呼吸とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生理 > 呼吸 > 呼吸の意味・解説 

こ‐きゅう〔‐キフ〕【呼吸】

読み方:こきゅう

[名](スル)

息を吸ったり吐いたりすること。「―を整える」「荒々しく―する」

共に動作をするときの互い調子。息。「二人の―が合う」「阿吽(あうん)の―」

物事をうまく行う微妙な調子。こつ、また、ころあい。「―を覚える」「―をのみこむ」「―をはかる」

短い時間。間(ま)。「ひと―おいて再び話しはじめる」

生物生命維持必要なエネルギーを得るために、酸素取り入れて養分分解しその際に生じた二酸化炭素排出する現象体外ガス交換を行う外呼吸と、それにより運ばれ酸素による細胞内での内呼吸細胞呼吸)とがあり、一般に外呼吸をさす。また、酸素必要としない無気呼吸もある。


呼吸

同義/類義語:電子伝達,酸化的リン酸化
英訳・(英)同義/類義語:respiration

体外とのガス交換を行う外呼吸と、細胞内ATP合成を行う内呼吸分けられる
「生物学用語辞典」の他の用語
現象や動作行為に関連する概念:  向流熱交換  吸水力  味覚  呼吸  呼吸調節  嗅覚  器官形成

呼吸

人間の呼吸は複式、胸式、肺尖呼吸の三通り大別される普通は胸式呼吸である。
肺尖呼吸は病人がやるような肺尖でやる最も浅い呼吸で一番不健康な呼吸法である。剣道人のやる呼吸は複式呼吸であり、横隔膜下げてやる最も深い健康的な呼吸である。座禅静座をやるのもそのためである。剣道は吐く息で打つので吸う時は隙であり打たれ易い。昔から「呼吸をはかる」ということはそのことをいうので相手が息を吐き終わった時は隙であり、そこを打てというのである

呼吸 [Respiration]

 一般に動物が肺、(えら)、皮膚、腸などの呼吸器官酸素とりいれ炭酸ガス放出する呼吸をいうが、これは外呼吸といわれている。これに対して生物細胞内行われる呼吸は生物生きてゆくためのエネルギーを得る手段で、生化学的に好気呼吸嫌気呼吸分けられている。酸素がある条件(好気条件)下では、酸素使ってグルコース(ぶどう糖)などの有機化合物酸化的に分解して種々の有機化合物と、最終的には炭酸ガスまで分解して、そこで得られるエネルギーATP(アデノシン・トリホスフェート)へ蓄積する過程好気呼吸という。
一方酸素がない条件(嫌気条件)下でも酸素以外の無機化合物分解して種々の無機化合物生成し、そこで得られるエネルギーATP蓄積する過程嫌気呼吸という。好気呼吸動物真菌粘菌、ほとんどの細菌など多くの従属栄養生物が行生理的な手段である。一方嫌気呼吸硫酸塩還元水素細菌鉄酸化細菌など独立栄養を行う細菌生理的な手段である。
偏性好気性菌好気呼吸生育し通性嫌気性菌酸素があれば好気呼吸行い酸素なければ発酵行って生育する。これに対して偏性嫌気性菌二通り細菌分けられ一つは発酵のみで生育する細菌群と、他の一つは嫌気呼吸生育する上記のような独立栄養性細菌群である。

呼吸

読み方:いき

  1. こつのこと。物の調子を云ふ。「ちよつとした-でうまくできる」。

分類 東京

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

呼吸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/06 01:15 UTC 版)

生物における呼吸(こきゅう)は、以下の2つに分けられる[1]


  1. ^ 呼吸器系のしくみと働き(国立大学病院データベースセンター)
  2. ^ Schmidt-Rohr, K. (2020). "Oxygen Is the High-Energy Molecule Powering Complex Multicellular Life: Fundamental Corrections to Traditional Bioenergetics” ACS Omega 5: 2221-2233. https://doi.org/10.1021/acsomega.9b03352
  3. ^ Bailey, Regina. “Cellular Respiration”. 2012年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月18日閲覧。
  4. ^ Pocock, Gillian; Richards, Christopher D. (2006). Human physiology : the basis of medicine (3rd ed.). Oxford: Oxford University Press. p. 316. ISBN 978-0-19-856878-0 
  5. ^ Levitzky, Michael G. (2013). Pulmonary physiology (Eighth ed.). New York: McGraw-Hill Medical. p. Chapter 1. Function and Structure of the Respiratory System. ISBN 978-0-07-179313-1 
  6. ^ a b c d e f g h i j k Tortora, Gerard J.; Anagnostakos, Nicholas P. (1987). Principles of anatomy and physiology (Fifth ed.). New York: Harper & Row, Publishers. pp. 556–582. ISBN 978-0-06-350729-6. https://archive.org/details/principlesofanat05tort 
  7. ^ a b Williams, Peter L; Warwick, Roger; Dyson, Mary; Bannister, Lawrence H. (1989). Gray's Anatomy (Thirty-seventh ed.). Edinburgh: Churchill Livingstone. pp. 1172–1173, 1278–1282. ISBN 0443 041776 
  8. ^ Gilroy, Anne M.; MacPherson, Brian R.; Ross, Lawrence M. (2008). Atlas of Anatomy. Stuttgart: Thieme. pp. 108–111. ISBN 978-1-60406-062-1 
  9. ^ a b Michael Panneton, W (2013). “The Mammalian Diving Response: An Enigmatic Reflex to Preserve Life?”. Physiology 28 (5): 284–297. doi:10.1152/physiol.00020.2013. PMC 3768097. PMID 23997188. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3768097/. 
  10. ^ Lindholm, Peter; Lundgren, Claes EG (1 January 2009). “The physiology and pathophysiology of human breath-hold diving”. Journal of Applied Physiology 106 (1): 284–292. doi:10.1152/japplphysiol.90991.2008. PMID 18974367. http://jap.physiology.org/content/106/1/284 2015年4月4日閲覧。. 
  11. ^ Thornton, Sheila J; Hochachka, PW (2004-02). “Oxygen and the diving seal”. Undersea & hyperbaric medicine (Undersea and Hyperbaric Medical Society) 31 (1): 81–95. PMID 15233163. https://www.researchgate.net/publication/8475895. 
  12. ^ Zapol, WM; Hill, RD; Qvist, J; Falke; Schneider, RC; Liggins, GC; Hochachka, PW (1989-09). “Arterial gas tensions and hemoglobin concentrations of the freely diving Weddell seal”. Undersea Biomedical Research (Undersea Medical Society) 16 (5): 363–373. PMID 2800051. オリジナルの2008-12-11時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081211020626/http://archive.rubicon-foundation.org/2531 2008年6月14日閲覧。. 
  13. ^ Pedroso, F. S.; Riesgo, R. S.; Gatiboni, T; Rotta, N. T. (2012). “The diving reflex in healthy infants in the first year of life”. Journal of Child Neurology 27 (2): 168–71. doi:10.1177/0883073811415269. PMID 21881008. 
  14. ^ 鈴木俊明 『臨床理学療法評価法』エンタプライズ、2004年、83-84頁。 
  15. ^ a b c 鈴木俊明 『臨床理学療法評価法』エンタプライズ、2004年、86頁。 
  16. ^ http://merckmanual.jp/mmhe2j/sec04/ch038/ch038d.html [リンク切れ]
  17. ^ 5 呼吸器系のしくみと働 き (151) UMIN(大学病院医療情報ネットワーク = University Hospital Medical Information Network)
  18. ^ 鈴木俊明 『臨床理学療法評価法』エンタプライズ、2004年、86-87頁。 
  19. ^ 異常呼吸(日本臨床検査医学会)
  20. ^ 起座呼吸(コトバンク)


「呼吸」の続きの解説一覧

呼吸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 05:24 UTC 版)

スキピオニクス」の記事における「呼吸」の解説

呼吸器はほとんど保存されていないものの、得られ間接的な証拠から広範ないくつかの結論引き出される1999年にジョン・ルーベン(英語版)らは横隔膜存在するように見える化石写真に基づいてスキピオニクス呼吸器鳥類のものとは異なりワニのものに似ていると推測した肝臓大きく体腔心臓や肺などのある前半区画腸のある広範区画完全に分かれていた。これは隔壁のある肺が存在し肝臓横隔膜筋によって動かされるhepatic-piston横隔膜によって換気していたことを示唆する横隔膜筋は化石恥骨に付着して観察されている。 このようなシステムコエルロサウルス類獣脚類鳥類と同様気嚢によって肺の空気換気されるという説に反し獣脚類冷血動物であったことを暗示する。 しかし、ジョン・ルーベンの結論はこの説に欠陥がある主張しているLawrence Witmerなど、複数研究者から疑問視されている2001年研究ではこれは肝臓不明確な暈状の形で保存されていたためであり死後体液元の臓器よりも広がってしまっていた可能性があり、正確な大きさ決定できない結論している。いずれにせよ横隔膜そのもの位置確認できなかった。多くの鳥類肝臓大きく肝臓大きいという特徴気嚢システムにも適用できる。暈の前方の小さな体腔は肺が鳥類もののよう硬く小さなものであったことを示唆するようにみえる横隔膜筋と仮定したものは某出の過程非生物由来の方解石のノジュール研磨彫刻されたことによって生じたアーティファクト幻の筋繊維のように見えたもののようだ。グレゴリー・ポールおよびDavid Martillは恥骨腸の間の空間には大型の気嚢があったと仮説している。しかし、ダル・サッソとMaganucoは生きている鳥類では腹部後部の気嚢は腸を前方へと押すようなことはないとしてこの仮説拒絶し、むしろこの空洞には卵黄嚢があったのではないか考えたしかしながら椎骨気嚢により含気化されていた可能性が高い頸部と胴にある含気孔のない椎骨頸部の基部、肺、腹部3つの気嚢系の境界示しているようだ。肋骨骨頭二重であり胸部堅く腹肋骨呼吸していたことを示しているマニラプトル形類では肋骨にかぎ状の突起があり、骨化した胸骨関節胸郭柔軟に動かすことが可能であるが、スキピオニクスにはこの突起見られない

※この「呼吸」の解説は、「スキピオニクス」の解説の一部です。
「呼吸」を含む「スキピオニクス」の記事については、「スキピオニクス」の概要を参照ください。


呼吸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 10:12 UTC 版)

サメ」の記事における「呼吸」の解説

サメ類硬骨魚類とは異なり鰓蓋無く鰓孔5 - 7対ある。この特徴エイ類にもいえる。この仕組みを持つ魚類板鰓類という。 サメ類中にはマグロのように呼吸のため一定速度水流要求するものと、静止状態でも呼吸可能なものがいる。 つまり、静止した場合沈むのは共通だが、沈んでしまうが命に別条はないものと、呼吸困難陥って死んでしまうものの両方存在するまた、硬骨魚類ほど自在に動かないため能動的にブレーキをかける能力がないこのためサメ止まれないという場合、こちらを意図して言われる場合があるため注意が必要である。

※この「呼吸」の解説は、「サメ」の解説の一部です。
「呼吸」を含む「サメ」の記事については、「サメ」の概要を参照ください。


呼吸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 07:44 UTC 版)

アースロプレウラ」の記事における「呼吸」の解説

現生ヤスデ似た気管系見当たらないが、それぞれの脚の間にある体の腹面畳んだポケット状の K-plate は内壁スポンジのような粒状構造密生しており、アースロプレウラはこれを通じて皮膚呼吸をしていたと考えられるアースロプレウラのような巨大節足動物これほど単調な方法呼吸するのは非効率的であるが、当時石炭紀では酸素濃度が約35%ほどと現代より高かった推測されその頃の節動物現生のものより酸素を体に取込みやすかったと思われる。なお、前述の粒状構造外壁由来で K-plate に特有の構造でもなく(腹板にも見られる)、むしろ気泡のように膨らんだ B-plate の方が、現生コムカデ基節嚢(coxal organ)に似た呼吸器ではないかという説もある。

※この「呼吸」の解説は、「アースロプレウラ」の解説の一部です。
「呼吸」を含む「アースロプレウラ」の記事については、「アースロプレウラ」の概要を参照ください。


呼吸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 06:05 UTC 版)

代謝」の記事における「呼吸」の解説

呼吸は基質レベルのリン酸化過程解糖系クエン酸回路)および電子伝達系通りATP生成を行う。上記の代謝系電子供与体として有機物用い多くの従属栄養生物見られるATP合成系であるが、最終電子受容体使用できるのはほとんどが数種無機物である。また、無機物電子供与体とする化学合成独立栄養生物の行う呼吸も含まれるそのような無機物には水素一酸化炭素アンモニア亜硝酸塩一価硫化水素などがある。 最終電子受容体として酸素用いる呼吸を『好気呼吸それ以外無機物用いるものを『嫌気呼吸』という。化学合成独立栄養の場合は多く酸素最終電子受容体として用いるが、嫌気呼吸電子伝達系併せ持つものも存在する。なお、嫌気呼吸電子受容体には硝酸塩硫酸塩亜硝酸塩二価等の無機物や、トリメチルアミンオキサイド (TMAO) やジメチルスルホキシド (DMSO) といった有機物用いるものもある。 基質レベルのリン酸化解糖系およびクエン酸回路発生する。またそのとき生じた還元ピリジンヌクレオチド電子伝達系通ってATP生成に使用される基質レベルのリン酸化ではわずかグルコース1分辺り4分子ATPしか生成し得ないが、電子伝達系においては平均して34分子ATP生産可能である(ただし計算によっては34分子上生産されているかもしれない)。 最終産物酸素用いた場合硝酸塩窒素など(あるいは一酸化窒素一酸化二窒素など)、硫酸塩の場合は硫化水素などである。 詳しくは呼吸、解糖系クエン酸回路電子伝達系嫌気呼吸を参照

※この「呼吸」の解説は、「代謝」の解説の一部です。
「呼吸」を含む「代謝」の記事については、「代謝」の概要を参照ください。


呼吸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 04:11 UTC 版)

鬼太郎」の記事における「呼吸」の解説

水中での呼吸をしている描写ほとんどないが、成層圏でも「空気が薄い程度での呼吸をしており第5作74話「一反もめん鹿児島決戦!!」)、水中でも会話戦闘繰り広げ息苦しい様子見せない人間よりは遥かに長時間水中行動ができるなどが見られる

※この「呼吸」の解説は、「鬼太郎」の解説の一部です。
「呼吸」を含む「鬼太郎」の記事については、「鬼太郎」の概要を参照ください。


呼吸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 18:04 UTC 版)

イヌ」の記事における「呼吸」の解説

イヌの呼吸は「パンティングpanting》(浅速呼吸)」と呼ばれ俗に喘ぎ呼吸」とも呼ばれるイヌ足の裏肉球以外に汗腺持たない動物であり、肉球からの発汗による体温調節効率人間130分の1程度しかなく、ヒトとは異なり発汗体温調節を図ることが出来ないその為、熱の発散唯一の手段口から呼吸しかなく、汗をかく代わりに舌を出しハアハア喘ぐように呼吸することで、そこから染み出す唾液を始め口内や喉の水分蒸発させて熱を放出し体温調節図っている。汗腺身体のごく一部しかないイヌにとっては、その呼吸や行自体ヒトを含む他の動物以上に命に関わる重要な行動となる。なお、パンティング頻度大型犬に多いことが判明している。

※この「呼吸」の解説は、「イヌ」の解説の一部です。
「呼吸」を含む「イヌ」の記事については、「イヌ」の概要を参照ください。


呼吸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/10 21:03 UTC 版)

岡田式静座法」の記事における「呼吸」の解説

吐く息はとても長く、入る息は一瞬。吸うことは考えなくても勝手に入る。1分間に6回以下、3回までになるととても落ち着く。 呼吸は吐くとき下腹部気を張るようにし、下腹に力がこもるようにする。吐くときは胸、みぞおちを虚にし、吐く息はゆるく長くし、熟達すれば吐くときに下腹膨れてかたくなり、力が満ちて張り切るようになる。吸うときは空気一瞬胸腔満ちて上腹部自然に膨らむ。そのとき臍下張り軽くゆるみぎみになる。ただ臍下には不断充実要する。吸う息は短くてよい。熟達すれば呼吸は平静になり、人にわからないほどになる。

※この「呼吸」の解説は、「岡田式静座法」の解説の一部です。
「呼吸」を含む「岡田式静座法」の記事については、「岡田式静座法」の概要を参照ください。


呼吸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 03:26 UTC 版)

オオトカゲ科」の記事における「呼吸」の解説

哺乳類のような横隔膜こそ存在しないが、代わりに喉のポンプによって呼吸を助け機能ハナブトオオトカゲおいて確認されている。多くのトカゲ(例ニホントカゲ)は走行中崩れ姿勢によって片側の肺が潰されてしまい、走行と呼吸の両立不可となっているが、この上記のポンプ存在によって肺の圧迫阻止できる。これは哺乳類横隔膜近くおかげで彼らは長時間激し運動(追跡逃走)が可能である。またオオトカゲ科(Varanidae)自体ワニ恐竜(内包され鳥類)に見られる肺内部の一方通行性の気流確認されており、こちらは恐竜(内包され鳥類)の気嚢に近い働きをする。派生的な脊椎動物こうした先進的な呼吸器獲得は、約2億5000万年大量絶滅(P-T境界)に起因する可能性があり、その証拠としてワニ類鳥類(気嚢やそれに近いシステム)、哺乳類(横隔膜)、トカゲ類(上記)と多くペルム紀末に出揃っていた。

※この「呼吸」の解説は、「オオトカゲ科」の解説の一部です。
「呼吸」を含む「オオトカゲ科」の記事については、「オオトカゲ科」の概要を参照ください。


呼吸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 07:38 UTC 版)

節足動物」の記事における「呼吸」の解説

節足動物様々な生息環境進出しており、それに応じた多様な呼吸様式みられる陸生種では気管系(tracheal system)や書肺book lung)、水生種ではgill)をもつものがある呼吸器官持たず体表で直的に皮膚呼吸を行う種類もある。 六脚類は主に陸生発達した気管持ち胸部と腹部のほとんどの体節一対気門を持つ。一部水生昆虫幼虫は、気門代わりに水中呼吸用の気管鰓(tracheal gill)を持つ。 多足類全て陸上性で、六脚類似たような気管気門呼吸する鋏角類の中で水生カブトガニ類は後体の板にある書鰓で呼吸をし、陸生クモガタ類は主に書肺気管気門を通じて行う。なお、ウミグモコヨリムシ一部ダニ呼吸器官持たず皮膚呼吸を行う。 甲殻類通常付属肢における外葉(副肢)などの附属体がとなって水中呼吸する陸生ワラジムシ亜目腹肢にある白体(偽気管)で呼吸しヤシガニ鰓室陸上での呼吸に用いられる無数の突起物がある。 ネッタイオナガミズアオの幼虫気門矢印先) ゴキブリ気管 カブトガニ類と書 クモ書肺断面図 ロブスター歩脚から分岐した外葉

※この「呼吸」の解説は、「節足動物」の解説の一部です。
「呼吸」を含む「節足動物」の記事については、「節足動物」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「呼吸」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

呼吸

出典:『Wiktionary』 (2021/10/24 01:08 UTC 版)

名詞

こきゅう

  1. 息を吐いたり吸ったりすること。
  2. 生物活動において、酸素吸収し、酸化活動結果二酸化炭素などを排出すること。
  3. あることする際間合いころあい。加減。
  4. 何もしない短い時間

発音(?)

こ↗きゅー

翻訳

語義1

動詞

活用


「呼吸」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



呼吸と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「呼吸」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



呼吸のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2023 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
たのもうや@武道具店たのもうや@武道具店
Copyright(c)2023 SHOJI Martial Arts Equipments Shop All rights reserved.
たのもうや@武道具店剣道用語辞典
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2023 Fumiaki Taguchi
皓星社皓星社
Copyright (C) 2023 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの呼吸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスキピオニクス (改訂履歴)、サメ (改訂履歴)、アースロプレウラ (改訂履歴)、代謝 (改訂履歴)、鬼太郎 (改訂履歴)、イヌ (改訂履歴)、岡田式静座法 (改訂履歴)、オオトカゲ科 (改訂履歴)、節足動物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの呼吸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS