沼津市とは? わかりやすく解説

ぬまづ‐し【沼津市】

読み方:ぬまづし

沼津


沼津市

読み方:ヌマズシ(numazushi)

所在 静岡県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

沼津市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/13 18:31 UTC 版)

沼津市(ぬまづし)は、静岡県の東部にある伊豆半島の付け根西側に位置する。施行時特例市の1つ。





沼津市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 15:22 UTC 版)

東海バス修善寺営業所」の記事における「沼津市」の解説

戸田線(虹の郷戸田線) 系統番号運行系統備考C30 修善寺駅 - 修善寺温泉 - 戸田 自主運行バス路線C31 戸田修善寺温泉修善寺駅伊豆総合高校入口 自主運行バス路線休校日修善寺駅止(C30)にて運行C32 修善寺駅 - 修善寺温泉 - 修善寺虹の郷 - 戸田 自主運行バス路線

※この「沼津市」の解説は、「東海バス修善寺営業所」の解説の一部です。
「沼津市」を含む「東海バス修善寺営業所」の記事については、「東海バス修善寺営業所」の概要を参照ください。


沼津市(本町通り(アーケード名店街))

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/28 14:04 UTC 版)

耐火建築促進法」の記事における「沼津市(本町通りアーケード名店街))」の解説

防火建築帯指定昭和28年5月14日告示819))を受けて本町通沿道事業実施建築家には今泉善一起用された。今泉は、戦前大蔵省営繕管財局入省しつつ活動家として収監されるなどの経歴をもち、1957年日本不燃建築研究所設立し各地防火帯建築設計をしている。本町通はもともと計画幅員20mであったが、1階部分セットバックさせ幅員3.75m(両側で7.5m)の歩道状空地とし、これに車道12.5mを合わせて道路上空地として20mを確保することとしている。防火建築帯造成に合わせて美観地区0.7haが指定され、この区間本町通街路計画幅員12.5mに縮小している。セットバックした1階部分は、沼津市が普通財産として取得し公共歩廊として整備し管理している。この上2階以上は建築物となっている。これら、連続的な歩道空間を伴うまちなみ店舗併用住宅共同建築実施などと合わせ美観地区としている。なお、平成17年景観法施行に伴い美観地区廃止され景観地区移行している(ただし、市条例では「美観地区」としている。)。本町通りは、2階以上に建築物あることから「有階アーケード」ともいわれ、また、商店街は「アーケード街」「アーケード名店街」という名称を用いている。

※この「沼津市(本町通り(アーケード名店街))」の解説は、「耐火建築促進法」の解説の一部です。
「沼津市(本町通り(アーケード名店街))」を含む「耐火建築促進法」の記事については、「耐火建築促進法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「沼津市」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「沼津市」の例文・使い方・用例・文例

  • 沼津市という市
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

沼津市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



沼津市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの沼津市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの東海バス修善寺営業所 (改訂履歴)、耐火建築促進法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS