気管支喘息とは?

き かんし ぜんそく -くわん- [5] 【気管支喘息】

アレルギー反応などによって気管支の平滑筋痙攣けいれん)をおこし細くなるため、発作的呼吸困難をおこす病気
「気管支喘息」に似た言葉


喘息

読み方ぜんそく
別名:気管支喘息

慢性的気管支の炎症によって気道過敏な状態になり、気道自体が狭くなるため発作的喘鳴や咳、呼吸困難などの症状起こすこと。

 喘息とは、一般的には気管支喘息のことをいいます。アレルギー反応などによって気管支の炎症慢性化すると、気道が狭くなり刺激に対して過敏な状態となります。このため発作的喘鳴(のどがゼイゼイ鳴ること)や咳、呼吸困難起こし時には死に至ることもある病気です。アレルギー原因特定できるアトピー型と、それ以外のアトピー型に大別され、小児喘息多くアトピー型であると考えられています。
 受動喫煙は喘息を発症させる大きな要因であり、症状悪化させ発作誘発します。小児期や学童期はもちろん、母親胎内にいる期間の受動喫煙はさらに喘息の発症リスク高めるとされています。喘息患者本人能動的喫煙をすることは多く場合困難を伴うため、データとして現れにくい面がありますが、受動喫煙成人場合にも重大な危険因子です。職場もとより公共の場所などで日常遭遇するわずかな受動喫煙にさらされたのが引き金となり、発作が起こる場合あります


気管支喘息

気管支喘息は気道慢性炎症疾患であり,気道過敏性(気道過敏性)を伴う疾患である。種々の刺激に対し過敏反応して,気管支平滑筋気道粘膜浮腫気道分泌亢進などにより気道狭窄閉塞が起こる。症状としては,発作性の呼吸困難喘鳴(ゼーゼー・ヒューヒューという音),咳で夜間あるいは早朝起こりやすい傾向にある。

気管支喘息

作者桑原敏眞

収載図書ドクターマリノ
出版社東京図書出版会
刊行年月2004.9


気管支喘息

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/24 19:57 UTC 版)

気管支喘息(きかんしぜんそく、bronchial asthma)または喘息(ぜんそく、asthma)は、慢性の気道炎症(好酸球性炎症が典型的であるが、好酸球以外の炎症性細胞が主体の表現型も存在する)、気流制限(典型例では、通常、可逆性あり)、気道過敏性の亢進を病態の基盤に有し、発作性に、呼吸困難、喘鳴、などの呼吸器症状をきたす症候群である。




  1. ^ [1]、社団法人日本アレルギー学会ホームページ
  2. ^ Hosseini B, Berthon BS, Wark P, Wood LG (2017). “Effects of Fruit and Vegetable Consumption on Risk of Asthma, Wheezing and Immune Responses: A Systematic Review and Meta-Analysis”. Nutrients 9 (4). doi:10.3390/nu9040341. PMC: 5409680. PMID 28353635. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5409680/. 
  3. ^ Seyedrezazadeh E, Moghaddam MP, Ansarin K, Vafa MR, Sharma S, Kolahdooz F (2014). “Fruit and vegetable intake and risk of wheezing and asthma: a systematic review and meta-analysis”. Nutr. Rev. 72 (7): 411–28. doi:10.1111/nure.12121. PMID 24947126. 
  4. ^ Nurmatov U, Devereux G, Sheikh A (2011). “Nutrients and foods for the primary prevention of asthma and allergy: systematic review and meta-analysis”. J. Allergy Clin. Immunol. 127 (3): 724–33.e1–30. doi:10.1016/j.jaci.2010.11.001. PMID 21185068. 
  5. ^ Nagel G, Weinmayr G, Kleiner A, Garcia-Marcos L, Strachan DP (2010). “Effect of diet on asthma and allergic sensitisation in the International Study on Allergies and Asthma in Childhood (ISAAC) Phase Two”. Thorax 65 (6): 516–22. doi:10.1136/thx.2009.128256. PMID 20522849. 
  6. ^ Bartley J, McGlashan SR (2010). “Does milk increase mucus production?”. Med. Hypotheses 74 (4): 732–4. doi:10.1016/j.mehy.2009.10.044. PMID 19932941. 
  7. ^ Takkouche B, González-Barcala FJ, Etminan M, Fitzgerald M (2008). “Exposure to furry pets and the risk of asthma and allergic rhinitis: a meta-analysis”. Allergy 63 (7): 857–64. doi:10.1111/j.1398-9995.2008.01732.x. PMID 18588551. 
  8. ^ Linehan MF, Nurmatov U, Frank TL, Niven RM, Baxter DN, Sheikh A (2014). “Does BCG vaccination protect against childhood asthma? Final results from the Manchester Community Asthma Study retrospective cohort study and updated systematic review and meta-analysis”. J. Allergy Clin. Immunol. 133 (3): 688–95.e14. doi:10.1016/j.jaci.2013.08.007. PMID 24084077. 
  9. ^ Lambert KA, Bowatte G, Tham R, et al. (2017). “Residential greenness and allergic respiratory diseases in children and adolescents - A systematic review and meta-analysis”. Environ. Res. 159: 212–221. doi:10.1016/j.envres.2017.08.002. PMID 28803150. 
  10. ^ Gruzieva O, Gehring U, Aalberse R, et al. (2014). “Meta-analysis of air pollution exposure association with allergic sensitization in European birth cohorts”. J. Allergy Clin. Immunol. 133 (3): 767–76.e7. doi:10.1016/j.jaci.2013.07.048. PMID 24094547. 
  11. ^ 岡山大学医学部検査部/輸血部インフォメーションIgE[2]
  12. ^ Beasley R. "The global burden of asthma report. Global initiative for ashma(GINA)" 2004
  13. ^ 平成8年度厚生省長期慢性疾患総合研究事業
  14. ^ 日本アレルギー学会喘息ガイドライン専門部会監修『喘息予防・管理ガイドライン2006』協和企画、2006年、22頁。
  15. ^ [3]、社団法人日本アレルギー学会ホームページ
  16. ^ 気管支ぜんそく/咳ぜんそく 日本医科大学呼吸ケアクリニック
  17. ^ せき(咳)・たん・ぜんそく(気管支ぜんそく)について アスゲン製薬
  18. ^ Busse WW, and others. Combined Analysis of Asthma Safety Trials of Long-Acting β2-Agonists. N Engl J Med 2018; 378:2497-2505 DOI: 10.1056/NEJMoa1716868
  19. ^ 長屋宏、「日本のアレルギー診療は50年遅れている」、メディカルトリビューン社。ISBN 978-4-89589-336-7
  20. ^ Bousquet J, Lockey R, Malling HJ. (Oct 1998). “Allergen immunotherapy: therapeutic vaccines for allergic diseases. A WHO position paper”. J Allergy Clin Immunol. 102 (4 Pt 1): pp.749-794. PMID 9802362
  21. ^ Jenkins, C; Costello, J; Hodge, L (2004), “Systematic review of prevalence of aspirin induced asthma and its implications for clinical practice”, BMJ 328: 434-439, PMID 14976098 full text
  22. ^ Marketos SG, Ballas CN. Bronchial asthma in the medical literature of Greek antiquity. J Asthma. 1982;19(4):263-9. PMID 6757243





気管支喘息と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「気管支喘息」の関連用語

気管支喘息のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



気管支喘息のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
厚生労働省厚生労働省
(C)2019 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
リウマチ・アレルギー情報センターリウマチ・アレルギー情報センター
Copyright (c) 2019 The Rheumatism & Allergy Information Center All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの気管支喘息 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS