デトネーターとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > デトネーターの意味・解説 

デトネーター

原題:THE DETONATOR
製作国:アメリカ
製作年:2006
配給:ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
スタッフ
監督:Leong Po-Chih レオン・ポーチ
製作:Pierre Spengler ピエール・スペングラー

Andrew Stevens アンドリュー・スティーヴンス
製作総指揮:Alison Semenza アリソン・セメンザ
脚本:Martin Wheeler マーチン・ウィラー
撮影:RichardGreatrex リチャード・グレートレックス
音楽:Barry Taylor バリー・テイラー
キャスト(役名
Wesley Snipes ウェズリー・スナイプス (Sonni Griffith
Silvia Colloca シルヴィア・コロカ (Nadia Cominski)
William Hope ウィリアム・ホープ (Michael Shepard
Michael Brandon マイケル・ブランドン (Flint
Matthew Leitch マシュー・リーチ (Dimitru Ilinca)
解説
CIA捜査官ルーマニア諜報戦に巻き込まれるスパイ・アクション。ウェズリー・スナイプス主演新作アクションを2週間ずつ3作品連続上映する企画スナイプス大運動会」の一本共演に「ヴァン・ヘルシング」のシルヴィア・コロカ監督は「ICHIGEKI 一撃」のレオン・ポーチ
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
CIA捜査官グリフウェズリー・スナイプス)は、「最後の仕事」となるはずの任務ルーマニアブカレスト赴く。彼は地元ギャングであるディミトリ接触し、サッカー場まで移動して武器密売人会する会合最後ディミトリグリフ捜査官であることをリークする電話を受け、男たち一斉にグリフ発砲するが、彼はディミトリを除いて全員を殺す。一方主要なサッカーチームのオーナーであり、“タカ”の俗称を持つジョセフ・ボスタネスコは、試合後、自宅パーティーを開いていた。訪問客1人は、ワシントンD.C.起爆剤届けるようボスタネスコに要求する。さらに、彼らがすでにボスタネスコに100万ドル送金したこと、また受け渡しの際に1億ドル受取ることができると言うが、その要求憤慨したボスタネスコは男を刺し死体バイヤー警告として送りつけるように命令する。一方ブカレスト警察署拘留されたグリフのもとへ、彼の古い友人であり仲間でもあるCIA諜報員マイケル・シェパードがやって来る。米国内でグリフ起訴されており、訴訟2日後に行われることが決定したのだ。シェパードグリフに、ナディア・コミンスキ(シルヴィア・コロカ)という女性護衛して飛行機アメリカに戻って欲しいと頼む。ナディア護衛とボスタネスコの犯罪は、意外な線で一つにつながるのだった

デトネーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/19 10:16 UTC 版)

デトネーター』(原題:The Detonator)は、2006年アメリカで製作されたアクション映画




「デトネーター」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「デトネーター」の関連用語

デトネーターのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ED141

アラカシ

BlackBerry Bold 9700

フレット

T-4

まがりばかさ歯車

白馬山丸

魔法の一本針





デトネーターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデトネーター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS