肺サーファクタントとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 肺サーファクタントの意味・解説 

肺サーファクタント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/04 01:55 UTC 版)

肺サーファクタント(はいサーファクタント、英語: Pulmonary surfactant、肺表面活性物質)とは、肺胞の空気が入る側へと分泌されている界面活性剤である。なお、肺サーファクタントは単一の成分ではなく、リン脂質を主成分とした混合物である。日本語では、肺胞サーファクタント(はいほうサーファクタント)や、肺表面活性物質(はいひょうめんかっせいぶっしつ)などと呼ばれることもある。




  1. ^ 参考までにI型肺胞上皮細胞は主に肺胞におけるガス交換、すなわち、肺呼吸が行われる現場である。
  2. ^ 肺サーファクタントタンパク質A~Dは、それぞれ、SP-A、SP-B、SP-C、SP-Dと略される。
  3. ^ レシチンの定義には歴史的に変遷があるため、書籍の発行年代や分野によってレシチンに含まれる物質には幅があるため、敢えて「レシチンの1種に分類されることもあるリン脂質」という書き方をしている。詳しくはレシチンの記事を参照のこと。
  1. ^ アンブロキソール塩酸塩製剤インタビューフォーム (改訂第6版)』 p.11 日本ベーリンガーインゲルハイム 2009年6月
  2. ^ アンブロキソール塩酸塩製剤インタビューフォーム (改訂第6版)』 p.9 日本ベーリンガーインゲルハイム 2009年6月
  3. ^ ブロムヘキシン塩酸塩製剤インタビューフォーム (改訂第6版)』 p.10 日本ベーリンガーインゲルハイム 2014年9月
  4. ^ Vlnay Kumar、Abul K. Abbas、Jon C. Aster著、豊國 伸哉、高橋 雅英 監訳 『ロビンス基礎病理学(原書9版)』 p.299 丸善 2014年8月30日発行 ISBN 978-4-621-08698-8
  5. ^ a b Vlnay Kumar、Abul K. Abbas、Jon C. Aster著、豊國 伸哉、高橋 雅英 監訳 『ロビンス基礎病理学(原書9版)』 p.300 丸善 2014年8月30日発行 ISBN 978-4-621-08698-8
  6. ^ Vlnay Kumar、Abul K. Abbas、Jon C. Aster著、豊國 伸哉、高橋 雅英 監訳 『ロビンス基礎病理学(原書9版)』 p.301 丸善 2014年8月30日発行 ISBN 978-4-621-08698-8


「肺サーファクタント」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「肺サーファクタント」の関連用語

肺サーファクタントのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



肺サーファクタントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの肺サーファクタント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS