山路和弘とは?

山路 和弘

山路和弘の画像 山路和弘の画像
芸名山路 和弘
芸名フリガナやまじ かずひろ
性別男性
生年月日1954/6/4
星座ふたご座
干支午年
出身三重県
身長172 cm
体重60 kg
URLhttps://www.seinenza-eihou.com/profile-1/seienza-m/yamaji-k/
ブログURLhttps://ameblo.jp/gwanko/
靴のサイズ25.5 cm
プロフィール青年座研究所1期卒。俳優として、舞台テレビドラマ、映画、外画アテレコなどで活躍青年座公演のほか、主な出演作品に、舞台写楽考』『グリマー・アンド・シャイン』『ファンタスティックス』、NHK新宿鮫~毒~』、フジテレビ眠れる森』、映画『人間椅子』『ホワイトアウト』『突入せよ!あさま山荘事件』、アテレコアイ・アム・サム』『スパイダーマン』『スネークアイズ』『X-MEN2』など。
代表作品1映画『突撃あさま山荘
代表作品2フジテレビ氷の世界
代表作品3年2005
代表作品3舞台写楽考
職種タレント俳優女優/話す仕事
趣味・特技歌唱/ダンス/トランペット/乗馬

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
三重県出身のタレント  葛山信吾  鳥羽一郎  夏樹陽子  山路和弘  浅尾美和  牧野由依

山路和弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/14 07:28 UTC 版)

山路 和弘(やまじ かずひろ、1954年6月4日 - )は、日本俳優声優ナレーター劇団青年座演技部所属。




注釈

  1. ^ 『ドラゴンボールヒーローズ』、『スーパードラゴンボールヒーローズ

出典

  1. ^ 山路和弘”. 劇団青年座. 2016年7月22日閲覧。
  2. ^ 山路和弘:吹き替えの“名手”は「声にコンプレックス」”. まんたんウェブ (2016年4月17日). 2016年7月22日閲覧。
  3. ^ 第59回毎日芸術賞 受賞者決まる”. 毎日新聞社 (2018年1月26日). 2018年9月16日閲覧。
  4. ^ STAFFインタビュー”. 最終回放送記念CASTインタビュー. 2016年7月22日閲覧。
  5. ^ 映画秘宝 2016年7月号
  6. ^ 映画秘宝 2016年9月号
  7. ^ NHK大河ドラマ 『軍師官兵衛』 完全ガイドブック
  8. ^ a b c d e #5 声優:山路和弘”. 吹替王国. 2016年7月22日閲覧。
  9. ^ ザ・シネマ オリジナル番組『ふきカエ ゴールデン・エイジ』
  10. ^ ジェイソン・ステイサム”. 山路和弘ブログ 108. 2010年12月14日閲覧。
  11. ^ 名優・山路和弘が語るジェイソン・ステイサムの魅力”. ぴあ映画生活. 2014年8月8日閲覧。
  12. ^ ステイサムの声といえばこの人! 山路和弘さんにインタビュー”. コタク・ジャパン (2014年8月6日). 2016年7月22日閲覧。
  13. ^ trumpetクラブ”. 山路和弘ブログ 108 (2010年10月28日). 2016年7月22日閲覧。
  14. ^ コメント求む!”. 山路和弘ブログ 108. 2010年10月14日閲覧。
  15. ^ 爺宣言す”. 山路和弘ブログ 108. 2010年10月15日閲覧。
  16. ^ a b STAFFインタビュー”. 2011年1月19日閲覧。
  17. ^ プリキュア|山路和弘ブログ 108”. 2013年3月12日閲覧。
  18. ^ 映画秘宝 2016年9月号
  19. ^ 吹替王国#5声優:山路和弘 SPインタビュー”. 吹替王国 (2016年4月21日). 2016年7月22日閲覧。
  20. ^ a b 「『ONE PIECE FILM GOLD』公開記念!宮元宏彰監督&脚本担当黒岩勉さんのスペシャルインタビュー!」の巻”. ONE PIECE.com. 2016年7月22日閲覧。
  21. ^ これが人類最強の動き……! アニメ「進撃の巨人」Season 3のPV初公開 「PVでこれから1年は生きられる」”. ねとらぼエンタ (2018年4月28日). 2016年7月21日閲覧。
  22. ^ 週マガ読みきりの話”. 現在進行中の黒歴史 (2010年2月5日). 2018年7月21日閲覧。
  23. ^ “熊林弘高演出「かもめ」に、満島ひかり×田中圭×坂口健太郎×渡辺大知”. ステージナタリー. (2016年4月4日). http://natalie.mu/stage/news/181761 2016年4月5日閲覧。 
  24. ^ 幻想魔伝 最遊記”. メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。
  25. ^ 破壊魔定光”. メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。
  26. ^ LAST EXILE”. メディア芸術データベース. 2016年8月10日閲覧。
  27. ^ 金田一少年の事件簿SP”. メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。
  28. ^ PSYCHO-PASS 2”. メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。
  29. ^ ソードアート・オンライン Extra Edition”. メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。
  30. ^ ドキドキ!プリキュア”. メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。
  31. ^ 第13話までにご出演のゲストキャスト発表!”. 『スペース☆ダンディ』公式サイト. 2013年12月27日閲覧。
  32. ^ 新着情報”. テレビ東京・あにてれ 遊☆戯☆王ARC-V. 2014年2月21日閲覧。
  33. ^ セニョール・ピンク”. ONE PIECE.com. 2018年4月27日閲覧。
  34. ^ STAFF&CAST”. TVアニメ「ワンパンマン」公式サイト. 2019年3月29日閲覧。
  35. ^ STAFF&CAST”. TVアニメ「ワンパンマン」公式サイト. 2019年3月29日閲覧。
  36. ^ ヒット”. ドラゴンボール超公式サイト. 2016年7月22日閲覧。
  37. ^ CAST&STAFF”. 91Days. 2016年5月19日閲覧。
  38. ^ STAFF & CAST”. ブブキ・ブランキ 星の巨人|BUBUKI/BURANKI. 2016年8月10日閲覧。
  39. ^ STAFF&CAST”. TVアニメ「青の祓魔師 京都不浄王篇」公式サイト. 2016年10月3日閲覧。
  40. ^ CHARACTER”. TVアニメ「サクラクエスト」公式サイト. 2017年5月5日閲覧。
  41. ^ STAFF/CAST. 「GRANBLUE FANTASY The Animation」公式サイト. アニプレックス. 2017年3月25日閲覧。
  42. ^ 追加キャスト情報公開!”. TVアニメ「将国のアルタイル」公式サイト (2017年7月2日). 2017年7月3日閲覧。
  43. ^ STAFF・CAST”. TVアニメ「刻刻」公式. 2017年10月16日閲覧。
  44. ^ 『フルメタル・パニック!IV』新規キャスト情報公開!”. TVアニメ『フルメタル・パニック! Invisible Victory』公式サイト. 2017年12月17日閲覧。
  45. ^ スタッフ・キャスト”. TVアニメ「進撃の巨人」Season 3. 2018年4月27日閲覧。
  46. ^ キャラクター”. フューチャーカード 神バディファイト テレビ愛知. 2019年2月9日閲覧。
  47. ^ キャラクター”. 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦. 2002年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月10日閲覧。
  48. ^ 聖闘士星矢 天界編 序奏〜overture〜”. メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。
  49. ^ 1月9日公開の『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』より、最新場面カット&主要登場キャラクター解禁! 12月27日には、シリーズの主要スタッフによるニコ生トーク特番が放送決定!”. アニメイトTV. 2014年12月20日閲覧。
  50. ^ バケモノの子”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月12日閲覧。
  51. ^ 7/23公開「ONE PIECE FILM GOLD」ギルド・テゾーロ役は山路和弘さん、劇中曲は小島麻由美さんに決定!”. ONE PIECE.com (2016年4月4日). 2016年6月4日閲覧。
  52. ^ 『虐殺器官 劇場パンフレット』 東宝、2017年、34頁。
  53. ^ 「GODZILLA 怪獣惑星」追加キャストに小野大輔&三宅健太&堀内賢雄ら”. アニメ!アニメ! (2017年8月14日). 2017年8月14日閲覧。
  54. ^ CAST&STAFF”. 「BLAME!(ブラム)」公式サイト. 2017年2月23日閲覧。
  55. ^ キャラクター”. 映画『夜は短し歩けよ乙女』公式サイト. 2017年1月26日閲覧。
  56. ^ 作品概要”. 『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』公式サイト. 2018年10月16日閲覧。
  57. ^ 『「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章 純愛篇」劇場パンフレット』 バンダイビジュアル、2017年、20頁。
  58. ^ コール オブ デューティ ゴースト[吹き替え版 主要キャスト]”. コール オブ デューティ ゴースト オフィシャルサイト. 2013年12月6日閲覧。
  59. ^ 『真・女神転生IV』荒廃した東京で出会う3名の人間”. ファミ通.com. 2013年4月10日閲覧。
  60. ^ 『ウォッチドッグス』主人公役・森川智之さんの他にも出演声優が公開。初回特典アートブックの日本限定企画にはコザキユースケさんらが参加”. 電撃オンライン. 2014年4月21日閲覧。
  61. ^ 『龍が如く 維新!』キャラクター配役を大公開!”. 『龍が如く 維新!』公式サイト. 2013年9月9日閲覧。
  62. ^ CHARACTER”. ウィッチャー3 ワイルドハント. 2014年9月29日閲覧。
  63. ^ レジェンドガチャ更新・Wスターレジェンド10連ガチャ開催のお知らせ”. グランブルーファンタジー 公式サイト. 2016年7月16日閲覧。
  64. ^ EVENT”. ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン. バンダイナムコエンターテインメント. 2015年12月23日閲覧。
  65. ^ 『LEGO マーベル スーパー・ヒーローズ ザ・ゲーム』の豪華声優陣が発表 日本語吹き替えトレーラーも公開【動画あり】”. ファミ通.com. 2014年10月27日閲覧。
  66. ^ 『ウォッチドッグス2』マーカス(声優:内田夕夜)やドゥシャン(声優:藤原啓治)など吹き替え声優が判明”. 電撃オンライン. 2016年10月14日閲覧。
  67. ^ 『グラサマ』マルチバトルの詳細が公開。山路和弘さんと浅川悠さんが演じる仲間の情報も”. 電撃オンライン. アスキー・メディアワークス (2016年10月18日). 2016年10月18日閲覧。
  68. ^ 横山昌義のTwitter”. 2015年12月14日閲覧。
  69. ^ CAST”. 龍が如く6 命の詩。. セガ. 2016年7月28日閲覧。
  70. ^ 『バイオハザード7 レジデント イービル』実力派声優陣が日本語ボイスキャストを担当、“恐怖”と“楽しさ”を科学する最新CMも”. ファミ通.com. 2017年1月25日閲覧。
  71. ^ CAST”. 2017年9月21日閲覧。
  72. ^ CHARACTER”. 北斗が如く. セガ. 2018年3月22日閲覧。
  73. ^ CHARACTER”. フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ. KADOKAWA. 2018年2月27日閲覧。
  74. ^ 「FAIRY TAIL DiceMagic」の事前登録者数が12万人を突破。ゲームオリジナルキャラのCVには雨宮 天さん,杉田智和さん,山路和弘さんを起用”. 4Gamer.net. 2019年9月19日閲覧。
  75. ^ JUMP FORCE』キルア、クラピカ、幽助、戸愚呂(弟)参戦! 「ゴンさんへの変身はバトル中1度きり」ほか最新情報が公開【TGS2018】”. ファミ通.com (2018年9月20日). 2019年10月20日閲覧。
  76. ^ 美女と野獣”. ふきカエル大作戦!! (2014年12月25日). 2017年5月6日閲覧。
  77. ^ 五日物語-3つの王国と3人の女-”. 映画・海外ドラマのスターチャンネル[BS10]. 2018年12月1日閲覧。
  78. ^ スパイダーマン”. 日曜洋画劇場. 2016年7月22日閲覧。
  79. ^ トリプルX ネクスト・レベル”. 日曜洋画劇場. 2016年7月22日閲覧。
  80. ^ 「ターザン:REBORN」吹き替え版、桐谷健太の相手役に井上麻里奈!山路和弘、手塚秀彰らベテラン勢も参戦”. 映画.com. 2016年7月6日閲覧。
  81. ^ エアフォース・ワン”. 日曜洋画劇場. 2016年9月6日閲覧。
  82. ^ 『エクスペンダブルズ3』最強日本語吹替え声優陣が発表!”. ぴあ映画生活. 2015年2月21日閲覧。
  83. ^ “最新作『ワイルド・スピードICE BREAK』に小野大輔さん、田中敦子さん、高木渉さん、福山潤さんらが参戦! 日本語吹替版の豪華声優陣からコメントが到着”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年4月11日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1491878427 2017年4月11日閲覧。 
  84. ^ “MEG ザ・モンスター”. ふきカエル大作戦!!. (2018年12月26日). https://www.fukikaeru.com/?p=10825 2019年1月2日閲覧。 
  85. ^ ウルヴァリン: X-MEN ZERO”. 金曜ロードSHOW!. 2016年9月6日閲覧。
  86. ^ “人気子役・鈴木梨央、ウルヴァリン最終章で吹き替え挑戦!スペイン語セリフ披露”. シネマトゥデイ. (2017年3月30日). http://www.cinematoday.jp/page/N0090627 2017年3月30日閲覧。 
  87. ^ “デッドプール2”. ふきカエル大作戦!!. (2018年6月1日). https://www.fukikaeru.com/?p=9346 2018年6月1日閲覧。 
  88. ^ 森川智之、沢城みゆき、中村悠一、鈴木達央ら人気声優『ザ・マミー』吹き替え版に集結!”. シネマトゥデイ. 2017年6月23日閲覧。
  89. ^ 映画『カンフー・ヨガ』公式”. 2017年11月8日閲覧。
  90. ^ ルフィ×ゾロ×峰不二子「キング・オブ・エジプト」に超豪華声優陣が集結!”. 映画.com. 2016年6月23日閲覧。
  91. ^ 恋におちたシェイクスピア”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月27日閲覧。
  92. ^ 三銃士 登場人物 NHK公式サイト 2016.10.16 07:25 (UTC) 閲覧
  93. ^ スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月30日閲覧。
  94. ^ スノーホワイト”. ふきカエル大作戦!! (2012年6月13日). 2017年9月10日閲覧。
  95. ^ タイタンの戦い”. 日曜洋画劇場. 2016年7月22日閲覧。
  96. ^ 特攻野郎Aチーム THE MOVIE”. 日曜洋画劇場. 2016年7月24日閲覧。
  97. ^ ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月16日閲覧。
  98. ^ バイオハザード”. 日曜洋画劇場. 2016年7月21日閲覧。
  99. ^ “「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」日本語版の本編クリップ公開 巨人役は山路和弘”. エキサイトニュース. (2016年9月3日). http://www.excite.co.jp/News/anime_hobby/20160903/Animeanime_30319.html 2016年9月5日閲覧。 
  100. ^ PLANET OF THE APES/猿の惑星”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月27日閲覧。
  101. ^ “『ホビット 決戦のゆくえ』レジェンド級の声優集う!! 「こんな吹替版は二度と作れない」”. http://dramanavi.net/news/2014/11/post-3255.php 2014年11月18日閲覧。 
  102. ^ “話題のふきカエ アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”. ふきカエル大作戦!!. (2018年6月19日). https://www.fukikaeru.com/?p=9503 2018年6月19日閲覧。 
  103. ^ 登場人物”. NHK. 2017年2月16日閲覧。
  104. ^ 刑事フォイル 〔登場人物〕”. NHK. 2015年7月8日閲覧。
  105. ^ HAWAII FIVE-0 - ダニー・ウィリアムズ”. AXN. 2014年7月31日閲覧。
  106. ^ 虚淵玄氏の最新作『Thunderbolt Fantasy』は、武侠ファンタジー人形劇! 気になるTV放送月&時間が判明!”. animate Times (2016年5月2日). 2016年8月17日閲覧。


「山路和弘」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山路和弘」の関連用語

山路和弘のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



山路和弘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山路和弘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS