池脇千鶴とは?

池脇 千鶴

池脇千鶴の画像 池脇千鶴の画像
芸名池脇 千鶴
芸名フリガナいけわき ちづる
性別女性
生年月日1981/11/21
星座さそり座
干支酉年
血液型O
出身大阪府
身長155 cm
URLhttp://chizuru.ikewaki.jp/
デビュー年1997
靴のサイズ22.5 cm
プロフィール大阪府出身女優CM三井のリハウス』にてデビュー後、映画、ドラマCMなど多方面活躍する。主な出演作は、映画『ジョゼと虎と魚たち』『ストロベリーショートケイクス』『必死剣 鳥刺し』『パーマネント野ばら』『スイートリトルライズ』、NHK刑事の現場』、テレビ朝日ゴンゾウ』ほか多数。「第25おおさか映画祭 最優秀新人賞」「第23回日本アカデミー賞 新人俳優賞」など数多くの賞を受賞する実力派女優である。
デビュー作CM三井のリハウス
代表作品1年2003
代表作品1映画『ジョゼと虎と魚たち
代表作品2年2006
代表作品2映画『ストロベリーショートケイクス主演
代表作品3年2012
代表作品3映画『は☆さ☆み hasami』主演
職種タレント俳優女優

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
大阪府出身のタレント  結花子  高山都  山本ひかる  池脇千鶴  阿部純子  中村ゆり

池脇千鶴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/25 10:23 UTC 版)

池脇 千鶴(いけわき ちづる、1981年11月21日 - )は、日本女優である。愛称はちぃちゃん大阪府出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(旧・エス・エス・エム)所属。




  1. ^ 『アジア・フィルム・アワード』池脇千鶴が最優秀助演女優賞に”. ORICON (2015年3月26日). 2015年3月26日閲覧。
  2. ^ 池脇千鶴 (1997年4月21日). 池脇千鶴. (インタビュー). ASAYAN.. http://www.asayan.com/cm/ikewaki/0413.html 2013年10月26日閲覧。 
  3. ^ 69th(2014年)”. 毎日映画コンクール. 毎日新聞社. 2015年1月21日閲覧。
  4. ^ “「そこのみにて光輝く」が第24回日本映画批評家大賞4冠”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2015年4月21日). http://eiga.com/news/20150421/2/ 2018年2月15日閲覧。 
  5. ^ “日本アカデミー賞優秀賞決定!”. 日本アカデミー賞公式サイト. (2015年1月14日). http://www.japan-academy-prize.jp/prizes/38.html 2015年1月16日閲覧。 
  6. ^ “アジア版アカデミー賞AFA 池脇千鶴&中谷美紀が部門賞受賞”. ORICON NEWS (oricon ME). (2015年3月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2050625/full/ 2018年2月15日閲覧。 
  7. ^ “内田有紀 NHK連ドラ初主演!40歳「おばさんって楽」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年11月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/21/kiji/K20151121011547240.html 2015年11月21日閲覧。 
  8. ^ 内田有紀、NHKドラマ初主演 池脇千鶴に追いつめられる!?”. ORICON STYLE (2015年11月24日). 2015年11月25日閲覧。
  9. ^ “柄本明、宮崎県を舞台に“もう一度、ハネムーン”をドラマ化”. ORICON STYLE. (2016年4月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2070810/full/ 2016年4月27日閲覧。 
  10. ^ “池脇千鶴、14年ぶり民放連ドラレギュラー 長瀬智也と初共演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年5月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2090937/full/ 2017年5月19日閲覧。 
  11. ^ “再撮影のドラマ「Jimmy」玉山鉄二が新たな明石家さんま役に”. お笑いナタリー. (2017年11月24日). https://natalie.mu/owarai/news/258067 2017年11月24日閲覧。 
  12. ^ “池脇千鶴、映画で初の看護師役!『神様のカルテ』でナース姿を披露!櫻井翔とのコミカルな掛け合いも!!”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2011年7月29日). https://www.cinematoday.jp/news/N0034156 2018年2月14日閲覧。 
  13. ^ “櫻井翔&宮崎あおいの号泣映画『神様のカルテ』続編が製作決定!新キャストに藤原竜也”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2012年12月13日). https://www.cinematoday.jp/news/N0048642 2018年2月14日閲覧。 
  14. ^ “綾野剛、一途な愛を貫く男に!『そこのみにて光輝く』映画化で主演!”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2013年6月30日). https://www.cinematoday.jp/news/N0054240 2018年2月14日閲覧。 
  15. ^ “能年玲奈、“ヲタ女子”ヒロインに!人気漫画「海月姫」が映画化!”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2014年4月17日). https://www.cinematoday.jp/news/N0062266 2018年2月14日閲覧。 
  16. ^ “高良健吾×尾野真千子の映画『きみはいい子』、追加キャストに池脇千鶴ら8人”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2014年12月16日). https://www.cinra.net/news/20141216-kimihaiiko 2018年2月14日閲覧。 
  17. ^ 渡辺謙主演映画「怒り」に妻夫木聡ら主役級ズラリ”. 日刊スポーツ (2015年8月20日). 2015年8月20日閲覧。
  18. ^ “是枝裕和の新作に池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴ら タイトルは『万引き家族』”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2018年2月14日). https://www.cinra.net/news/20180214-manbikikazoku 2018年2月14日閲覧。 
  19. ^ “新人・金井浩人と池脇千鶴がW主演「きらきら眼鏡」製作決定、安藤政信も出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年8月9日). http://natalie.mu/eiga/news/244109 2017年8月9日閲覧。 
  20. ^ “是枝裕和総合監修「十年」に杉咲花、太賀、川口覚、池脇千鶴、國村隼!”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年5月4日). http://eiga.com/news/20180504/1/ 2018年5月4日閲覧。 
  21. ^ 稲垣吾郎が阪本順治の新作「半世界」で主演、共演に長谷川博己、池脇千鶴、渋川清彦(コメントあり)”. 映画ナタリー (2018年2月13日). 2018年2月13日閲覧。


「池脇千鶴」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「池脇千鶴」の関連用語

池脇千鶴のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



池脇千鶴のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの池脇千鶴 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS