東郷青児とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 美術家 > 画家 > 日本の画家 > 東郷青児の意味・解説 

とうごう‐せいじ〔トウガウ‐〕【東郷青児】

[1897〜1978洋画家鹿児島生まれ本名春。未来派風の「パラソルさせる女」を第3二科展初出品し、二科賞を受賞。のち、二科会中心的存在となり、会長務める。甘美色調装飾性をもつ女性像を多く描いた。


東郷青児

以下の映画東郷青児関連しています。


東郷青児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/16 17:59 UTC 版)

東郷 青児(とうごう せいじ、1897年明治30年)4月28日 - 1978年昭和53年)4月25日)は、日本の洋画家。本名は東郷 鉄春。夢見るような甘い女性像が人気を博し、本や雑誌、包装紙などに多数使われ、昭和の美人画家として戦後一世を風靡した。派手なパフォーマンスで二科展の宣伝に尽力し、「二科会のドン」と呼ばれた[1]




  1. ^ テレビ東京「美の巨人たち」2004年4月10日放送
  2. ^ 鹿児島市(1970) p.1067
  3. ^ 野崎泉編『東郷青児 蒼の詩 永遠の乙女たち』p42、また、「喙(くちばし)が青い」という意味も込められているという
  4. ^ a b c d e f g h i 野崎泉編 『東郷青児 蒼の詩 永遠の乙女たち』 年譜
  5. ^ 東郷青児と広告デザイン展損保ジャパン東郷青児美術館、2005
  6. ^ 三宅正太郎『パリ留学時代―美術家の青春遍歴』(雪華社 1966年)p58
  7. ^ 澤地久枝『完本 昭和史のおんな』文藝春秋
  8. ^ a b 坂崎重盛. “東郷青児 パステルカラーの女人像を描いた極彩色の人生”. 芸術新聞. 2021年1月2日閲覧。
  9. ^ 荒井 真理亜, 「宇野千代「色ざんげ」論 : 語りスタイルの意味」『國文學』 92巻 2008年 p.235-249, 関西大学国文学会, hdl:10112/1201
  10. ^ 「東郷たまみ略歴」ギャラリー夏目
  11. ^ どんちょう飾る裸婦『朝日新聞』昭和26年7月12日3面
  12. ^ 「父・東郷青児の性愛日記を公開(手記=東郷たまみ)」PENTHOUSE 1983.12号


「東郷青児」の続きの解説一覧



東郷青児と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「東郷青児」の関連用語

東郷青児のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東郷青児のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2021 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東郷青児 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS