篠弘とは?

篠弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/18 01:55 UTC 版)

篠 弘(しの ひろし、1933年3月23日 - )は、歌人、近代短歌研究者。短歌結社「まひる野」代表。日本現代詩歌文学館館長、日本文藝家協会理事長。




  1. ^ 「土岐善麿さんからもらったデュポンのライター」日本経済新聞2015年11月9日夕刊
  2. ^ 1896-1960。東京高等師範学校を経て京都帝国大学国文科卒。窪田空穂創刊の「国民文学」の主要同人。土岐善麿創刊の「生活と芸術」に寄稿。昭和6年に斎藤茂吉藤原定家の歌を巡る「花紅葉論争」で有名になる。その後1951年大東文化大学教授。
  3. ^ 谷鼎の略歴神奈川県秦野市立図書館
  4. ^ 窪田空穂の長男。
  5. ^ お礼にデュポンの漆塗りのライターをもらう。
  6. ^ CiNii 博士論文


「篠弘」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「篠弘」の関連用語

篠弘のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



篠弘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの篠弘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS