共成駅とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 共成駅の意味・解説 

共成駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/04 06:29 UTC 版)

共成駅(きょうせいえき)は、北海道苫前郡初山別村字共成にかつて存在した、日本国有鉄道(国鉄)羽幌線(廃駅)である。電報略号キセ。羽幌線の廃線に伴い、1987年(昭和62年)3月30日に廃駅となった。




  1. ^ 時刻表『JNR編集 時刻表 1987年4月号』(弘済出版社1987年4月発行)JRニュース13ページより。
  2. ^ a b 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)202ページより。
  3. ^ 書籍『鉄道廃線跡を歩くVI』(JTBパブリッシング1999年3月発行)23ページより。
  4. ^ 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』(JTBパブリッシング2010年4月発行)47ページより。


「共成駅」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「共成駅」の関連用語

共成駅のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



共成駅のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの共成駅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS