分水嶺とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地形 > 山脈 > 分水嶺の意味・解説 

ぶんすい‐れい【分水×嶺】

分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈

1が、雨水異な水系分かれる所であることから》物事方向性が決まる分かれ目のたとえ。


ぶんすい‐れい【分水嶺】

〔名〕

分水界になっている山の尾根。

風俗画報二九二号(1904)第一軍の活動北分附近在りし我一部隊

② 転じて、物事がどうなっていくかが決まる分かれめ。

上海(1928‐31)〈横光利一三八騒擾の分水嶺となるべき工部局の特別納会議


分水嶺

水系分け境界となっている山稜。この山稜隔て流れ下る沢は下流でも交わることなく別々の川となって海までいでいる

分水嶺

作者国府正昭

収載図書夜も流れる川
出版社近代文芸社
刊行年月2004.3


分水嶺

作者能島龍三

収載図書分水嶺
出版社日本民主主義文学会
刊行年月2006.10
シリーズ名民主文学


分水界

(分水嶺 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/24 09:43 UTC 版)

分水界(ぶんすいかい、drainage divide)とは、異なる水系の境界線を指す地理用語である。山岳においては稜線と分水界が一致していることが多く、分水嶺(ぶんすいれい)とも呼ばれる。




  1. ^ 市の概要 - 丹波市ホームページ”. 2013年8月30日閲覧。
  2. ^ 日本山岳会の100周年記念行事として行われ、2006年6月17日に全ルートの踏査が完了した。
  3. ^ JAC創立100周年記念国内登山(中央分水嶺踏査)の山行報告書 (PDF)


「分水界」の続きの解説一覧

分水嶺

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 09:25 UTC 版)

この単語漢字
ぶん
第二学年
すい
第一学年
れい
人名
音読み

発音(?)

  • (東京) んすいれー [bùńsúꜜìrèè] (中高型 – [3])
  • IPA(?): [bɯ̟̃ᵝɰ̃sɨᵝiɾe̞ː]

名詞

(ぶんすいれい)

  1. (地形) 分水界を成す山脈

類義語




分水嶺と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「分水嶺」の関連用語

分水嶺のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



分水嶺のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
山と高原地図山と高原地図
CopyrightcShobunsha Publications, Inc. All rights reserved.
山と高原地図
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの分水界 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの分水嶺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS