古典落語とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 文化財選集 > 古典落語の意味・解説 

古典(こてん)落語(らくご)

名称
古典落語
<こてんらくご>

区分
重要無形文化財

保持
中川 清
<なかがわ きよし>
芸名 桂 米朝
<かつら べいちょう>
兵庫県

解説
古典落語は江戸時代から江戸上方庶民親しまれてきた笑い伝統芸能である。はじめは短い小話中心であったが、寄席芸能として定着するにつれてだんだんと長くなり、幕末から明治にかけてほぼ今のような形になったといわれている。あっさりとした味わい江戸落語、派手で賑やかな上方落語と、土地柄反映してそれぞれに特徴があるが、笑いの中で独自の世界作り上げる芸には、高度な芸術的表現力要する


古典落語

名称: 古典落語
ふりがな こてんらくご
芸能工芸区分 芸能
種別 演芸
認定区分 各個認定
指定年月日 1995.05.31(平成7.05.31)
解除年月日
指定要件
備考
解説文:  古典落語は、中世御伽衆おとぎしゆう】や仏教説教【せつきよう】などの系譜位置づけられる話芸【わげい】であるが、その実質的歴史は、京の露【つゆ】の五郎兵衛ごろべえ】、大阪初代米沢彦八よねざわひこはち】、江戸鹿野武左衛門しかのぶざえもん】ら十七世紀末三都活躍した職業噺家はなしか】達に始まり十八世紀の上方・江戸双方での寄席【よせ】創設経て東西影響しつつも独自の発展遂げ幕末から明治にかけてほぼ現在のような形に大成したといわれる
 鹿野武左衛門に始まる江戸落語は、十八世紀後半烏亭焉馬うていえんば】の会咄を経て初代三笑亭可楽さんしようていからく】により寄席芸能として確立した。その後天保の改革により大きな打撃を受けるが、幕末には再び復興明治期三遊亭円朝さんゆうていえんちよう】・三代目柳家小【やなぎやこ】さんらにより大成された。江戸っ子気質反映して、派手な演出を排し、手拭い扇子のみでさまざまな表現を行う「素噺【すばなし】」の淡泊な味わい特徴とする。
 一方上方落語は、十七世紀末京北野天満宮等での露【つゆ】の五郎兵衛ごろべえ】、大阪生玉いくたま】社の初代米沢彦八よねざわひこはち】の辻咄【つじばなし】に始まり十八世紀初代桂文治【ぶんじ】により寄席芸能として確立し、幕末から明治にかけて初代笑福亭吾竹【しようふくていごちく】・二代目桂文枝【ぶんし】・月亭文都つきていぶんと】ら多く名人により大成をみた。江戸落語比べ全体として派手で賑やかな演目多く下座【げざ】の囃子【はやし】を噺【はなし】の中に取り込む「ハメモノ」の演出や、見台けんだい】を賑やかに叩いて演じる「入【い】れ込【こ】み噺【ばなし】」など、大阪弁味わいとともに独自の特徴有する
 このように東西それぞれに特徴有する古典落語は、磨かれた話術一人噺家さまざまな人物を描きわけ独自の笑い世界構築するもので、高度な芸術的表現力要するものであり、またわが国代表的芸能一つとして芸能史上大きな価値有するのである

古典落語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/04 22:19 UTC 版)

古典落語(こてんらくご)とは、落語の演目のうち、一般に江戸時代から明治時代大正時代にかけて作られたものを指すことが多い[1]。それよりも新しい時代に作られた演目は、「新作落語」と呼んで区別される。なお、「創作落語」は関西の落語家たちによる造語である。


[ヘルプ]

注釈

  1. ^ これは、「磨かれた話術で一人の噺家がさまざまな人物を描きわけ独自の笑いの世界を構築する」古典落語の第一人者が「高度な芸術的表現力」を有し、「わが国の代表的芸能の一つとして、芸能史上大きな価値を有する」ことを評価しての認定であった。文化庁「文化財データベース」

出典



「古典落語」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「古典落語」の関連用語

古典落語のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



古典落語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright © 2019 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの古典落語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS