猫の恩返しとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 猫の恩返しの意味・解説 

猫の恩返し

作者本岡類

収載図書9人の仕事人―ブラック・ミステリー集
出版社実業之日本社
刊行年月1993.12


猫の恩返し

作者今邑彩

収載図書鋏の記憶
出版社角川書店
刊行年月1996.2

収載図書鋏の記憶
出版社角川書店
刊行年月2001.6
シリーズ名角川ホラー文庫


猫の恩返し

作者浅野

収載図書石のロバ浅野作品集
出版社新風舎
刊行年月2007.12


猫の恩返し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/28 22:49 UTC 版)

猫の恩返し』(ねこのおんがえし)は、スタジオジブリ制作のアニメーション映画。監督は森田宏幸。2002年に『ギブリーズ episode2』と同時上映で公開。




注釈

  1. ^ 2002年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  2. ^ バロン 猫の男爵 - スタジオジブリ
  3. ^ 2002年度興行成績ランキング” (日本語). 楽天 (2013年6月11日). 2013年7月13日閲覧。
  4. ^ 110万冊無料配布。“ゲドを読む。”の狙いを読む 宮崎吾朗監督作品「ゲド戦記」DVDのユニークなプロモーション、日経ビジネスオンライン、2007年5月21日。
  5. ^ ギブリーズ episode2』の追放送に伴う措置
  6. ^ 24時間テレビ「愛は地球を救う」』の出演者による特設コーナー敷設に伴う措置
  7. ^ 1日の放送で2作放送するのは長い金曜ロードショーの歴史の中でも極めて稀であり、2011年7月15日に『海がきこえる』と『ゲド戦記』の2作が同日に放送されて以来、5年4ヶ月ぶりのことである。
  8. ^ 路線および駅の開業は2004年2月1日なので、原作発表時および映画公開時にはみなとみらい線 元町・中華街駅まだ存在していない。
  1. ^ 監督曰く「若々しい感じを出したかった」とのこと。もっとも、制作時点で既に露口は芸能活動を休業している状態だった。
  2. ^ 原作漫画では自宅の表札に「晴」と漢字で表記されている。ただし、漢字表記は表札だけであり、表札以外は原作でも全てカタカナ表記である。
  3. ^ ひろみいわく、一年で美人とのこと。
  4. ^ 原作では猫になった際に、猫の国のメイドに「そこだけ長いと変」と髪をショートカットに切られてしまう。
  5. ^ 杖と体術で2匹の兵士を倒したり、猫王との一騎討ちで勝つなど。
  6. ^ 劇中でハルはそれを「すごく美味しい」と評しており、その際には「君はツイてる」と返している。
  7. ^ だが、それが仇となってマタタビゼリーに入って身動きが取れなくなった。
  8. ^ ムタ曰く「鳥目野郎」「靴墨野郎」。
  9. ^ 原作では、車道の真ん中でぼーっと佇んでいて、事故にあいそうになっていた。「後日お礼を」と言ったのに、助けてくれた人物(ハル)の名前を聞き損ねていた(ユキに怒られる)。その上原作ラストで、「あらためて恩返しに伺いました」とハルの家に訪ねていき、ハルをずっこけさせた。
  10. ^ この設定は原作には無い。なお、ルーンが人間界で買ってきたのは烏賊で出来たコップ。
  11. ^ 原作漫画・映画ともに夫が居ない理由は明かされていない。


「猫の恩返し」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「猫の恩返し」の関連用語

猫の恩返しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



猫の恩返しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの猫の恩返し (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS