denとは? わかりやすく解説

den

別表記:デン

「den」の意味

「den」は、英語で「小さな部屋」や「書斎」を意味する言葉である。また、家族くつろいだり、趣味楽しんだりするための部屋を指すこともある。さらに、動物が住む巣穴や、悪事企む人々が集まる場所という意味でも使われることがある

「den」の発音・読み方

「den」の発音は、IPA表記では/dɛn/であり、IPAカタカナ読みでは「デン」となる。日本人発音するカタカナ英語では、「デン」と読む。発音によって意味や品詞が変わる単語はないため、特別な注意必要ない。

「den」の定義を英語で解説

A ""den"" is defined as a small room in a house where people can pursue their hobbies, relax, or engage in private activities. It can also refer to an animal's lair or a place where criminals or other unsavory individuals gather.

「den」の類語

「den」の類語として、「study」や「sanctuary」が挙げられる「study」は、書斎仕事部屋意味し、「sanctuary」は、安らぎ求める場所や避難所意味する

「den」に関連する用語・表現

「den」に関連する用語表現として、「lair」や「hideout」がある。「lair」は、動物巣穴住処指し、「hideout」は、犯罪者逃亡者隠れる場所を意味する

「den」の例文

1. He spent hours in his den working on his model train collection.(彼は自分書斎何時間も模型列車コレクション取り組んでいた。) 2. The fox retreated to its den after a long day of hunting.(狩り長い一日終わりキツネ巣穴戻った。) 3. The police raided the criminal's den and arrested everyone inside.(警察犯罪者アジト急襲し中にいた全員逮捕した。) 4. She converted the spare room into a cozy den for reading and relaxing.(彼女は余っていた部屋を、読書くつろぎのための居心地良い書斎変えた。) 5. The bear's den was hidden deep within the forest.(クマ巣穴森の奥深く隠れていた。) 6. They discovered a den of thieves operating in the city.(彼らは都市活動する泥棒アジト発見した。) 7. The children built a den in the backyard to play in.(子供たちは庭で遊ぶために小屋作った。) 8. The artist's den was filled with paintings and sculptures.(そのアーティスト書斎絵画彫刻いっぱいだった。) 9. The detective tracked the suspect to his den on the outskirts of town.(探偵容疑者を町のはずれにあるアジトまで追跡した。) 10. Her den was her sanctuary, where she could escape the stresses of daily life.(彼女の書斎は彼女の安らぎの場所であり、日常生活ストレスから逃れることができた。)

デン【den】

読み方:でん

巣穴隠れ家の意》書斎などに用い小部屋


ジエチルニトロソアミン

分子式C4H10N2O
その他の名称Diethylnitrosoamine、N-Nitrosodiethylamine、N-Ethyl-N-nitrosoethanamine、N,N-Diethyl-N-nitrosoamine、ジエチルニトロソアミド、Diethylnitrosamide、N-Ethyl-N-nitrosoethylamine、NDEA、ジエチルニトロサミン、N,N-Diethylnitrosoamine、Nitrosodiethylamine、N-Nitroso-N-ethylethanamine、Diethylnitrosamine、N-Nitrosoiminodiethane、N-Nitroso-N,N-diethylamine、Diethyl(nitroso)amine、DEN
体系名:ジエチルニトロソアミン、N-ニトロソイミノジエタン、N-ニトロソ-N-エチルエタンアミン、ニトロソジエチルアミン、N,N-ジエチルニトロソアミン、N-ニトロソ-N,N-ジエチルアミン、ジエチル(ニトロソ)アミン、N,N-ジエチル-N-ニトロソアミン、N-エチル-N-ニトロソエタンアミン、N-ニトロソジエチルアミン、N-エチル-N-ニトロソエチルアミン


Den

名前 デンダンデルデーン

DEN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/14 06:17 UTC 版)

1.間取りのDEN(でん)どんな部屋?




「DEN」の続きの解説一覧

(den から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/04/09 15:51 UTC 版)

(いなずま、いなづま、でん)




「電」の続きの解説一覧

den

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/23 03:21 UTC 版)

ISO 639 マクロランゲージ」の記事における「den」の解説

den は、スレイビー語のためのISO 639-3 言語コードである。2つ個別言語割りあてられている。 scs北スレイビー語 xsl南スレイビー語

※この「den」の解説は、「ISO 639 マクロランゲージ」の解説の一部です。
「den」を含む「ISO 639 マクロランゲージ」の記事については、「ISO 639 マクロランゲージ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「den」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「den」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「den」の関連用語

denのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



denのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリDENの記事を利用しております。
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2024 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDEN (改訂履歴)、電 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのISO 639 マクロランゲージ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS