三國連太郎とは?

みくに‐れんたろう〔‐レンタラウ〕【三国連太郎】


三國連太郎

以下の映画三國連太郎関連しています。
 
 
 
 
松竹映配
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


三国連太郎

以下の映画三国連太郎関連しています。


三國連太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/26 02:33 UTC 版)

三國 連太郎(みくに れんたろう、1923年大正12年)1月20日 - 2013年平成25年)4月14日[1])は、日本俳優、映画監督。本名は佐藤 政雄(さとう まさお)。息子は俳優の佐藤浩市群馬県太田市生まれ[2]。身長178cm、体重70kg[3]




注釈

  1. ^ 関連著書に『白い道 法然・親鸞とその時代』(毎日新聞社ほか)、『三國連太郎「親鸞」』(法蔵館、1987年)、『親鸞に至る道』(光文社知恵の森文庫で再刊、2010年)がある。

出典

  1. ^ “三国連太郎さん死去「船が出てしまう」”. nikkansports.com. オリジナルの2013年4月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130417233402/http://iw2.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130415-1112786.html 2014年6月8日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 三國連太郎”. KINENOTE. 2014年8月7日閲覧。
  3. ^ 三國連太郎 - Yahoo!検索(人物)”. Yahoo!Japan. 2012年7月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年6月8日閲覧。
  4. ^ “さよならスーさん…三國連太郎さん死去(3/3ページ)”. SANSPO.COM. (2013年4月16日). オリジナルの2013年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130519004459/http://www.sanspo.com/geino/news/20130416/oth13041605060012-n3.html 2014年6月8日閲覧。 
  5. ^ “三國連太郎 よく殴る父親から逃げるため「家出を繰り返した」”. NEWSポストセブン. (2010年11月25日). オリジナルの2012年7月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120701114642/http://www.news-postseven.com/archives/20101125_5986.html 2014年6月8日閲覧。 
  6. ^ 私の母語り 1996, p. 218
  7. ^ 三國連太郎 2006, pp. 167-168
  8. ^ 三國連太郎、沖浦和光『三國連太郎・沖浦和光対談』上 浮世の虚と実、解放出版社、1997年、12-15頁。ISBN 475925207X
  9. ^ 私の母語り 1996, pp. 212-213
  10. ^ a b c “追悼・三國連太郎さん:徴兵忌避の信念を貫いた(特集ワイド「この人と」1999年8月掲載)”. 毎日.jp. (2013年4月15日). オリジナルの2013年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130501140206/http://mainichi.jp/select/news/20130415mog00m040003000c.html 2014年6月8日閲覧。 
  11. ^ 梯久美子 2009, p. 120
  12. ^ a b c 芸能人インタビュー 三國 連太郎 折れない芯があれば揺らぐことはない。”. はいから (2008年2月26日). 2011年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月8日閲覧。
  13. ^ a b c d 孫には銃をかつぐことのない人生を 三國 連太郎氏(俳優)”. あやめ池学園南 九条の会 - 奈良から憲法九条を守ろう (2012年12月1日). 2013年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月8日閲覧。
  14. ^ 梯久美子 2009, p. 125
  15. ^ a b 緒形直人、40歳で挑戦した高校生役は「ほとんどバカ」”. ORICON STYLE. (2007年12月4日). オリジナルの2011年4月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110416055550/http://contents.oricon.co.jp/news/confidence/50178/full 2014年6月8日閲覧。 
  16. ^ CINEMA 80 『北辰斜にさすところ』完成披露試写会 舞台挨拶”. TOKYO FM. 2008年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月8日閲覧。
  17. ^ 梯久美子 2009, pp. 130-134
  18. ^ a b c 特集:特別企画 ―― 21世紀の農業を考える”. 農業協同組合新聞 (2002年1月25日). 2014年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月18日閲覧。
  19. ^ 週刊ポスト』2008年10月31日号、小学館[要ページ番号]
  20. ^ a b NHK『こころの遺伝子 〜あなたがいたから〜』2010年3月29日放送分。『三國連太郎の「あなたがいたから」』(主婦と生活社、2011年2月)で書籍化。
  21. ^ 「93年秋の叙勲 都内から589人受賞 喜びの3氏に聞く」『読売新聞』1993年11月3日朝刊
  22. ^ “三國連太郎“療養型病院”に入院!一時“寝たきり”も回復”. zakzak. (2012年9月6日). オリジナルの2013年4月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130420055558/http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20120906/enn1209061125005-n1.htm 2014年6月8日閲覧。 
  23. ^ “三國さんと佐藤浩市、「役者」でつながった父子”. SANSPO.COM. (2013年4月15日). オリジナルの2013年4月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130418021433/http://www.sanspo.com/geino/news/20130415/oth13041518060027-n1.html 2014年6月8日閲覧。 
  24. ^ 春日太一『なぜ時代劇は滅びるのか』新潮社新潮新書〉、2014年、112頁。ISBN 978-4106105869
  25. ^ 『日本映画の若き日々』(稲垣浩、毎日新聞社刊)[要文献特定詳細情報]
  26. ^ アサヒカメラ』1957年9月号、朝日新聞社、 50, 52頁。
  27. ^ 竹中労『鞍馬天狗のおじさんは 聞書アラカン一代』白川書院、1976年、[要ページ番号]
  28. ^ 日下部五朗『健さんと文太 映画プロデューサーの仕事論』光文社、2015年、65, 183頁。ISBN 978-4-334-03897-7
  29. ^ 「三国連太郎 続・おんな対談『いま語る激しく燃えたあなたとの3ヶ月』」『アサヒ芸能』、徳間書店、1973年11月1日、 [要ページ番号]
  30. ^ 『年刊人物情報事典』第2巻、p.1157[要文献特定詳細情報]
  31. ^ 猪俣勝人田山力哉『日本映画俳優全史 男優編』社会思想社現代教養文庫〉、1977年、[要ページ番号]
  32. ^ 瀬川昌治『乾杯!ごきげん映画人生』清流出版、2007年、214頁。ISBN 978-4860291877
  33. ^ 関川夏央『女優男優』双葉社、2003年、129頁。ISBN 457529523X
  34. ^ 文藝春秋』第85巻第3号、文藝春秋、2007年、 337頁。
  35. ^ 梯久美子 2009, p. 146
  36. ^ 三國連太郎『わが煩悩の火はもえて 親鸞へいたる道』光文社カッパ・ブックス〉、1984年、87-92頁。ISBN 4334004148
  37. ^ 三國連太郎 2006, pp. 173-176
  38. ^ 梯久美子 2009, p. 134
  39. ^ a b “「釣りバカ日誌」西田、三國が万感の思いを語る…20作目で終了を松竹が公式に発表!”. シネマトゥデイ. (2009年4月8日). オリジナルの2009年7月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090730193043/http://www.cinematoday.jp/page/N0017614 2014年6月8日閲覧。 
  40. ^ “三国心筋梗塞危機「釣りバカ」に救われた”. asahi.com. (2009年6月5日). オリジナルの2009年6月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090608063300/http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK200906050017.html 2014年6月8日閲覧。 
  41. ^ 国際共同制作ドラマ 冬の旅 ベルリン物語 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  42. ^ ノンフィクションW『幻の映画「岸のない河」監督・三國連太郎の再生』WOWOW 2009年10月12日放送


「三國連太郎」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三國連太郎」の関連用語

三國連太郎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



三國連太郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三國連太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS