爆薬とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 薬学 > 爆薬 > 爆薬の意味・解説 

ばく‐やく【爆薬】

読み方:ばくやく

火薬類のうち、物を破壊するための爆破、および爆弾砲弾炸裂(さくれつ)させるための炸薬のこと。ダイナマイト・トリニトロトルエンなど。


【爆薬】(ばくやく)

Explosives

燃焼する際の熱伝播速度超音速達す化学物質総称
超音速あるため、その燃焼によって高熱を伴う衝撃波いわゆる爆発」が発生する
主な工業用途兵器岩盤建造物破壊であり、一般に爆弾主原料として知られる

近年では油脂などの可塑剤添加して化学的に安定させた「プラスティック爆薬」が一般的
そうした近年の爆薬は熱伝播速度激減しており、摩擦熱衝撃起爆する事はほとんどない
種類によっては、火にくべても固形燃料同程度の熱伝播速度でしか燃えないものもある。

ただし、爆発の危険がなくても爆薬は危険物である。
爆薬は基本的に猛毒であり、素手で触れて微量に付着しただけでも健康被害引き起こし得る。
野外に放置すれば環境被害予想され燃えた際の噴煙当然ながら有害である

また、プラスティック爆薬」は羊羹遊具粘土などと見まがうような外観を持つ。
基本的にパラフィン紙樹脂製の被膜カバーされ支給されるが、それらを剥いてしまえば判別難しく民間人訓練兵が不用意に触れて病院搬送されるケースままある

関連装薬 ピクリン酸 ニトログリセリン TNT RDX HMX


爆薬

作者能島龍三

収載図書分水嶺
出版社日本民主主義文学会
刊行年月2006.10
シリーズ名民主文学


爆薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/29 01:26 UTC 版)

爆薬(ばくやく: High explosivesHE)は、爆発性の物質のうち、特に激しく爆発する物。一般には爆発によって生じる衝撃波音速(秒速約340メートル)を超える物質を指す。このような爆発を特に爆轟と呼ぶ[1][2]。広義には火薬類の一種であるが、法令上の扱いは一般の火薬とは異なる(後述)。


  1. ^ 爆薬 [JSME Mechanical Engineering Dictionary]”. 一般社団法人 日本機械学会. 2020年11月8日閲覧。 “爆ごうを起こす火薬類の総称”
  2. ^ a b 大波篤司 (2008-08-29). 図解 ヘビーアームズ. 新紀元社. https://books.google.co.jp/books?id=o1g-DwAAQBAJ&lpg=PA1&hl=ja&pg=PT306#v=onepage&q=%E7%88%86%E8%96%AC&f=false 2020年11月8日閲覧。 
  3. ^ 野津 剛, 日比 一喜「水素ガス爆発による爆風」『日本風工学会誌』第37巻第3号、2012年、 204頁、 doi:10.5359/jawe.37.204。“爆発現象には,燃焼速度が音速以下の爆燃(deflagration)と,音速を超え衝撃波を伴う爆轟(detonation)とが知られている。”


「爆薬」の続きの解説一覧

爆薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/18 18:13 UTC 版)

液体酸素」の記事における「爆薬」の解説

液体酸素爆薬 液体酸素炭素粉末混合して作られた代用爆薬の一種現在では使用されていない

※この「爆薬」の解説は、「液体酸素」の解説の一部です。
「爆薬」を含む「液体酸素」の記事については、「液体酸素」の概要を参照ください。


爆薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 07:09 UTC 版)

人工地震」の記事における「爆薬」の解説

主にダイナマイト使われる従来一般的な震源だが、危険物取り扱い難があること、震源周辺に対する悪影響大きことから、爆薬以外の非爆薬震源」に切り替わりつつある。

※この「爆薬」の解説は、「人工地震」の解説の一部です。
「爆薬」を含む「人工地震」の記事については、「人工地震」の概要を参照ください。


爆薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 00:21 UTC 版)

オウム真理教の兵器」の記事における「爆薬」の解説

中川智正土谷正実らにより、黒色火薬RDXPETNTNTHMXニトログリセリン製造された。黒色火薬島田裕巳宅爆弾事件で、RDX東京都庁小包爆弾事件使用された。

※この「爆薬」の解説は、「オウム真理教の兵器」の解説の一部です。
「爆薬」を含む「オウム真理教の兵器」の記事については、「オウム真理教の兵器」の概要を参照ください。


爆薬(破壊用)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 13:56 UTC 版)

火薬」の記事における「爆薬(破壊用)」の解説

爆薬は「爆轟」によって発生する衝撃波破片によって周囲の物体破壊する爆弾砲弾魚雷手榴弾等の弾頭および弾体核兵器における爆縮レンズ構成部品として軍事用用いられる他、発破(はっぱ)として鉱物資源採掘トンネル掘削用いられるこうした使用法黒色火薬時代には爆発力限られるため限定的な使用とどまり19世紀入って安全で高性能火薬多数開発されたことで初め一般化され使用法である。外国ではビル野球場スタンドなどの建造物解体に際して内部に爆薬を仕掛け、崩すように一気解体する手法が行われる。ただし、この方法は日本においては環境基準や、地震備えるための耐震基準によって建築物頑強に作られているため実用性がほとんどなく、ほぼ行われることはない。 通常、爆薬に火をつけてもゆっくりと燃えるだけで「爆轟」にはならない。爆薬を起爆するには、雷管信管用いて爆薬に衝撃波与え必要がある。これを応用し不要な爆発物不発弾などを専用の爆薬で火薬ごと爆破して処分を行うことが各国の警察や軍により行われている。

※この「爆薬(破壊用)」の解説は、「火薬」の解説の一部です。
「爆薬(破壊用)」を含む「火薬」の記事については、「火薬」の概要を参照ください。


爆薬


爆薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 19:40 UTC 版)

硝酸メチル」の記事における「爆薬」の解説

硝酸メチル爆速VOD)は8000m/sであり、最も猛度大きいものの一つとして知られる爆発感受性非常に大きいため微量使われる

※この「爆薬」の解説は、「硝酸メチル」の解説の一部です。
「爆薬」を含む「硝酸メチル」の記事については、「硝酸メチル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「爆薬」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

爆薬

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 05:13 UTC 版)

発音(?)

ば↗くやく

名詞

ばくやく

  1. 爆轟起こして物を爆破したりする爆破爆弾砲弾などを炸裂させたりする炸薬などの火薬類

翻訳


「爆薬」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



爆薬と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「爆薬」の関連用語

爆薬のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



爆薬のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの爆薬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの液体酸素 (改訂履歴)、人工地震 (改訂履歴)、オウム真理教の兵器 (改訂履歴)、火薬 (改訂履歴)、浅野財閥 (改訂履歴)、硝酸メチル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの爆薬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS