MACアドレスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 通信技術 > アドレス > MACアドレスの意味・解説 

マック‐アドレス【MACアドレス】


MACアドレス

イーサネット機器が持つ6バイトアドレスISO/OSIモデル物理層およびデータリンク層機能する。イーサネットにおいては、このMACアドレスを基に高水準プロトコルデータを伝送する。MACアドレスは機器固有のものであり、同じアドレス存在しない。(例:00 00 F4 30 00 01イーサネットアドレス先頭3バイトベンダーID呼ばれ機器製造したメーカーIEEE申請することにより得られる。下位3バイトメーカーが独自に使用することを許されている。通常イーサネットアドレスは、機器内部記憶されていることになるので、ユーザー変更することはできない

関連用語:


イーサネットアドレス

別名:MACアドレス,物理アドレスハードウェアアドレスフィジカルアドレス
【英】Ethernet Address

イーサネットアドレスとは、イーサネットEthernet)でノード識別するために利用される番号のことである。

イーサネットアドレスは、LANカードLANボード)に記録されている。LANカードは、あらかじめイーサネットアドレスが記録された状態で出荷される。各製品には、原則的重複のない固有の番号割り振られている。ネットワーク上で通信が行われる際、このイーサネットアドレスを元にして通信相手となるノード識別が行われている。


MACアドレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/21 01:12 UTC 版)

MACアドレス(マック・アドレス、英語: Media Access Control address)とは、Media Access Controlにおいて、ネットワークインタフェースを識別するために使用される符号である。OSI参照モデルでいえば、第2層(データリンク層)にあたる。


  1. ^ 日経NETWORK 2006年9月号「ネットワークの基礎 MACアドレス」p.82
  2. ^ MACアドレス制限は“効果ゼロ”今さら聞けない「無線LAN認証」の基本【1/4】”. 大塚商会. 2020年8月22日閲覧。
  3. ^ iOS 14、iPadOS 14、watchOS 7 でプライベート Wi-Fi アドレスを使う”. Apple サポート (2020年8月13日). 2020年8月22日閲覧。
  4. ^ Privacy changes in Android 10 MAC アドレスのランダム化”. Android デベロッパー. 2020年8月22日閲覧。
  5. ^ ランダム ハードウェア アドレスを使う理由と方法”. Microsoftサポート. 2020年8月22日閲覧。
  6. ^ MACアドレスの再利用は、みんなが思っているよりもはるかに一般的”. Geekなぺーじ (2020年6月16日). 2020年8月22日閲覧。 “RFC 7136では、「製造業者が複数のデバイスに対して同じMACアドレスを割り当てているという報告が頻発している」、とあります。 また、「バーチャルマシンが同じMACアドレスを使い回している」という話も書かれています。RFC 7217では、「MACアドレスの再利用は、みんなが思っているよりもはるかに一般的であることを実世界のデータが示している」、とあります。 さらに、その根拠として、 Derbycon 2012での発表がRFC 7217で紹介されています。”


「MACアドレス」の続きの解説一覧



MACアドレスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「MACアドレス」の関連用語

MACアドレスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



MACアドレスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2022 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリイーサネットアドレスの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのMACアドレス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS