変調とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > 調 > 変調の意味・解説 

へん‐ちょう〔‐テウ〕【変調】

読み方:へんちょう

[名](スル)

調子変わること。調子変えること。また、その調子

調子が狂うこと。また、その調子。「からだに—をきたす」

電信・電話テレビなど搬送波振幅周波数パルス位相信号波で変化させること。

楽曲調子変えること。移調


変調方式

(変調 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/18 07:57 UTC 版)

変調方式(へんちょうほうしき、: modulation method)とは、電気通信において、基本信号(搬送波)に対して、その振幅周波数位相などを変化させる(変調する)ことにより信号を伝送する方式である。




「変調方式」の続きの解説一覧

変調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 08:05 UTC 版)

半導体レーザー」の記事における「変調」の解説

半導体レーザーは光による共振生じることで発光するため、特定の以上の電流流れないLED同じく自然放出光を出射する。これは「閾値電流特性」と呼ばれ閾値電流以上の電流注入レーザー光出てくる。また、この閾値近くでの電流増減では、極めて高い感度光出力切り替えが行えるため、GHz領域での変調も可能となっている。

※この「変調」の解説は、「半導体レーザー」の解説の一部です。
「変調」を含む「半導体レーザー」の記事については、「半導体レーザー」の概要を参照ください。


変調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/26 03:29 UTC 版)

超次元カードバトルRPG カードランカー」の記事における「変調」の解説

戦闘中に受けるバッドステータス。戦闘終了する回復する

※この「変調」の解説は、「超次元カードバトルRPG カードランカー」の解説の一部です。
「変調」を含む「超次元カードバトルRPG カードランカー」の記事については、「超次元カードバトルRPG カードランカー」の概要を参照ください。


変調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/08 16:33 UTC 版)

普通話」の記事における「変調」の解説

変調とは、後の音節がもつ声調との関係や文法的機能により声調変化することをいう。 上声 + 上声 上声連続する場合前の上声声調値が35、つまり陽平になる。 上声 + 上声以外 この場合上声低くなったまま高く成らず声調値が211となる。これを半上と呼ぶことがある上声 + 軽声 これも半上211となることが多い。ただし、本来上声であった軽声の場合は陽平35発音する場合と半上211発音する場合の2通りがある。例えば、哪里(どこ)は陽平発音され、姐姐は半上で発音される上声が三つ連続する場合 言葉の構造により、変調の状況異なる。例えば、「冷水澡 lěngshuǐ zǎo」のような「2音節言葉冷水冷たい水+1音節言葉(澡、シャワー)」の構造なら、最後の上声だけ本来の上声発音し前の上声はすべて陽平35発音する逆の場合なら(例えば、「母老虎 mǔ lǎohǔ」、「1音節言葉(母、メス)+2音節言葉老虎トラ)」)、二つ目の上声だけ陽平35発音する上声が三つ以上連続する場合 話すときの速さによって異なる簡単に言えば最も早い場合最後の上声だけ本来の上声発音し前の上声はすべて陽平35発音する去声 + 去声 去声連続する場合前の去声低くなりきらず、声調53となる。これを半去と呼ぶことがある以上のような普遍的な変調の他に特殊な語や品詞において起こる変調がある。 不 bù 「不」は通常去声51発音するが、去声が続く場合には陽平35発音される補語を表す接中辞反復疑問文といった文法的機能を表す場合には軽声となる。 一 yī 「一」は本来、陰平55であり、単独で発音される場合語末発音される場合序数を表す場合には変調しない。しかし、後ろに去声が続く場合には陽平35発音され去声以外の声調が続く場合には去声51発音される動詞重畳するとき、間に入れられる「一」は軽声発音される七 qī・八 bā 「七」「八」は次に去声が続く場合陽平35発音してもよいし、本来の陰平55発音してもよい。 形容詞 重畳構成される形容詞の後半部分はもとの声調がなんであるか関係なく、すべて陰平55発音される例えば、「好好儿的 hǎohāorde」、「漂漂亮亮 piàopiaoliāngliāng」、「暖洋洋 nuǎnyāngyāng」など。

※この「変調」の解説は、「普通話」の解説の一部です。
「変調」を含む「普通話」の記事については、「普通話」の概要を参照ください。


変調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/05 17:26 UTC 版)

SIGSALY」の記事における「変調」の解説

暗号化が行われた12チャネル6段階信号は、FSK周波数偏移変調)とFDM周波数分割多重化)を組み合わせた方式で変調された。当時は複数電信多重伝送この方式がすでに使われており、特性もよくわかっていたため、それを多値拡張した方式採用された暗号鍵レコードへの記録にも同じ方法用いたこの方式は、12チャネル分の異なった周波数搬送波に対し、0から5までの段階応じ周波数変調を行う方式多値FSK)で、SIGSALY通信使われる短波帯のようにフェージング雑音が多い環境比較性能良い特徴があり、当時としては優れた方法だった。 この当時は多値パルス信号についての知識少なくサンプリング周期最適なフィルタ特性についての問題を解決するため、現在デジタル信号処理使われるアイパターン用いた測定方法初め使われた。

※この「変調」の解説は、「SIGSALY」の解説の一部です。
「変調」を含む「SIGSALY」の記事については、「SIGSALY」の概要を参照ください。


変調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/23 07:28 UTC 版)

電気通信」の記事における「変調」の解説

情報運搬するよう信号形成することを変調と呼ぶ。変調はデジタルメッセージアナログ波形で表すのにも使われるそのような変調を デジタル変調 (keying) と呼び位相偏移変調周波数偏移変調振幅偏移変調などがある。例えBluetooth位相偏移変調使っている。 変調はアナログ信号情報をより高い周波数伝送するのにも使われる周波数が低いと自由空間上で効率的に伝送することができないため、変調が必要になる低周波数のアナログ信号の持つ情報高周波数の信号搬送波)に載せてから発信する変調方式はいくつかあり、代表的なものとしては振幅変調周波数変調がある。

※この「変調」の解説は、「電気通信」の解説の一部です。
「変調」を含む「電気通信」の記事については、「電気通信」の概要を参照ください。


変調(へんちょう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 03:11 UTC 版)

将棋用語一覧」の記事における「変調(へんちょう)」の解説

これまでのさし手選択傾向、または自分の棋風から大きく外れた手をさし、そのせいで突如形勢互角に近づくこと。対局者よりも解説側がよく用いる。<例>「王座の5七玉は変調では?ここでこれをしなくても問題なく勝てそうですがねえ」

※この「変調(へんちょう)」の解説は、「将棋用語一覧」の解説の一部です。
「変調(へんちょう)」を含む「将棋用語一覧」の記事については、「将棋用語一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「変調」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「変調」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



変調と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

変調のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



変調のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの変調方式 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの半導体レーザー (改訂履歴)、超次元カードバトルRPG カードランカー (改訂履歴)、普通話 (改訂履歴)、SIGSALY (改訂履歴)、電気通信 (改訂履歴)、将棋用語一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS