ベインブリッジ反射とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ベインブリッジ反射の意味・解説 

ベインブリッジ反射

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/06/15 10:40 UTC 版)

ベインブリッジ反射( - はんしゃ)は、1915年イギリス生理学者フランシス・アーサー・ベインブリッジ(w:Francis Arthur Bainbridge)によって発見された心臓の循環における反射である。心房後壁大静脈、右心房中隔、肺静脈心臓部などで静脈環流量が増加し、機械的に引き延ばされ、これの部位に分布している伸展受容器が興奮して迷走神経の心臓枝に含まれている求心性神経を介して反射機構が作動、心拍数が増加する。これは、フランク・スターリングの心臓の法則が成立する一因となっている。[1]




  1. ^ 南山堂大辞典プロメディカ


「ベインブリッジ反射」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ベインブリッジ反射」の関連用語

ベインブリッジ反射のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ベインブリッジ反射のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベインブリッジ反射 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS