天国とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 職業 > 刀工 > 天国の意味・解説 

あまくに【天国】


てん‐ごく【天国】

神や天使などがいる天上の理想世界キリスト教では、神から永遠の祝福を受ける場所。神の国。⇔地獄

そこで暮らすものにとって、理想的な世界何にもされない快適な環境楽園。「野鳥の—」「歩行者—」


てんごく 【天国】

一般に心の正し人の魂死後行き生まれとされる永遠の安息の場所。各宗教みられるが、ふつうはキリスト教のそれを指す。キリスト教の天国は神の住所で、心の正し義人が神から永遠の幸福報いとを受ける所。キリストマリア諸天使・諸聖人とも親しく交わり親族知人とも再会できるとする。天国に行ける魂は神の恩寵をもち、罪の汚れなく償いをみな果たした霊魂とする。ただし恩寵の度合いにより光栄と幸福の度合い異なると説く。(天国の意味神の国と全く同じ。ユダヤ人は神を恐れしこんで天と呼んだので天国となった

天国

作者メアリー・ゲイツキル

収載図書悪いこと
出版社早川書房
刊行年月1989.9
シリーズ名Hayakawa Novels


天国

作者ピーター・ストラウブ

収載図書幻想展覧会―ニュー・ゴシック短篇集 2
出版社福武書店
刊行年月1992.8


天国

作者内藤みどり

収載図書いふや坂
出版社潮出版社
刊行年月1996.12


天国

作者レベッカ・ブラウン

収載図書若かった日々
出版社マガジンハウス
刊行年月2004.10


天国

作者宮原昭夫

収載図書文芸誌「そして」にかかわった作家たち―短篇集 no.3
出版社そして企画
刊行年月2005.11

収載図書宮原昭夫小説
出版社宮原昭夫小説制作委員会
刊行年月2007.8


天国

作者大木茂

収載図書淳の死
出版社新風舎
刊行年月2006.7
シリーズ名SINGPOO BOOKS


天国

作者平瀬

収載図書オットー氏の部品
出版社さんこう
刊行年月2007.11


天国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 15:52 UTC 版)

天国(てんごく、heaven)とは、


  1. ^ a b 広辞苑第五版
  2. ^ a b c d e f g デジタル大辞泉
  3. ^ a b マクダネル、ラング 1993, pp. 35–43.
  4. ^ いわゆる「スパイ天国」論に関する質問」 - 参議院、2018年5月12日閲覧。


「天国」の続きの解説一覧

天国 (人物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 09:03 UTC 版)

銘尽には、大宝年中作刀し銘を切るとある。同書には、次の順序神代鍛冶記載している藤戸神武天皇御剣)、国重宇佐明神)、天国(村雲剣)、天春日大明神)、海中龍王)など。

※この「天国 (人物)」の解説は、「刀工」の解説の一部です。» 「刀工」の概要を見る


天国(Amakuni/ アマクニ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 09:11 UTC 版)

九州管制室を預か日本の正規上級自己進化有機管理AI当時研究者が日本の物作り魂の在り処として日本刀選んだ為、その名称は日本刀開祖として知られている刀匠・天国”に由来する天孫降臨待ち続ける存在で、いつの日か故国日本の復興夢見た研究者達から、至宝天逆鉾”を託されている。

※この「天国(Amakuni/ アマクニ)」の解説は、「ミリオン・クラウン」の解説の一部です。» 「ミリオン・クラウン」の概要を見る


天国(13巻)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 14:41 UTC 版)

あの世楽園カービィ一度死んだ際にここに来たが、食べ物全部かっぱらったため、代償として地獄落とされた。後にカービィ追って霊魂となったデデデ大王訪れるが、カービィライバルだと告げただけで地獄落とされた。

※この「天国(13巻)」の解説は、「星のカービィ デデデでプププなものがたり」の解説の一部です。» 「星のカービィ デデデでプププなものがたり」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

天国

出典:『Wiktionary』 (2021/07/31 13:21 UTC 版)

名詞

てんごく

  1. 存命中良いことをした死者あるいは、そのたましいがいると考えられている場所。特に、キリスト教におけるものを言う
    天国召された
  2. すばらしい場所楽園
    食い物はうまいし、気候はよいし、ここは天国だね。
    然し日記つけてゐる瞬間が、天国だといふことを知ってゐるのは僕だけだ。(古川緑波古川ロッパ昭和日記昭和二十年1945年二月十二日付])
  3. 特定事物満ちあふれた、あるいは優遇された場所時間をあらわす接尾語
    役人天国
    派生語: 歩行者天国

語源

マテオ・リッチ造語日葡辞書などでは、パライソ訳語浄土等を当てている。

関連語

訳語

参考文献

引用エラー: <references>定義されている <ref> タグに、先行するテキスト内で使用されていない group 属性「」あります


「天国」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



天国と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

天国のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



天国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの刀工 (改訂履歴)、ミリオン・クラウン (改訂履歴)、星のカービィ デデデでプププなものがたり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの天国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS