柳家小三治とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 柳家小三治の意味・解説 

柳家小三治

柳家小三治の俳句

冷奴柱時計の音ばかり
狐火のやうに嫁いでゆきにけり
 

柳家小三治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/27 15:51 UTC 版)

柳家 小三治(やなぎや こさんじ)は落語家名跡である。当代は10代目。




注釈

  1. ^ 7代目(自称5代目)立川談志が前名時代に小三治という名を欲しがっていたというエピソードはよく知られるが、談志は襲名せずに後輩の当代(10代目)が襲名した。
  2. ^ 歴代小三治の全員が小さんになったわけではなく、廃業し落語協会事務員に転じた者もいるため、「実は小さんにも五厘(寄席の事務員)にもなる名前」とのギャグを当代小三治が使っている。
  3. ^ 6代小三治(内田留次郎)は19141915年(大正3年、大正4年)に3代目柳家小さん門下で柳家小志んを名乗り1917年(大正6年)2月に柳家小きんを経て、翌年3月に演芸会社で先代が蝶花楼馬楽を襲名したために小三治となった。将来を期待されたが、酒に溺れて1919年頃までの寄席の出番表などに名が見えるが若くして早逝した。
  4. ^ 8代目小三治(高橋栄次郎)は東京日本橋住吉町の生まれ、母は日本橋で有名な女髪結いであった。高等小学校卒業後横浜に奉公に出た。自宅の近所に4代目橘家圓喬が住んでいたので、よく子供の頃から可愛がられたという。最初3代目柳家小さんの門で柳家小ゑん1929年3月に真打昇進で小三治を襲名、柳家小三治が同時に2人存在する状態になる(7代目小三治が師匠・初代柳家三語楼と共に東京落語協会を脱会したのに対し4代目小さん一門が小三治側に名跡の返還を迫ったが、これに応じなかったため、4代目小さん一門側は新たな小三治(高橋)を誕生させた)。結局、7代目小三治が小三治を返上し、無関係ながら空き名跡だった林家正蔵(7代目)を襲名。2人小三治の異常事態は解消した。8代目小三治は出世も期待されたが折しも戦争が激化、終戦の混乱と持病の蓄膿症などもあり、師の4代目小さんの勧めで落語家を完全廃業し落語協会事務員となる。1977年(昭和52年)5月、事務員からも引退した。
  5. ^ 高校の一年後輩に仲本工事橋爪功がいる。
  6. ^ 連日長蛇の列が出来、立見で入れないほどの大入りであった。
  7. ^ 15回合格はこの番組の最高記録。その当時はニキビ顔だったため、「年頃亭ニキ助」の高座名を名乗る。
  8. ^ エッセイ風の落語・随談。『玉子かけ御飯』や『ニューヨーク一人旅』など。
  9. ^ まくらだけ集めた本やCDも発売されている。
  10. ^ 圓窓とは芸の上での好敵手であり、私生活では良き友人でもある。扇橋とは好敵手であるとともに、同門(5代小さん門下)の大親友である。扇橋とは東京やなぎ句会でも行動を共にする。小三治は扇橋との思い出話を高座で語ることも多く、扇橋は小三治への絶賛だけで高座を降りてくることも多数ある。この際の扇橋の演目名は『小三治をよろしく』。扇橋との仲の良さは映画『小三治』でも映し出されている。
  11. ^ 圓生がこの時真打昇進を極端に絞ったことが「滞貨」を大量に発生させ、真打昇進を巡る対立から落語協会分裂騒動につながった。
  12. ^ この「17人抜き」は「滞貨」の人数を表している。小三治の前任会長・5代目鈴々舎馬風も「滞貨」の一人であり、入門は馬風のほうが3年早かったが、真打昇進で順番を逆転された。
  13. ^ 当席は初席のみ三部構成となっており、1991年から2013年まで小三治は最後(第三部)の主任を務めた。先輩の3代目古今亭志ん朝は第二部の主任を務めていた。2014年、第三部の主任は小三治の弟子柳家三三に禅譲された。
  14. ^ 高座に置かれる湯呑み茶碗には、白湯ではなく漢方薬が入っている。
  15. ^ 小三治に紹介したのは林家木久扇[7]
  16. ^ 小三治は若手の時6代目三遊亭圓生に似ていると言われた。実際、小三治はもともと圓生への弟子入りを考えていた。しかし、門下の弟子たちがあまりにも圓生に似すぎており、ここに入ることは圓生のクローンとなるだけではないかと考え、弟子入りを辞めた。圓生の孫弟子・三遊亭鳳楽5代目圓楽の弟子だが、6代目圓生の下で内弟子修行をした)は、『落語ファン倶楽部 Vol.7』において、他門派でよく稽古に通ってきていたのは小三治と3代目志ん朝で、最も多かったのは小三治であったと述べている。小三治自身も素人時代に圓生が好きで真似ており、師匠・小さんの影響を受けるまでは圓生の弟子と間違えられたとマクラの中で語っている。
  17. ^ 5代目馬風が漫談のネタにしている。
  18. ^ エースデュースエンタテインメントよりDVD発売。
  19. ^ ハピネット・ピクチャーズよりDVD発売。
  20. ^ VHSビデオテープあり。
  21. ^ エスピーオーよりDVD発売。
  22. ^ 各地の映画館を廻り上映された。
  23. ^ ここでの高座が『落語研究会 柳家小三治全集』(ソニーミュージックエンタテインメント/小学館 MHBL-35-45)としてDVD化されている(ボックスセットのみの発売)。
  24. ^ 若手大喜利は正規の大喜利とは別の企画で、不定期に開催された。
  25. ^ コーナー司会(小三治)が「横丁の月番」という設定。アシスタントを務めていたのが真打になる前の春風亭小朝で、「横丁の若様」と自称していた。小朝のキャッチフレーズの発祥である。
  26. ^ 1994年、番組700回記念大会にもOBチームメンバーとして佐藤陽子とペアで出演した。
  27. ^ この放送は『プロフェッショナル 仕事の流儀 第V期 噺家 柳家小三治の仕事』としてNHKエンタープライズよりDVD発売。
  28. ^ 小三治の二つ目昇進から妻との結婚、弟子とのトラブルまでの半生を題材としたもので、朝の連続ドラマとして放送された。ただし、小三治本人は出演していない。
  29. ^ 加山雄三宇崎竜童鳳蘭小沢昭一白石かずこ三上寛永六輔戸川昌子小島美子との対談集。
  30. ^ 末廣亭2005年6月下席の詳細な記録。小三治は『小沢昭一の小沢昭一的こころ』がどれほど自分の落語のマクラに好影響を与えたかを記している。
  31. ^ 夫人による著書。
  32. ^ 弟子柳家喜多八への小三治に関するインタビューを掲載。
  33. ^ 破門された元弟子の柳家小多けが著した暴露本

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 柳家 小三治|一般社団法人 落語協会”. 一般社団法人 落語協会. 2017年9月12日閲覧。
  2. ^ a b c 柳亭市馬 最年少52歳落語協会会長に 副会長に正蔵 スポーツニッポン 2014年6月26日閲覧
  3. ^ a b c d e f 略歴|柳家小三治オフィシャルホームページ”. 柳家小三治/オフィス532. 2017年9月12日閲覧。
  4. ^ 平成26年7月18日文化財保護審議会答申。同年10月23日文部科学省告示第157号による認定。
  5. ^ 新宿区名誉区民選定委員会:平成27年1月26日新宿区名誉区民選定委員会”. 新宿区 (平成27-01-26). 2019年5月2日閲覧。
  6. ^ 馬風のマネージャーが執筆しているブログから2010年6月16日の記事を参照のこと。
  7. ^ 林家木久蔵 『ぼくの人生落語だよ』 ポプラ社[要追加記述]
  8. ^ a b c d e f g h i 一門のご紹介|柳家小三治オフィシャルホームページ”. 柳家小三治/オフィス532. 2017年9月12日閲覧。
  9. ^ 佐藤友美, ed (平成26年8月28日). 見る目嗅ぐ鼻スペシャル. 東京かわら版 平成26年9月号. pp. 16-20. "人間国宝認定時の記者会見の文字起こし。" 


「柳家小三治」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「柳家小三治」の関連用語

柳家小三治のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



柳家小三治のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの柳家小三治 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS