です。» 「福野夜高祭」の概要を見る


新町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 06:51 UTC 版)

入川南岸本橋から下流(下新町)及び新橋筋(藺町)の東を南北に通町筋上新町)である。南北町筋松平忠雅時代焼けたため縁起担いで福徳町改称される。町の東側遊郭建ち並び昭和時代遊郭廃止後も歓楽街として賑わった。町名1965年昭和40年)に廃止され現在は昭和町船町住吉町南町一部

※この「新町」の解説は、「福山 (城下町)」の解説の一部です。» 「福山 (城下町)」の概要を見る


新町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 13:57 UTC 版)

該当する字は新町・落合西町より足助川にかかる中橋越えると足助川右岸の新町に入る。愛知県道366号小渡明川足助線沿いに商店並んでおり、「マンリン(書店をはじめ代々大津屋甚右衛門が営む「風外」(現在は和菓子屋)、雑貨屋飲食店クリーニング店仏壇店などの個人商店建ち並ぶほか、曹洞宗普光寺がある。マンリン書店脇にある宗恩寺参道は「マンリン小路」と呼ばれ両側から迫るような土蔵と石垣に挟まれ下見の様子が特徴的な景観をなしている。

※この「新町」の解説は、「足助町 (豊田市)」の解説の一部です。» 「足助町 (豊田市)」の概要を見る


新町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 08:47 UTC 版)

詳細は「新町 (千葉市)」および「京成千葉駅#駅周辺を参照 新町には京成千葉線京成千葉駅があり、当駅から徒歩10分。 新町(国道14号より南側千葉新町郵便局 セントラルフィットネスクラブ 千葉 千葉セントグレースヴィラ

※この「新町」の解説は、「千葉中央駅」の解説の一部です。» 「千葉中央駅」の概要を見る


新町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 13:57 UTC 版)

該当する字は新町・落合西町より足助川にかかる中橋越えると足助川右岸の新町に入る。愛知県道366号小渡明川足助線沿いに商店並んでおり、「マンリン(書店をはじめ代々大津屋甚右衛門が営む「風外」(現在は和菓子屋)、雑貨屋飲食店クリーニング店仏壇店などの個人商店建ち並ぶほか、曹洞宗普光寺がある。マンリン書店脇にある宗恩寺参道は「マンリン小路」と呼ばれ両側から迫るような土蔵と石垣に挟まれ下見の様子が特徴的な景観をなしている。

※この「新町」の解説は、「足助町 (豊田市)」の解説の一部です。» 「足助町 (豊田市)」の概要を見る


新町(しんまち)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/19 13:23 UTC 版)

1965年昭和40年)に分立し町字

※この「新町(しんまち)」の解説は、「新津 (新潟市)」の解説の一部です。» 「新津 (新潟市)」の概要を見る


新町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 09:16 UTC 版)

高さ: 4.5m 間口:1.8m 長さ:4.5m 創設: 不明濃尾地震にて焼失その後明治38年1905年)に再建 奉芸: 子供の手踊り

※この「新町」の解説は、「竹鼻祭り」の解説の一部です。» 「竹鼻祭り」の概要を見る


新町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 09:16 UTC 版)

高さ: 4.5m 間口:1.8m 長さ:4.5m 創設: 不明濃尾地震にて焼失その後明治38年1905年)に再建 奉芸: 子供の手踊り

※この「新町」の解説は、「竹鼻祭り」の解説の一部です。» 「竹鼻祭り」の概要を見る


新町(しんまち)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 15:19 UTC 版)

起源 - 1800年代現在の剣鉾は、1930年昭和5年)に完成し1925年大正14年)より製作に取掛かったもので、高さ約8m2輪大八車外車様式の輻車(やぐるまスポーク式〕)様式御所車風の台車立てられ、鉾には「太神宮」の旗が吊るされており悪魔邪気を払うものである。かつて人が担いでいた剣鉾は、明治末期2輪車輪取り付けたが、西下町より曳山古く使用しなくなった車輪譲り受けたものである2017年平成29年6月には城端蒔絵16代目塗師を含む若手職人3人により修復開始し2018年平成30年3月完了予定である。

※この「新町(しんまち)」の解説は、「城端曳山祭」の解説の一部です。» 「城端曳山祭」の概要を見る


新町(しんまち)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 13:14 UTC 版)

福島町浜町間にある町域東西細長く南北は狭い。かつて福島町の東(現在のみなと公園)で海水合流していた西汐入川埋め立てた場所。

※この「新町(しんまち)」の解説は、「丸亀市」の解説の一部です。» 「丸亀市」の概要を見る


新町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 05:34 UTC 版)

高倉・下新田中新田上新田区画整理により、2004年平成16年11月20日設定された町名1649年慶安2年)の検地帳にある古い名である。

※この「新町」の解説は、「鶴ヶ島市」の解説の一部です。» 「鶴ヶ島市」の概要を見る


新町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 18:14 UTC 版)

現在の本町2丁目あたりであり、1619年三木城明石移築するために参勤交代し、民衆や行列の「かかし道」として道路出来た所である。由来豊臣秀吉によって、1580年城下集落策をとって、城地縮小し城下町広げたことから名付けられた。

※この「新町」の解説は、「本町 (三木市)」の解説の一部です。» 「本町 (三木市)」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「新町」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



新町と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



新町のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2022 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの新町 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの足助町 (豊田市) (改訂履歴)、大阪の花街 (改訂履歴)、福野夜高祭 (改訂履歴)、福野夜高祭 (改訂履歴)、福山 (城下町) (改訂履歴)、足助町 (豊田市) (改訂履歴)、千葉中央駅 (改訂履歴)、足助町 (豊田市) (改訂履歴)、新津 (新潟市) (改訂履歴)、竹鼻祭り (改訂履歴)、竹鼻祭り (改訂履歴)、城端曳山祭 (改訂履歴)、丸亀市 (改訂履歴)、鶴ヶ島市 (改訂履歴)、本町 (三木市) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS