IPアドレスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 通信技術 > アドレス > IPアドレスの意味・解説 

アイピー‐アドレス【IPアドレス】

読み方:あいぴーあどれす

IP addressインターネット上コンピューター通信機器識別するための番号。→アイピーIP


IPアドレス

フルスペル:Internet Protocol Address
読み方アイピーアドレス
【英】IP address

IPアドレスとは、インターネットイントラネットなどのTCP/IPプロトコル利用したネットワークにおける識別番号のことである。ネットワーク接続され個々のコンピュータ割り振られる

現在のインターネット用いられているIPv4では、8ビットずつ4つ区切られ32ビット数値使われており、0から255までの10進数数字4つ並べて表される。なお、ネットワーク上では、同じIPアドレスが存在することは許されていないため、国際的な管理組織であるNICによって一元的管理されている。また、日本においてはJPNIC管理行っている

IPアドレスは、数値並んでいるだけのものであるため、DNSというシステム用いることで、IPアドレスに名称(ドメイン名)を付けることも可能である

現在のIPv4では、42億94967296台のIPアドレスまでしか表すことができないため、IPアドレス資源の枯渇問題となっているが、後継バージョンIPv6では、約3.4×1038個のIPアドレスを表すことができ、実質的には、ほぼ無限大にまで拡大されている。これによりパソコンだけでなく家電や車など、あらゆる身の回りのもの全てにIPアドレスを割り当てることも可能になるといわれている。

通信方式のほかの用語一覧
TCP/IP:  IMAP  IP  IPv6  IPアドレス  IPマルチキャスト  IPsec  IP接続

IPアドレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/31 08:09 UTC 版)

IPアドレス(アイピーアドレス、: IP address; Internet Protocol address)とは、インターネット・プロトコル (IP)において、通信の相手先を識別するための番号である。インターネットアドレスとも呼ばれる[1][2]。日本の法律では「アイ・ピー・アドレス」とも[3]


注釈

  1. ^ : dotted decimal notation
  2. ^ : dot address
  3. ^ このアドレスブロックは、RFC 5737で例示用アドレスとして予約されている。

出典

  1. ^ TR X 0055:2002 インターネット利用者のための用語
  2. ^ IPアドレス』 - コトバンク
  3. ^ アイ・ピー・アドレス - dskwiki”. dsk.or.jp. 2021年10月24日閲覧。
  4. ^ WHATWG (2017年7月30日). “URL Standard 3.5. Host parsing” (英語). 2017年7月30日閲覧。
  5. ^ 26431 – Define IPv4 parsing” (英語). W3C (2015年7月1日). 2017年7月30日閲覧。
  6. ^ 日本ケーブルラボ事務局山下良蔵 (2009年10月21日). “IPv4アドレス在庫枯渇対応に関する広報戦略ワーキンググループ(第4回)配布資料 資料WG広4-2 ケーブルテレビ業界のIPv4アドレス枯渇対応とIPv6化 (PDF)”. 総務省. p. 15. 2017年11月26日閲覧。
  7. ^ インターネット用語1分解説 - 割り振り (Allocation)、割り当て (Assignment) とは」『JPNIC News & Views』8巻(2002年1月15日)、日本ネットワークインフォメーションセンター。
  8. ^ LACNIC Announces the Start of the Final Phase of IPv4 Exhaustion”. LACNIC (2017年2月15日). 2017年11月19日閲覧。



IPアドレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/27 07:20 UTC 版)

Amazon Virtual Private Cloud」の記事における「IPアドレス」の解説

最初にユーザVPC用に一連のIPアドレスを選択することができる。 この範囲内では、インターネットその他のVPCインスタンス通信するために、VPC内のインスタンス様々なプライベートおよびパブリックIPv4およびIPv6アドレス割り当てることができる。 これらのアドレスは、ユーザーVPCアカウント全体ではなく、特定のインスタンス割り当てられるパブリックIPアドレス静的割り当て不可能だが、その代わり場合によってはアドレス割り当て割り当て解除によりインスタンスアドレス変更される一貫したIPアドレスが必要な場合は、パブリックIPアドレス代わりに第3タイプのIPアドレスであるElastic IPアドレスを使用できる

※この「IPアドレス」の解説は、「Amazon Virtual Private Cloud」の解説の一部です。
「IPアドレス」を含む「Amazon Virtual Private Cloud」の記事については、「Amazon Virtual Private Cloud」の概要を参照ください。


IPアドレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 07:43 UTC 版)

Quad9」の記事における「IPアドレス」の解説

Quad9は、次のIPアドレスでパブリック使用する再帰ネームサーバ操作するこれらのアドレスは、エニーキャストルーティングによって最も近い運用サーバーマップされる。 Quad9は、ポート853介したDNS over TLSポート443介したDNS over HTTPS およびポート443介したDNSCrypt提供する区分IPv4IPv6FQDNメインストリーム 優先DNSサーバ 9.9.9.9 2620:fe::fe https://dns.quad9.net/dns-querytls://dns.quad9.net 代替DNSサーバ 149.112.112.112 2620:fe::9 セキュリティ無し 優先DNSサーバ 9.9.9.10 2620:fe::10 https://dns10.quad9.net/dns-querytls://dns10.quad9.net 代替DNSサーバ 149.112.112.10 2620:fe::fe:10 セキュリティECS 優先DNSサーバ 9.9.9.11 2620:fe::11 https://dns11.quad9.net/dns-querytls://dns11.quad9.net 代替DNSサーバ 149.112.112.11 2620:fe::fe:11 Quad9プライマリDNSサービスには、IPv4のIPアドレス:9.9.9.9と149.112.112.112 、IPv6のIPアドレス:2620:fe::feと2620:fe::9介してアクセスできる。このサービスは、マルウェアブロックリスト、DNS暗号化、およびDNSSECサポートしている。 制限され機能サポートするQuad9代替DNSサービスは、IPv4のIPアドレス:9.9.9.10および149.112.112.10 、およびIPv6のIPアドレス:2620:fe::10および2620:fe::fe:10を介してアクセスできる。このサービスDNS暗号化のみをサポートするECSサポートするQuad9同一のDNSサービスは、IPv4のIPアドレス:9.9.9.11と149.112.112.11 、およびIPv6のIPアドレス:2620:fe::11と2620:fe::fe:11を介してアクセスできる。このサービスは、マルウェアブロックリスト、DNS暗号化DNSSEC、およびECSサポートしている。

※この「IPアドレス」の解説は、「Quad9」の解説の一部です。
「IPアドレス」を含む「Quad9」の記事については、「Quad9」の概要を参照ください。


IPアドレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/15 06:31 UTC 版)

Virtual Router Redundancy Protocol」の記事における「IPアドレス」の解説

仮想ルーターには共通で使える1つのIPアドレスを持ち、マスター・ルーターと同じにするか、別のIPアドレスにするかは選択できる。しかし、仮想ルーターのIPアドレスをマスター・ルーターと同じにすると、マスター・ルーターの異常時にはtelnet等での接続出来なくなるので別にしたほうが利便性は増す。別にした場合は、IPアドレスが物理ルーターの2台分+仮想ルーター1台分の3つ使われる

※この「IPアドレス」の解説は、「Virtual Router Redundancy Protocol」の解説の一部です。
「IPアドレス」を含む「Virtual Router Redundancy Protocol」の記事については、「Virtual Router Redundancy Protocol」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「IPアドレス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

IPアドレス


「IP アドレス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



IPアドレスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「IPアドレス」の関連用語

IPアドレスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



IPアドレスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2022. All Rights Reserved.
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2022 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリIPアドレスの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのIPアドレス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのAmazon Virtual Private Cloud (改訂履歴)、Quad9 (改訂履歴)、Virtual Router Redundancy Protocol (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、WiktionaryのIPアドレス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS