メリナとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 外材一覧 > メリナの意味・解説 

メリナ


インドビルマからインドシナへかけて分布しています。成長早いため、熱帯各地域で重要な造林樹種となっています。そのため、かってミラクルツリーとよばれて、世界林業界で話題となったことがありました。熱帯パルプ工業興すときに大量木材一定して供給できる造林樹種としてつねに話題になる樹種一つです。

木材
心材辺材の境はやや認められる程度です。前者褐色を帯びた、黄色で、やや光沢があり、後者はより淡色です。肌目は粗で、木理は、通直であったり、交錯したりしています。気乾比重は0.45-0.58ですが、一般に目にする木材造林木からのものであるため軽軟なものでしょう切削などの加工性は容易で、仕上がりもよいです。乾燥には長い時間が必要です。保存性が低い木材です。

用途
天然のものは蓄積少ないので、現在ではほとんど大き寸法木材目にすることはないでしょう家具引き出し側板など)、細工物合板などが知られています。熱帯地域造林木をパルプにするのが、一番よく知られた用途といえます。


メリナ

名前 Melina


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「メリナ」の関連用語

メリナのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



メリナのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2020 All Rights Reserved, Copyright
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS