呼吸とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生理 > 呼吸 > 呼吸の意味・解説 

こ‐きゅう〔‐キフ〕【呼吸】

[名](スル)

息を吸ったり吐いたりすること。「呼吸を整える」「荒々しく呼吸する」

共に動作をするときの互い調子。息。「二人の呼吸が合う」「阿吽(あうん)の呼吸」

物事をうまく行う微妙な調子。こつ、また、ころあい。「呼吸を覚える」「呼吸をのみこむ」「呼吸をはかる」

短い時間。間(ま)。「ひと呼吸おいて再び話しはじめる」

生物生命維持に必要なエネルギーを得るために、酸素取り入れ養分分解し、その際に生じた二酸化炭素排出する現象体外ガス交換を行う外呼吸と、それにより運ばれた酸素による細胞内での内呼吸細胞呼吸)とがあり、一般に外呼吸をさす。また、酸素を必要としない無気呼吸もある。


呼吸

同義/類義語:電子伝達,酸化的リン酸化
英訳・(英)同義/類義語:respiration

体外とのガス交換を行う外呼吸と、細胞内でATP合成を行う内呼吸分けられる。
「生物学用語辞典」の他の用語
現象や動作行為に関連する概念:  向流熱交換  吸水力  味覚  呼吸  呼吸調節  嗅覚  器官形成

呼吸

人間の呼吸は複式、胸式、肺尖呼吸の三通りに大別されるが普通は胸式呼吸である。
肺尖呼吸は病人がやるような肺尖でやる最も浅い呼吸で一番不健康呼吸法である。剣道人のやる呼吸は複式呼吸であり、横隔膜下げてやる最も深い健康的な呼吸である。座禅静座をやるのもそのためである。剣道は吐く息で打つので吸う時は隙であり打たれ易い。昔から「呼吸をはかる」ということはそのことをいうので相手が息を吐き終わった時は隙であり、そこを打てというのである

呼吸 [Respiration]

 一般に動物が肺、(えら)、皮膚、腸などの呼吸器官酸素とりいれ炭酸ガス放出する呼吸をいうが、これは外呼吸といわれている。これに対して生物細胞内で行われる呼吸は生物生きてゆくためのエネルギーを得る手段で、生化学的には好気呼吸嫌気呼吸分けられている。酸素がある条件(好気条件)下では、酸素を使ってグルコース(ぶどう糖)などの有機化合物酸化的に分解して、種々の有機化合物と、最終的には炭酸ガスまで分解して、そこで得られるエネルギーATP(アデノシン・トリホスフェート)へ蓄積する過程好気呼吸という。
一方酸素がない条件(嫌気条件)下でも酸素以外の無機化合物分解して、種々の無機化合物生成し、そこで得られるエネルギーATP蓄積する過程嫌気呼吸という。好気呼吸動物真菌粘菌、ほとんどの細菌など多く従属栄養生物が行生理的な手段である。一方嫌気呼吸硫酸塩還元水素細菌鉄酸化細菌など独立栄養を行う細菌生理的な手段である。
偏性好気性菌好気呼吸生育し、通性嫌気性菌酸素があれば好気呼吸行い酸素なければ発酵を行って生育する。これに対して偏性嫌気性菌二通り細菌分けられ、一つ発酵のみで生育する細菌群と、他の一つ嫌気呼吸生育する上記のような独立栄養性細菌群である。

呼吸

読み方:いき

  1. こつのこと。物の調子を云ふ。「ちよつとした-でうまくできる」。

分類 東京

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

呼吸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/17 03:17 UTC 版)

生物における呼吸(こきゅう)は、以下の2種類に分けられる[1]


  1. ^ 呼吸器系のしくみと働き(国立大学病院データベースセンター)
  2. ^ a b Ochoa, S. J. Biol. Chem. 1943, 151, 493–505.
  3. ^ a b Hinkle, P. C.; Kumar, M. A.; Resetar, A.; Harris, D. L. Biochemistry 1991, 30, 3576–3582.
  4. ^ Stock, D.; Leslie, A. G. W.; Walker, J. E. Science 1999, 286, 1700–1705.
  5. ^ a b Hinkle, P. C. Biochim. Biophys. Acta 2005, 1706, 1–11.
  6. ^ Brand, M. D. Biochem. Soc. Trans. 2005, 33, 897–904.
  7. ^ 鈴木俊明『臨床理学療法評価法』エンタプライズ、2004年、83-84頁。
  8. ^ a b c 鈴木俊明『臨床理学療法評価法』エンタプライズ、2004年、86頁。
  9. ^ http://merckmanual.jp/mmhe2j/sec04/ch038/ch038d.html
  10. ^ 鈴木俊明『臨床理学療法評価法』エンタプライズ、2004年、86-87頁。
  11. ^ 異常呼吸(日本臨床検査医学会)
  12. ^ 起座呼吸(コトバンク)


「呼吸」の続きの解説一覧

呼吸

出典:『Wiktionary』 (2018/12/18 20:49 UTC 版)

名詞

こきゅう

  1. 息を吐いたり吸ったりすること。
  2. 生物活動において、酸素吸収し、酸化活動結果二酸化炭素などを排出すること。
  3. あることをする際の間合いころあい。加減。
  4. 何もしない短い時間

発音

こ↗きゅー

翻訳

語義1

動詞

活用

サ行変格活用
呼吸-する



呼吸と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「呼吸」の関連用語

呼吸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



呼吸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
たのもうや@武道具店たのもうや@武道具店
Copyright(c)2020 SHOJI Martial Arts Equipments Shop All rights reserved.
たのもうや@武道具店剣道用語辞典
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2020 Fumiaki Taguchi
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの呼吸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの呼吸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS