荻野アンナとは?

おぎの‐あんな〔をぎの‐〕【荻野アンナ】

[1956〜 ]小説家神奈川生まれ本名安奈。父はフランス系アメリカ人、母は画家江見絹子小学生のとき日本帰化。「背負い水」で芥川賞受賞エッセーでも知られる。他に「ホラ吹きアンリの冒険」など。


荻野アンナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/11 18:08 UTC 版)

荻野 アンナ(おぎの あんな、本名:荻野 安奈、 1956年昭和31年)11月7日 - )は、日本フランス文学者小説家慶應義塾大学文学部教授




  1. ^ a b c 荻野アンナ プロフィール”. 首相官邸. 2020年12月12日閲覧。
  2. ^ 『私の父、私の母PartII』中央公論社、1996年(平成8年)、59頁


「荻野アンナ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「荻野アンナ」の関連用語

荻野アンナのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



荻野アンナのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの荻野アンナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS