衒いとは?

衒い

読み方:てらい

衒い(てらい)とは、「自分才能知識見せびらかすこと」もしくは才能知識があるようにふるまうこと」を意味する表現動詞衒う(てらう)」の連用形名詞化した語。要するに「衒うこと」。

衒気」とも言う。衒気は「衒い」の同義語といえる得意げに見せびらかすという意味では「ひけらかし」なども「衒い」の同義語該当する。

「衒い」は「衒いのない性格」「衒いのなさ」といった言い回しで用いられることが多い。「衒いのない」性格とは、つまり「才能などをひけらかさない素直な性格である。

てらい〔てらひ〕【×衒い】

てらうこと。てらう気持ち衒気(げんき)。「彼の言葉には衒いがない」


衒い

読み方:てらい

ワ行五段活用動詞衒う」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「衒い」の関連用語

衒いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



衒いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 Weblio RSS