あらゆるとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 連体詞 > 連体詞(未知) > あらゆるの意味・解説 

あら‐ゆる

連体動詞「あり」の未然形上代可能の助動詞「ゆ」の連体形から。ありうる、の意》あるかぎりの。すべての。「あらゆる角度から検討する」「あらゆる可能性

[補説] 古く所有」「所在」などと書いた。


あら‐ゆる【所有】

連体〕 (動詞「あり(有)」に、上代自発可能の助動詞「ゆ」の連体形付き一語したものありうる限りの。すべてのありとあらゆる

地蔵十輪経元慶七年点(883)一「衆生の宿の悪業刀兵と病と饑饉とを、所在(アラユル)悩害に随ひて、皆能く解脱せしむ」

日本読本(1887)〈新保磐次〉五「獅子の猛きこと有らゆる動物第一なるを以て百獣の王と称せらる」

[語誌](1)上代用いられた「ゆ」「らゆ」は、平安時代になると用いられなくなり、「いはゆる」「あらゆる」などだけが漢文訓読文に用いられた。
(2)連体詞になりきらないで、上に連用修飾語をとる用法間々見られる。「吽迦陀野儀軌保安二年点」の「身口意業に所有(アラユル)一切悪業重罪」、「太平記‐六」の「洛中にあらゆる所の手者(てのもの)共、馳加りける間」など。


あらゆる

出典:『Wiktionary』 (2019/10/05 01:42 UTC 版)

語源

古典日本語あらゆる」 < 「あり」(有り)の未然形 + 上代助動詞「ゆ」の連体形

連体詞

あらゆる

  1. 有る限りの。全ての。

発音

あ↗らゆ↘る

類義語

複合語

語源

「あり」(有り)の未然形 + 上代助動詞「ゆ」の連体形

連体詞

あらゆる

  1. 現代語に同じ)あらゆる。

類義語

諸言語への影響




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「あらゆる」の関連用語

あらゆるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



あらゆるの意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのあらゆる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS