振動とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 振動 > 振動の意味・解説 

しん‐どう【振動】

読み方:しんどう

[名](スル)

揺れ動くこと。「爆音ガラス戸が―する」

ある量が、一つの状態を中心に周期的に変動すること振り子・ばねの運動電気振動など。

数学で、無限に続く数列関数列の極限不定で収束せず、また極限値無限大でもないこと。


振動

物体がある一点中心に,ある周期をもってゆれ動くことですが,この動きによって人の生活等が阻害されることを振動による公害といいますしたがって,公害発生させる振動は「不快な振動」「好ましくない振動」といえます

振動 (しんどう)

 物体がある1点中心に周期をもってゆれ動くことであるが、この動きによって人の生活等が阻害されることを振動による公害という。従って、公害発生させる振動は「不快な振動」「好ましくない振動」といえる

振動

英語 vibration

ある量が、基準値付近時間とともに大きくなったり小さくなったりする現象のことで、機械系、電気系などあらゆる分野用いられる用語である。自動車ではおもに機械振動対象になる。振動を表すには、変位速度加速度などに加えて、どの周波数成分がどの程度の振幅であるかを示す必要がある。振動にはその発生状態からいくつか分類される加えていた力を取り除いたあとに起こる振動を自由振動(突起乗り越えたあとに数回起こ車体の上下振動など)、加えつづけている力で定常的起こる振動を強制振動(運転時エンジン振動など)、継続時間が1秒にも満たないような、非常に短い振動を衝撃振動という。

参照 周波数
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

振動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/16 09:57 UTC 版)

振動(しんどう、英語: oscillationvibration)とは、状態が一意に定まらず揺れ動く事象をいう。英語では、重力などによる周期が長い振動と、弾性分子間力などによる周期の短い振動は別の語が充てられる[1]が、日本語では周期によらず「振動」という語で呼ばれる。周期性のある振動において、単位時間あたりの振動の数を振動数(または周波数)、振動のふれ幅を振幅、振動の一単位にかかる時間を周期という。


  1. ^ Webster Dictionary, 1913[1]



振動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/05 15:54 UTC 版)

乗り心地」の記事における「振動」の解説

もっとも狭義乗り心地は、振動に関するものである人体の振動に対する感覚は、振動の向き周波数依存しており、どの程度の振動を人体等しく感じるのかを実験により測定し、等感覚曲線を描くことで振動の影響を評価する仕組み用意している。 国際標準化機構 (ISO) では、西ドイツ基準参考に1974年ISO 2631として「全身振動の評価法」という国際基準定めその後1985年part 1からpart 4評価対象振動ごとの規格にまとめられた。この際1974年規格ISO 2631-1となったが、内容はほとんど変更されなかった。1997年改定によってISO 2631-1は大きく改変されている。 ISO 2631-1において振動を評価する際には、人体基準に振動の向き定めている。立っているとき、座っているときのいずれも身体の前後方向X軸左右方向Y軸上下方向(頭と尻または足を結ぶ方向)がZ軸となる。寝ているときも同様の向きであるが、床面に対する人体の向き変化したため、床面方向Z軸床面鉛直方向X軸となる。同一の振動であっても座っているあるいは立っているときと寝ているときで、異な向きとして評価されることになるので、人が寝ることがある建屋内などでの振動測定において問題となる。ISO 2631-2においてはこの問題に対応するために、Z軸とX/Y軸の複合特性評価する方法規定している。 振動が人間の健康、快適性知覚動揺病影響を与える程度は、振動の周波数依存する。また振動の向きに応じて異なるため、振動の軸ごとに周波数に応じて補正をかける係数用意されているISO 2631-1では、周波数補正特性として主要補正特性WkWdWf3種類、さらに付補正特性としてWc、We、Wj3種類を用意しており、以下のような用途定められている。 周波数補正特性適用に対す概略指針周波数補正特性健康快適性知覚動揺病Wkz-座席 z-座席, z-立位, 垂直臥位, x,y,z-足部 z-座席, z-立位, 垂直臥位 - Wdx-座席, y-座席 x-座席, y-座席, x,y-立位, 平臥位, y,z-背中 x-座席, y-座席, x,y-立位, 平臥位 - Wf- - - z Wcx-背中 x-背中 x-背中 - We- rx,ry,rz-座席 rx,ry,rz-座席 - Wj- 垂直臥位頭部) 垂直臥位頭部) - たとえば、座った状態の人間快適性を評価する際には、Z軸方向Wkで、X軸Y軸方向Wd補正する。主要補正特性基本特性に関して外部リンクのように補正特性与えられており、たとえば座った状態のZ軸に関する補正特性であるWkに関していえば、4ヘルツから12.5ヘルツ範囲感覚的にもっとも敏感であるとされるこうした周波数補正特性をかけて計算した時刻tにおける振動加速度瞬時値a w ( t ) {\displaystyle a_{w}(t)} (単位並進振動に対してメートル毎秒毎秒 m/s2、回転振動に対してラジアン毎秒毎秒 rad/s2)とし、測定時間をT秒間としたとき、 a w = ( 1 T ∫ 0 T a w 2 ( t ) d t ) 1 2 {\displaystyle a_{w}=\left({\frac {1}{T}}\int _{0}^{T}a_{w}^{2}(t)dt\right)^{\frac {1}{2}}} …(1) の式で振動加速度実効値 a w {\displaystyle a_{w}} を求める。ただしこれは波高比(英語版)(クレストファクター)が9未満の場合に適用される波高比が9以上となる、時折発生する衝撃不快さを評価するためには、別に2つ測定方法定義されている。1つ移動実効値法で、短い積分時定数使用して時折衝撃過渡振動考慮に入れる周波数補正特性をかけて計算した時刻tにおける振動加速度瞬時値同様に a w ( t ) {\displaystyle a_{w}(t)} 、移動平均に対する積分時間を τ {\displaystyle \tau } 、時間をt、観測時間t 0 {\displaystyle t_{0}} としたとき、 a w ( t 0 ) = ( 1 τ ∫ t 0 − τ t 0 a w 2 ( t ) d t ) 1 2 {\displaystyle a_{w}(t_{0})=\left({\frac {1}{\tau }}\int _{t_{0}-\tau }^{t_{0}}a_{w}^{2}(t)dt\right)^{\frac {1}{2}}} …(2)計算し、MTVV (Maximum Transient Vibration Value) をMTVV=max( a w ( t 0 ) {\displaystyle a_{w}(t_{0})} )として与える。ISOでは、MTVVの計算において τ = 1 {\displaystyle \tau =1} 秒を用いることを勧告している。これは、波高比9未満の場合の実効値計算法を1秒ずつ行いその中で最大のものを採用することに相当する。 もう1つの方法は4乗振動ドーズ法VDV法)で、(1)式において、2乗ではなく4乗を使うことで、時折発生する強い衝撃敏感に反応するようにするものである。 こうして求めた周波数補正特性振動加速度実効値は、周波数補正特性計算が振動軸ごとであることから各軸別になっている。そこで多軸振動を評価するために、以下の式が与えられているa v = ( k x 2 a w x 2 + k y 2 a w y 2 + k z 2 a w z 2 ) 1 2 {\displaystyle a_{v}=\left({k_{x}}^{2}{a_{wx}}^{2}+{k_{y}}^{2}{a_{wy}}^{2}+{k_{z}}^{2}{a_{wz}}^{2}\right)^{\frac {1}{2}}} …(3) ここで a w x , a w y , a w z {\displaystyle a_{wx},a_{wy},a_{wz}} は、X軸Y軸Z軸について(1)式で求めた周波数補正特性振動加速度実効値で、 k x , k y , k z {\displaystyle k_{x},k_{y},k_{z}} は次元のない倍率因子である。この式で求めた全体値は快適性評価のときだけに使うべきだとされているが、特定の軸が卓越していないときは健康の安全面評価にも用いられることがある健康に対する振動評価をするとき、 k x = k y = 1.4 , k z = 1 {\displaystyle k_{x}=k_{y}=1.4,k_{z}=1} を使用して周波数補正特性振動加速度実効値求める。健康への影響に関しては振動に暴露される時間影響することから実効値暴露時間の2軸に対して健康に危険がある判断される領域定義する健康指針警戒区域定められている。実効値0.5 m/s2の振動のとき、暴露時間8時を超える危険があるとされ、より大きな振動では暴露時間がより短くて危険である判定される一方座っている状態の人に対する快適性評価に関しては、座面上のX、Y、Z軸およびこれらの軸の周り回転 r x , r y , r z {\displaystyle r_{x},r_{y},r_{z}} 、および背もたれ足部における並進軸(X、Y、Z軸)の合計12個の変数に対して評価する方法が以下のように定義されている。 座面: a s z = ( x s 2 + y s 2 + z s 2 ) 1 2 {\displaystyle a_{sz}=\left({x_{s}}^{2}+{y_{s}}^{2}+{z_{s}}^{2}\right)^{\frac {1}{2}}} …(4) 座面回転: a s r = ( 0.63 2 r x 2 + 0.4 2 r y 2 + 0.2 2 r z 2 ) 1 2 {\displaystyle a_{sr}=\left(0.63^{2}{r_{x}}^{2}+0.4^{2}{r_{y}}^{2}+0.2^{2}{r_{z}}^{2}\right)^{\frac {1}{2}}} …(5) 背もたれ: a b = ( 0.8 2 x b 2 + 0.5 2 y b 2 + 0.4 2 z b 2 ) 1 2 {\displaystyle a_{b}=\left(0.8^{2}{x_{b}}^{2}+0.5^{2}{y_{b}}^{2}+0.4^{2}{z_{b}}^{2}\right)^{\frac {1}{2}}} …(6) 足部: a t = ( 0.25 2 x t 2 + 0.25 2 y t 2 + 0.4 2 z t 2 ) 1 2 {\displaystyle a_{t}=\left(0.25^{2}{x_{t}}^{2}+0.25^{2}{y_{t}}^{2}+0.4^{2}{z_{t}}^{2}\right)^{\frac {1}{2}}} …(7) (4) - (7)式の合計値として以下のように計算するa s e a t = ( a s z 2 + a s r 2 + a b 2 + a t 2 ) 1 2 {\displaystyle a_{seat}=\left({a_{sz}}^{2}+{a_{sr}}^{2}+{a_{b}}^{2}+{a_{t}}^{2}\right)^{\frac {1}{2}}} …(8) 公共交通機関における乗り心地評価としては、ISO 2631-1では(8)式の値に対して下のように与えている。 0.315 m/s2より小さい: 不快でない 0.315 - 0.63 m/s2: 少し不快 0.5 - 1 m/s2: やや不快 0.8 - 1.6 m/s2: 不快 1.25 - 2.5 m/s2: 非常に不快 2 m/s2より大きい: 極度に不快 ただし、鉄道車両のように振動条件変化する場合には、振動加速度実効値分布から統計的に求め方法なども提案されている。このほか動揺病乗り物酔い)の起こしやすさを評価する方法もある。 高速鉄道において多く発生する30ヘルツ前後の振動に関しては、ISO 2631-1の周波数補正特性では低すぎる評価となるという指摘されている

※この「振動」の解説は、「乗り心地」の解説の一部です。
「振動」を含む「乗り心地」の記事については、「乗り心地」の概要を参照ください。


振動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 22:05 UTC 版)

星型エンジン」の記事における「振動」の解説

全方位に対して対称な形状のため慣性力釣り合いスムーズな回転得られるように見える。しかし、マスター+サブロッドによる各気筒ピストンの動き違いから単列であれば2次振動、複列であれば2次偶力発生し多気筒化しても振幅大きくなるだけでスムーズな回転得られない排気量増大によっても振幅大きくなるため、高出力になった第二次世界大戦末期には2次バランサー搭載した機種もあった。また重力(もしくはG)の関係上、キャブレター方式では全ての気筒均等に混合気配することは比較困難であり燃焼ばらつきトルク変動発生させる対策としてクランクシャフトカウンターウエイトへの振り子ダンパー組み込みや、慣性主軸エンジンマウント用いられた。

※この「振動」の解説は、「星型エンジン」の解説の一部です。
「振動」を含む「星型エンジン」の記事については、「星型エンジン」の概要を参照ください。


振動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/05 10:12 UTC 版)

加速劣化試験」の記事における「振動」の解説

振動を与えて反復して力が加えられる場合破壊に留意が必要である。振動で力が加わる都度目に見えない微細な破壊発生しまた、その破壊徐々に拡がり最終的に破断に至る。金属材料ではいわゆる金属疲労といわれる破壊起こるまでの振動回数測定し、それを実際の製品が受ける振動の頻度当てはめて全体としての寿命予測する

※この「振動」の解説は、「加速劣化試験」の解説の一部です。
「振動」を含む「加速劣化試験」の記事については、「加速劣化試験」の概要を参照ください。


振動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 08:44 UTC 版)

瞬感パズループ」の記事における「振動」の解説

振動カートリッジ挿入時のみ、振動の有無設定可能

※この「振動」の解説は、「瞬感パズループ」の解説の一部です。
「振動」を含む「瞬感パズループ」の記事については、「瞬感パズループ」の概要を参照ください。


振動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/26 04:49 UTC 版)

テザー推進」の記事における「振動」の解説

テザー制御する機構は非常に重く、振動の制動のために非常に複雑になるWalter Edwards提案する1トンclimberテザー上を伝って移動する機械)は振動を検出し制動をかけるのに使える可能性があるclimberテザー修理も行うことができる。

※この「振動」の解説は、「テザー推進」の解説の一部です。
「振動」を含む「テザー推進」の記事については、「テザー推進」の概要を参照ください。


振動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/06 03:29 UTC 版)

ボリビア深発地震」の記事における「振動」の解説

この地震は、ボリビア首都ラパスから約320km離れた、人のほとんどいないジャングル震央として発生した震源震央から631kmという、深発地震の中で極めて深い深度発生した震源ナスカプレート南アメリカプレート下に沈み込んでいる場所である。地震48×32km (30×20mi) の断層動いたことで発生し、Mw8.2という極めて規模大きなものであったため、ラパスメルカリ震度階級VIという強い揺れ観測したをはじめとし、南アメリカ広範囲で身体感じ程度の振動を観測した更には遠く離れたアメリカ合衆国いくつかの州、およびカナダトロントでも地震計揺れ検知した震度計測値震度国名都市名VI ボリビア ラパス IV ペルー アレキパ・モケグア・プーノ・タクナ チリ アリカ III ペルー モヨバンバ・リオハ・タラポト チリ イキケ エクアドル グアヤキル II チリ コピアポ エクアドル キト I チリ サンティアゴ・デ・チレ 有感 アメリカ合衆国 プエルトリコ ドミニカ共和国 ウルグアイ 無感 アメリカ合衆国 ロサンゼルス・レントン・オマハ・スーシティ・ミネアポリス・ラクロス・シカゴ・パーカーズバーグ・ノーウィッチ・ボストン カナダ トロント

※この「振動」の解説は、「ボリビア深発地震」の解説の一部です。
「振動」を含む「ボリビア深発地震」の記事については、「ボリビア深発地震」の概要を参照ください。


振動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 04:03 UTC 版)

星震学」の記事における「振動」の解説

恒星の振動は、熱エネルギー運動エネルギー変換されることによって生じる。この過程は、温度が高いときに熱が吸収され、低い時に放出される熱機関原理類似している恒星主要な機構は、放射エネルギー表層での脈動エネルギーへの変換である。結果として生じた振動は、それほど大きくない考えられそのため恒星独立球対称の形は保たれる連星系では、恒星潮汐恒星の振動に大きな影響を与える星震学1つ応用は、中性子星である。その内構造直接観測できないが、中性子振動の研究から推測されている。

※この「振動」の解説は、「星震学」の解説の一部です。
「振動」を含む「星震学」の記事については、「星震学」の概要を参照ください。


振動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/02 22:27 UTC 版)

高速振動Ap星」の記事における「振動」の解説

roAp星は、高倍音、非動径圧力モード振動している。このような脈動振る舞い説明するために用いられる一般的なモデルは、傾斜振動体モデル (英: oblique pulsator model) である。このモデルでは、脈動の軸は磁軸と一致しており、自転に伴って変化する磁軸の視線に対する向きによって脈動振幅変調することとなる。磁軸と脈動軸が明確に一致していることは、脈動駆動機構の本質を知る手掛かりとなる。roAp星は、たて座δ不安定帯主系列側に位置するようであるため、水素イオン領域作動するκ機構のような駆動機構を持つ可能性示唆されている。κ機構roAp星の振動を励起する標準的な脈動モデル存在しない磁場重要であるように想定されるため、それを考慮した非標準脈動モデル導出する研究が行われている。roAp星磁極付近の強い磁場によって対流抑制されることでモード駆動されることが示唆されており、脈動軸と磁軸が一致していることを説明できる2002年研究計算されたroAp星理論的な不安定帯位置は、それまでに発見されていたroAp星HR図上の位置一致しており、加えて、より進化したroAp星中には未発見長周期脈動星存在することも予測された。HD 177765は、2012年そのような長周期脈動発見されroAp星で、既知のroAp星では最長の23.6分という周期を持っている。 ほとんどのroAp星は、小型の望遠鏡用いて恒星脈動による振幅小さな変化観測することで発見されている。しかし、ネオジムプラセオジムなど外部影響敏感に反応する吸収線視線速度変化測定することでもこのような脈動観測することができる。また、鉄のように脈動見られない線もある。脈動は、恒星大気中の密度の低いところで最も大きくなる考えられている。そのため、大気中の高い位置放射状に浮遊している元素形成するスペクトル線が、脈動測定に最も敏感である可能性が高い一方で鉄のように重力沈降する元素スペクトル線は、視線速度変化示さないものと考えられる

※この「振動」の解説は、「高速振動Ap星」の解説の一部です。
「振動」を含む「高速振動Ap星」の記事については、「高速振動Ap星」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「振動」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

振動

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 00:44 UTC 版)

名詞

しんどう

  1. 揺れ動くこと。
  2. 位置物理量がある範囲周期的に変動すること。
  3. 無限続く数列無限大にも無限大にも発散せず、極限確定しないこと。

発音(?)

し↗んどー

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
振動-する

「振動」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



振動と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「振動」の関連用語

振動のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



振動のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
環境省環境省
Copyright © 2022 Kankyosho All rights reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの振動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの乗り心地 (改訂履歴)、星型エンジン (改訂履歴)、加速劣化試験 (改訂履歴)、瞬感パズループ (改訂履歴)、テザー推進 (改訂履歴)、ボリビア深発地震 (改訂履歴)、星震学 (改訂履歴)、高速振動Ap星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの振動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS