野ざらしとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 野ざらしの意味・解説 

野ざらし

作者石川淳

収載図書石川淳選集
出版社岩波書店
刊行年月1988.2

収載図書石川淳全集 第3巻
出版社筑摩書房
刊行年月1989.7

収載図書石川淳選集 第3巻 小説 3
出版社岩波書店
刊行年月1993.8


野ざらし

作者沢田ふじ子

収載図書花暦―花にかかわる12短篇
出版社中央公論社
刊行年月1988.4

収載図書花暦
出版社広済堂出版
刊行年月1997.9
シリーズ名広済堂文庫


野ざらし

作者新宮正春

収載図書代表作時代小説 38(平成4年度)
出版社光風出版
刊行年月1992.5

収載図書芭蕉庵捕物帳
出版社ベネッセコーポレーション
刊行年月1996.5
シリーズ名福武文庫


野ざらし

作者都筑道夫

収載図書きまぐれ砂絵なめくじ長屋捕物さわぎ
出版社光文社
刊行年月1996.4
シリーズ名光文社時代小説文庫


野ざらし

作者豊島与志雄

収載図書編年体大正文学全集12大正十二
出版社ゆまに書房
刊行年月2002.10


野ざらし

作者澤田ふじ子

収載図書花暦―花にかかわる十二短篇
出版社徳間書店
刊行年月2007.1
シリーズ名徳間文庫


野ざらし

作者沢田五郎

収載図書その土の上で沢田五郎作品集
出版社皓星社
刊行年月2008.3


野ざらし

読み方:ノザラシ(nozarashi)

初演 慶応1.1(江戸市村座)


野ざらし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/21 00:21 UTC 版)

野ざらし(のざらし)は、古典落語の演目のひとつ。野晒しとも表記する。




  1. ^ a b 但馬オサム「うしおそうじ&ピープロダクション年表」、『別冊映画秘宝 特撮秘宝』vol.3、洋泉社2016年3月13日、 pp.102-109、 ISBN 978-4-8003-0865-8


「野ざらし」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「野ざらし」の関連用語

野ざらしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



野ざらしのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの野ざらし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS