距離とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 距離 > 距離の意味・解説 

きょ‐り【距離】

二つの場所や物事間の隔たり。「前の車との—を縮める」「考え方に—がありすぎる」

人との関係で相手に対する気持ちの上での隔たり。「—を置いてつきあう」「相手態度に—を感じる」

数学で、二点を結ぶ線分長さまた、二つ図形上の点を結ぶ線分のうちの最短のものの長さ


距離

線分 AB長さを、2点 A, B 間の距離という。


距離


距離

作者倉持れい子

収載図書迷い道
出版社文芸社
刊行年月2003.11


距離

作者野中柊

収載図書マルシェ・アンジュール
出版社文藝春秋
刊行年月2007.10


距離

作者朴泰遠

収載図書近代朝鮮文学日本語作品集―1908〜1945 セレクション2 小説
出版社緑蔭書房
刊行年月2008.6


距離

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 02:29 UTC 版)

距離(きょり、distance)とは、ある2点間に対して測定した長さの量をいう。本項では日常生活および高校数学の範囲内で使われている距離について触れる。大学以上で扱うより専門的・抽象的な距離については距離空間を参照。


  1. ^ 国際単位系(SI) 第8版 (2006)、日本語版、訳・監修 (独)産業技術総合研究所 計量標準総合センター] p.40 表8、距離 海里 となっている。
  2. ^ 英語版では The International System of Units,8th editon, 2006 p.127 Table 8, distance, nautical mile
  3. ^ 国際単位系(SI) 第9版 (2019)日本語版、訳・監修 (独)産業技術総合研究所 計量標準総合センター p.114 表8 量:長さ、単位の名称:天文単位
  4. ^ 英語版では、The International System of Units,9th editon, 2019 p.145 Table 8,length, astronomical unit
  5. ^ 海里の定義計量単位令 別表第6、海面又は空中における長さの計量、海里
  6. ^ 具体的には、どれくらい細かく見るかによる。地球の場合、数百メートル離れると、ミリメートル単位では地下を通る。



距離

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 12:13 UTC 版)

名詞

きょり

  1. 二つのものや場所間の隔たり
  2. 数学)二点を結ぶ線分長さ
  3. 数学)ある集合2つ要素 x, y から、次の4つ性質満たす実数値関数 d(x, y) より算出される。またはその関数距離関数ともいう。上記のような意味の距離を一般化抽象化したもので、幅広いものを距離として扱うことができる。
    • d(x, y) ≥ 0
    • d(x, y) = d(y, x)
    • d(x, y) = 0 ならば x = y
    • d(x, y) + d(y, z) ≥ d(x, z)

発音(?)

きょ↘り

派生語

関連語

翻訳


「距離」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



距離と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

距離のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



距離のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
数理検定協会数理検定協会
Copyright©2022 数理検定協会 All Rights Reserved.
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの距離 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの距離 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS