血圧とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 健康 > 血圧 > 血圧の意味・解説 

けつ‐あつ【血圧】

読み方:けつあつ

血液動脈血管内流れているときに示す圧力。ふつう上腕部で測る心臓収縮して血液送り出したときの最大血圧収縮期血圧)と、弛緩(しかん)したときの最小血圧拡張期血圧)とで示す。


血圧

「生物学用語辞典」の他の用語
実験方法装置単位など:  融点  融解  融解曲線  血圧  血圧計  解離エネルギー  解離定数

血圧 blood pressure


血圧

【仮名】けつあつ
原文blood pressure

体内循環する血液動脈内壁及ぼす力。収縮期血圧心臓拍動するときの血圧で、最も高くなったときの値)と拡張期血圧拍動合間の血圧で、最も低くなったときの値)の2つ測定される。血圧の表記法としては、収縮期血圧先に書いてからその後に続けて拡張期血圧を書くように決められている(例、120/80)。

血圧

作者デイモン・ラニアン

収載図書ブロードウェイ物語 1 野郎どもと女たち新装版
出版社新書館
刊行年月1987.11

収載図書世界は笑う
出版社筑摩書房
刊行年月1995.9
シリーズ名新・ちくま文学


血圧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 03:14 UTC 版)

血圧(けつあつ、英語: blood pressure)とは、血管内の血液の有する圧力のことである。一般には動脈の血圧のことで、心臓の収縮期と拡張期の血圧をいい、それぞれ収縮期血圧(または最高血圧: systolic blood pressure)、拡張期血圧(または最低血圧: diastolic blood pressure)と呼ぶ。単位は永年の慣行からSI単位パスカル(Pa)ではなく、水銀柱ミリメートル(mmHg)を使用することがほとんどである。


  1. ^ 鈴木俊明『臨床理学療法評価法』エンタプライズ、2004年、83-84頁。
  2. ^ 血圧のおはなし2019年6月2日
  3. ^ Ann Intern Med 2011 Jun 21; 154: 781.
  4. ^ a b c d e f 鈴木俊明『臨床理学療法評価法』エンタプライズ、2004年、90頁。
  5. ^ 高血圧症に関する研究(第I報):酸塩基平衡の循環動態因子におよぼす影響について 竹越襄、Japanese Circulation Journal、Vol.32(1968) No.9
  6. ^ シネフリン - 「健康食品」の安全性・有効性情報(国立健康・栄養研究所
  7. ^ 医機学 vol.80, No.6 (2010)
  8. ^ センサーをこめかみに当て、体温・心拍数から血圧までを測定, http://ventureclef.com/blog2/?p=2022 


「血圧」の続きの解説一覧

血圧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/11 07:48 UTC 版)

からだサポート研究所 糖尿病編」の記事における「血圧」の解説

最高血圧収縮期血圧)、最低血圧拡張期血圧)の2つ入力管理する

※この「血圧」の解説は、「からだサポート研究所 糖尿病編」の解説の一部です。
「血圧」を含む「からだサポート研究所 糖尿病編」の記事については、「からだサポート研究所 糖尿病編」の概要を参照ください。


血圧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 02:52 UTC 版)

砂糖」の記事における「血圧」の解説

炭水化物および砂糖食べて血糖値インスリン濃度が高い状態になるとインスリン腎臓に対してナトリウム再吸収せよ」という信号送り腎臓はその指令のとおりに動く。インスリン尿酸分泌阻害し、それに伴って身体水分保持しようとし、血圧は上昇する一方食事終えて時間経過したり、糖分少な食事摂ったり、長時間絶食すると、血糖値血中インスリン濃度低下する血中インスリン濃度低下すると、腎臓貯蔵していたナトリウムを、体内溜まった余分な水分一緒に体外排出する。これは人体にとって有益な現象であり、炭水化物摂取制限すると血圧は低下し降圧剤服用回数減らせる体重200ポンド(約91kg)あり、炭水化物常食している人がその摂取制限開始すると、身体から減少する余分な水分量は、最大で6ポンド(約2.8kg)以上に達す可能性がある[信頼性の低い医学情報源?]。

※この「血圧」の解説は、「砂糖」の解説の一部です。
「血圧」を含む「砂糖」の記事については、「砂糖」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「血圧」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

血圧

出典:『Wiktionary』 (2021/07/24 22:58 UTC 版)

名詞

  (けつあつ)

  1. 血液血管壁及ぼ側圧

関連語

翻訳


「血圧」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



血圧と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

血圧のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



血圧のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
スパファインダージャパンスパファインダージャパン
Copyright (C) 2022 SPAFINDER JAPAN All rights reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの血圧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのからだサポート研究所 糖尿病編 (改訂履歴)、砂糖 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの血圧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS