安藤サクラとは?

安藤 サクラ

他のタレント一覧
東京都出身のタレント  伊藤星  泉はる  松尾薫  安藤サクラ  ホラン千秋  恒松祐里

安藤サクラ

以下の映画安藤サクラ関連しています。


安藤サクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/14 02:57 UTC 版)

安藤 サクラ(あんどう サクラ、1986年2月18日 - )は、日本女優。旧姓:安藤 さくら(読み同じ)。結婚後の本名:柄本 さくら(えもと さくら)。




  1. ^ a b c “柄本佑&安藤サクラ、2世婚!大型芸能一家誕生”. サンケイスポーツ. (2012年3月17日). オリジナルの2012年9月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120902071240/http://www.sanspo.com/geino/news/20120317/mar12031705060001-n1.html 2012年5月14日閲覧。 
  2. ^ 2度目の「ブルーリボン」 安藤サクラの“特異性”に絶賛の声 日刊ゲンダイ日刊ゲンダイ、2015年2月28日参照
  3. ^ 奥田, 瑛二 (2007年12月3日). 『風の外側』奥田瑛二監督 単独インタビュー. インタビュアー:平野敦子. シネマトゥデイ.. https://www.cinematoday.jp/interview/A0001586 2018年6月8日閲覧。 
  4. ^ スポーツ報知web 2007年8月13日 Archived 2008年1月17日, at the Wayback Machine.
  5. ^ “イギリスで園監督の『愛のむきだし』一般公開決定!安藤サクラの妖艶演技を姉モモ子「父の奥田瑛二譲り」”. シネマトゥデイ. (2009年10月14日). https://www.cinematoday.jp/news/N0020160 2018年6月15日閲覧。 
  6. ^ 読売新聞 2013年1月11日、2013年1月11日参照。
  7. ^ ““肉体を使って表現する”ことへの憧れ 安藤サクラ インタビュー”. ぴあ関西版WEB. (2015年1月10日). http://kansai.pia.co.jp/interview/cinema/2015-01/100yen-koi.html 2018年6月15日閲覧。 
  8. ^ キネマ旬報社 お知らせ 創刊95周年記念『オールタイム・ベスト 映画遺産 日本映画男優・女優100』発売&ランキング発表! 2014年12月11日
  9. ^ 安藤サクラ、連ドラ初ヒロイン!クドカン脚本に「ワクワクです」スポニチアネックス、2016年3月9日参照
  10. ^ a b c “「まんぷく」安藤サクラ、朝ドラ初ママさんヒロイン”. 日刊スポーツ. (2018年1月31日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201801310000363.html 2018年2月1日閲覧。 
  11. ^ 梅田恵子 (2018年2月6日). “子育てと朝ドラ、安藤サクラを支える「働き方改革」 - B面★梅ちゃんねる”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/column/umeda-b/news/201802060000813.html 2018年6月8日閲覧。 
  12. ^ “NHK:大阪放送局にキッズスペース “ママさんヒロイン”安藤サクラの撮入と共に”. 毎日新聞. (2018年5月1日). https://mainichi.jp/articles/20180501/dyo/00m/200/026000c 2018年6月8日閲覧。 
  13. ^ a b “『万引き家族』安藤サクラの演技に、ケイト・ブランシェットが興奮”. マイナビニュース. (2018年5月24日). https://news.mynavi.jp/article/20180524-635270/ 2018年6月15日閲覧。 
  14. ^ 毎日映画コンクールで「万引き家族」が大賞ほか3冠、柄本佑と安藤サクラが主演賞”. 映画ナタリー (2019年1月23日). 2019年1月23日閲覧。
  15. ^ “2018年 第92回キネマ旬報ベスト・テン”. KINENOTE. (2019年2月4日). http://www.kinenote.com/main/kinejun_best10/ 2019年2月4日閲覧。 
  16. ^ Japanese actors who can actually act”. CNN Travel. CNN (2010年3月25日). 2016年6月27日閲覧。
  17. ^ a b 安藤サクラ『トルソ』インタヴュー”. 2018年6月15日閲覧。
  18. ^ 安藤サクラ、ボクサーの役作りで驚異の肉体改造!” (2014年12月25日). 2018年6月15日閲覧。
  19. ^ 安藤サクラ、ボクサーの役作りで驚異の肉体改造!” (2014年12月19日). 2018年6月15日閲覧。
  20. ^ “安藤サクラの起用理由は?プロデューサーが明かす〈まんぷく〉”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年1月31日). https://mdpr.jp/news/detail/1743888 2018年6月8日閲覧。 
  21. ^ “超お嬢様の金持ちエピソード連発 フット後藤もあ然「ハンパじゃない」”. スポニチアネックス. (2016年6月23日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/23/kiji/K20160623012831550.html 2018年6月15日閲覧。 
  22. ^ “柄本佑と安藤サクラが結婚発表 2世俳優同士がゴールイン”. ORICON NEWS (oricon ME). (2012年3月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2008553/full/ 2018年6月8日閲覧。 
  23. ^ 小松芙未 (2012年3月16日). “柄本佑と安藤サクラが結婚!交際3年!芸能一家同士のビッグカップル!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0040375 2018年6月8日閲覧。 
  24. ^ インタビュー 安藤サクラ” (2015年7月31日). 2018年6月15日閲覧。
  25. ^ “奥田瑛二監督『今日子と修一の場合』”. ラジオ deハピネス. http://ra-ha.jp/archive13/1013okuda.html 2018年6月15日閲覧。 
  26. ^ 安藤サクラが第1子を妊娠 夫は柄本佑デイリースポーツ、2017年3月7日参照
  27. ^ 柄本佑、第1子誕生を報告 性別は「内緒」早くもデレデレスポニチアネックス、2017年6月27日参照
  28. ^ 2009年7/8から8/31までyahoo動画にて公開、2009年10月COREDO乃木坂(TALK&Live)にて上映,第35回湯布院映画祭、山形国際ムービーフェスティバル2009、お蔵出し映画祭2011にて上映
  29. ^ “安藤サクラ出演「島々清しゃ」、沖縄舞台に音楽を通じて変化する少女描く”. 映画ナタリー. (2016年10月6日). http://natalie.mu/eiga/news/204356 2016年10月7日閲覧。 
  30. ^ 岡田准一、名匠タッグのもとで小栗旬と初共演!『追憶』”. シネマカフェ (2016年3月18日). 2016年4月30日閲覧。
  31. ^ “妻夫木聡“奥田民生になりたいボーイ”に!大根仁が渋谷直角のマンガ実写化”. 映画ナタリー. (2016年5月20日). http://natalie.mu/eiga/news/187820 2016年5月20日閲覧。 
  32. ^ “安藤サクラ:18年後期の朝ドラ「まんぷく」のヒロインに”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年1月31日). https://mantan-web.jp/article/20180131dog00m200009000c.html 2018年1月31日閲覧。 
  33. ^ 安藤サクラ、連ドラ初ヒロインに! 宮藤官九郎脚本「ゆとりですがなにか」”. シネマカフェ (2016年3月9日). 2016年3月9日閲覧。
  34. ^ “松田洋子「ママゴト」実写ドラマ化、スナックのママ・映子役は安藤サクラ”. コミックナタリー. (2016年7月1日). http://natalie.mu/comic/news/192883 2016年7月1日閲覧。 
  35. ^ 木俣冬(インタビュー・文)、米光京子(構成・文)「ドラマ「カルテット」がくれる愉楽 佐野Pインタビュー&撮影現場レポート」『テレビブロス関西版』平成29年3月11日号、東京ニュース通信社、2017年、 13頁。
  36. ^ “安藤サクラ「まんぷく」後初のNHKドラマ出演 8月に終戦関連ドラマ”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年5月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/10/kiji/20190510s00041000263000c.html 2019年5月11日閲覧。 
  37. ^ 河瀬直美×安藤サクラ×サカナクション、ショートフィルム「SEED」公開”. 映画ナタリー (2016年2月17日). 2016年2月18日閲覧。
  38. ^ “高畑充希、飛躍の一年を回顧「台風の目にいるような感じ」”. ORICON STYLE. (2016年11月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2081875/full/ 2016年11月24日閲覧。 
  39. ^ “第10回TAMA映画賞、最優秀作品賞は是枝裕和『万引き家族』と濱口竜介『寝ても覚めても』に”. Real Sound. (2018年10月4日). https://realsound.jp/movie/2018/10/post-259173.html 2018年12月3日閲覧。 
  40. ^ “山路ふみ子映画賞で「寝ても覚めても」が2冠、唐田えりかは新人女優賞に”. 映画 ナタリー. (2018年10月23日). https://natalie.mu/eiga/news/304837 2018年12月3日閲覧。 
  41. ^ “ヨコハマ映画祭で「寝ても覚めても」が6冠、新人賞に唐田えりか、吉沢亮、木竜麻生”. 映画 ナタリー. (2018年12月1日). https://natalie.mu/eiga/news/310407 2018年12月3日閲覧。 
  42. ^ 『万引き家族』に作品賞!日刊スポーツ映画大賞発表”. シネマトゥデイ (2018年12月4日). 2019年2月4日閲覧。
  43. ^ 毎日映画コンクールで「万引き家族」が大賞ほか3冠、柄本佑と安藤サクラが主演賞”. 映画ナタリー (2019年1月23日). 2019年2月4日閲覧。
  44. ^ たけしが選ぶ東スポ映画大賞で「万引き家族」4冠!新人賞はしゅはまはるみ”. ナターシャ (2019年1月30日). 2019年2月4日閲覧。
  45. ^ 2018年 第92回キネマ旬報ベスト・テン”. キネマ旬報者 (2019年2月4日). 2019年2月4日閲覧。
  46. ^ 第42回日本アカデミー賞 最優秀賞決定!” (2019年3月1日). 2019年3月1日閲覧。
  47. ^ フロリダ映画批評家協会賞2018 『万引き家族』、安藤サクラ、『未来のミライ』が受賞!” (2018年12月25日). 2019年2月4日閲覧。
  48. ^ ニューメキシコ映画批評家協会賞2018 受賞結果! 安藤サクラが助演女優賞受賞!” (2018年12月13日). 2019年2月4日閲覧。
  49. ^ ボストン映画批評家協会賞2018 『万引き家族』がアンサンブル賞、外国語映画賞、作品賞次点など受賞!” (2018年12月17日). 2019年2月4日閲覧。


「安藤サクラ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「安藤サクラ」の関連用語

安藤サクラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



安藤サクラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの安藤サクラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS