共振とは?

きょう しん [0] 【共振】

( 名 ) スル
振動体にその固有振動数等し振動外部から加えたとき、非常に大き振幅振動する現象。特に電気的・機械的振動場合にいい、音の場合共鳴ということが多い。


共振

ある作用によって物体が同時に動く(震える)現象。周波数帯域、素材、応力などでその度合いは変化する。スピーカーづくりにとってはとても大切な要素で、この共振をいかに制御するか、うまく分散させるかが高音質実現のための鍵だ。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 細谷信二)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


共振

英語 resonance

振動体固有振動が加振周波数一致もしくは正数倍の関係にあるとき、振動助長される現象。加振する力の周波数と、振動体自由振動周波数とが一致すると振動体振動レベル著しく増大する。例えブランコにおいて、ブランコ揺れと同じ周波数で押すと振幅大きくなる。また自動車では、車体重量サスペンションスプリング構成するばねマス系の固有振動数路面凹凸で加摂される周期一致すると、車体は共振し激しく揺れる。これを低減するのもショックアブソーバーのひとつの機能である。フロア振動エンジンからの入力一致すると、太鼓の革のように振動し、こもり音一因ともなる。

参照 ダイナミックダンパー共振周波数
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

きょうしん 共振 resonance

共鳴」ともいい、ある振動体振動を受けて自からも振動始め一般に振動増幅され、より振動大きく現れる現象。 共振は騒音を伴うことになり、空調設備においてはダクトなどで 共振が生じやすく騒音となりやすい。

共振

2つの固有周期一致することを「共振」という。例え震源から地震動伝播された時、建築物固有周期と、建築物が建つ地表地盤固有周期が同じだった場合、共振によってその地震動大きく増幅され、時には建物倒壊させることになる。

共振

作者斎藤純

収載図書ダガー―虚幻の刃
出版社実業之日本社
刊行年月1997.9


共振

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/14 08:40 UTC 版)

共振(きょうしん、: resonance)は、エネルギーを有するが外部から与えられた刺激により固有振動を起こすことである。特に、外部からの刺激が固有振動数に近い状態を表す。共鳴と同じ原理に基づく現象であるが、電気や固体については「共振」の語がよく用いられる。


  1. ^ グレイム・ドナルド著、花田知恵訳『偽科学・珍学説読本』原書房、2013年、p. 26.
  2. ^ Rock-and-Roll Bridge Science News Online


「共振」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「共振」の関連用語

共振のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



共振のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2019 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2019 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2019 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの共振 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS