加速度とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 割合 > 加速度の意味・解説 

かそく‐ど【加速度】

読み方:かそくど

一定時間内の速度変化割合

物事変化速さがしだいに増していくこと。「科学進歩に—がつく」


加速度

英語表記acceleration

速度時間微分したもので、速度変化率を表す。また、加速度は力と比例する

凡例同義語は⇒、類似語は→、関連語は?で示す。

シュトラウス二世, ヨハン:加速度

英語表記/番号出版情報
シュトラウス二世, ヨハン:加速度Accelerationen Op.234作曲年1860年 

加速度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/30 14:19 UTC 版)

加速度(かそくど、: acceleration)は、単位時間当たりの速度変化率(速度の時間微分[注 1])。速度ベクトルの時間的な変化を示すベクトルとして、加速度が定義される[1]


注釈

  1. ^ 物体の速度の、各時間の点での変化の割合

出典



「加速度」の続きの解説一覧

加速度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/09 17:59 UTC 版)

檸檬 (さだまさしの曲)」の記事における「加速度」の解説

公衆電話から別れを告げる恋人の声に耳を傾けている歌。最後コイン落ちた時に恋が終わる。作曲編曲担当した渡辺俊幸ビートルズ意識した語っている。シングル盤ヴァージョンイントロ前に効果音が入る。

※この「加速度」の解説は、「檸檬 (さだまさしの曲)」の解説の一部です。
「加速度」を含む「檸檬 (さだまさしの曲)」の記事については、「檸檬 (さだまさしの曲)」の概要を参照ください。


加速度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/19 03:15 UTC 版)

感覚器」の記事における「加速度」の解説

要する重力のかかる向き加減速を知ることである。感覚としては平衡感覚などと言われるのがこれに近い。一般にこれに対す受容器平衡胞といわれ、多く動物見られるヒトでは内耳これに当たる

※この「加速度」の解説は、「感覚器」の解説の一部です。
「加速度」を含む「感覚器」の記事については、「感覚器」の概要を参照ください。


加速度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 01:57 UTC 版)

計量単位一覧」の記事における「加速度」の解説

次元:加速度 = 長さ/時間2 ガル:1 Gal = 1 cm/s2 = 0.01 m/s2 重力加速度1 G = 9.80665 m/s2 ただし、重力加速度地球上地点によって微妙に異なる。(0.066 m/s2程度)

※この「加速度」の解説は、「計量単位一覧」の解説の一部です。
「加速度」を含む「計量単位一覧」の記事については、「計量単位一覧」の概要を参照ください。


加速度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 00:15 UTC 版)

北海道胆振東部地震」の記事における「加速度」の解説

最大加速度は以下の表の通り記録され最大値KiK-net追分観測点の1505 galであり、上位10観測点中9観測点600 gal超える値を観測している。 観測点最大加速度上位10観測点観測点コード最大加速度 Gal計測震度1KiK-net追分IBUH01 1505 6.7 2K-NET穂別HKD125 774 6.1 3K-NET幌毛志HKD103 738 5.9 4K-NET早来HKD128 716 6.4 5KiK-net穂別IBUH02 716 5.4 6KiK-net平取西HDKH01 669 5.9 7K-NET鵡川HKD126 662 6.4 8K-NET由仁HKD124 631 4.9 9KiK-net栗山SRCH09 614 5.5 10K-NET支笏湖畔HKD185 587 5.2

※この「加速度」の解説は、「北海道胆振東部地震」の解説の一部です。
「加速度」を含む「北海道胆振東部地震」の記事については、「北海道胆振東部地震」の概要を参照ください。


加速度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/01 08:41 UTC 版)

宮城県沖地震 (1978年)」の記事における「加速度」の解説

地震の際に、東北大学工学部建設系研究棟1階並びに9階併設されSMAC強震計により、地盤建物揺れ計測されている。9階南北成分最大加速度は1040ガル記録し建物上の観測としては当時世界最大であった東北大学工学部研究グループはこの計測値元に建物応答損傷対す解析行った

※この「加速度」の解説は、「宮城県沖地震 (1978年)」の解説の一部です。
「加速度」を含む「宮城県沖地震 (1978年)」の記事については、「宮城県沖地震 (1978年)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「加速度」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

加速度

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 11:30 UTC 版)

名詞

かそくど

  1. 単位時間あたりの速度変化率

翻訳


「加速度」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



加速度と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「加速度」の関連用語

加速度のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



加速度のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三共製作所三共製作所
Copyright(C) 1998-2024, Sankyo Seisakusho co. All rights reserved.
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2024 PianoTeachers' National Association of Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの加速度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの檸檬 (さだまさしの曲) (改訂履歴)、感覚器 (改訂履歴)、計量単位一覧 (改訂履歴)、北海道胆振東部地震 (改訂履歴)、宮城県沖地震 (1978年) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの加速度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS