IDとは? わかりやすく解説

イード【(アラビア)‘īd】

読み方:いーど

祝祭祝日


アイ‐ディー【ID】

読み方:あいでぃー

identification身分証明また、識別番号暗証番号

「アイ‐ディー」に似た言葉

アイ‐ディー【ID】

読み方:あいでぃー

industrial design工業デザイン


アイ‐ディー【ID】


アイ‐ディー【ID】

読み方:あいでぃー

identification局名告知ステーションブレーク放送局名や周波数放送すること。


アイ‐ディー【iD】

読み方:あいでぃー

NTTドコモによるクレジット決済サービス。主に携帯電話利用した電子マネーサービスを提供。


アイ‐ディー【ID】

読み方:あいでぃー

intelligent design》⇒インテリジェントデザイン


イド【id】


ID

別名:アイ・ディ

Identificationアイデンティフィケーション)の略語米国フェデラル・コミュニケーション・コミッティ(Federal Communications Commission)の要請により放送局正体確認のために与えられた記号位置をあらわすもの。これを転じて一般に個人識別番号総称をあらわす意味で使われている。

ID


iD

通信キャリアのほかの用語一覧
NTTドコモ:  i-mode  iモードFeliCa  iショット  iD  iコンシェル  i Bodymo  iモードケータイ

id 固有の名前を持つデータ

HTML仕様 : HTML4.01Strict

 
機能と値 HTML * Windows Macintosh
文字列: 固有の名前(拡張子)を持ったデータ指定する IE3,4,5,5.5,6 NS4,6 IE3,4,4.5 NS4,6

適応要素 :ほとんどの要素(ただし、headhtmlparamscriptstyletitle を除く)

スタイルシートなどで固有の名前(拡張子)をもったデータを参照する場合に、この属性使って利用しますまた、今後XHTMLでは、name属性代わりに id属性を使うことが決定されています。

※ HTML表記
◎: HTML4.01Strictで定義されている必須の属性と値
○: HTML4.01Strictで定義されている属性と値
▽: HTML4.01Transitionalの属性と値(非推奨

ID

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ID

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 22:47 UTC 版)

ID, Id, id, I.D., 🆔




「ID」の続きの解説一覧

.id

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/01 04:11 UTC 版)

.idインドネシア国別コードトップレベルドメイン (ccTLD)である。






「.id」の続きの解説一覧

i.d.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/23 06:54 UTC 版)

i.d. 』(アイディー)は、三雲岳斗による日本ライトノベルイラスト宮村和生が担当。電撃文庫刊。SFテイストだが、三雲の前作『レベリオン』とおなじくミステリとしての要素もつよい。


  1. ^ 『i.d. I 神使いたちの長い放課後』341頁


「i.d.」の続きの解説一覧

ID

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 03:08 UTC 版)

虐殺器官」の記事における「ID」解説

個人情報認証のこと。

※この「ID」の解説は、「虐殺器官」の解説の一部です。
「ID」を含む「虐殺器官」の記事については、「虐殺器官」の概要を参照ください。


ID(Intervente Device)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 13:40 UTC 版)

スターオーシャン Till the End of Time」の記事における「ID(Intervente Device)」の解説

エターナルスフィア管理するために各星系設置されているオーパーツフェイト達はこれを利用してエターナルスフィア内で「制限されていることを「可能」にした。

※この「ID(Intervente Device)」の解説は、「スターオーシャン Till the End of Time」の解説の一部です。
「ID(Intervente Device)」を含む「スターオーシャン Till the End of Time」の記事については、「スターオーシャン Till the End of Time」の概要を参照ください。


ID

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 07:03 UTC 版)

おーぷん2ちゃんねる」の記事における「ID」解説

初期のおーぷん2ちゃんねるでは本家2ちゃんねると同じ8のIDだったが、2014年11月頃から3短縮され2021年4月1日から4桁となった。なお変更される以前スレッド表示変化はない。

※この「ID」の解説は、「おーぷん2ちゃんねる」の解説の一部です。
「ID」を含む「おーぷん2ちゃんねる」の記事については、「おーぷん2ちゃんねる」の概要を参照ください。


ID

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 08:02 UTC 版)

チャベリ」の記事における「ID」解説

前はユーザーとの重複許可されているため、自分だと周囲認知させるためのIDを名前に付加する形で作成することができる。1〜20文字までの任意の文字列入力することで、一意紐づく5桁の文字列がIDとして生成される

※この「ID」の解説は、「チャベリ」の解説の一部です。
「ID」を含む「チャベリ」の記事については、「チャベリ」の概要を参照ください。


I.D.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/20 18:12 UTC 版)

Ageha (yozuca*のアルバム)」の記事における「I.D.」の解説

Daybreak for meより前向きで、分かりやすい詞の内容になっており、歌いながら自分に言い聞かせている部分があるという。

※この「I.D.」の解説は、「Ageha (yozuca*のアルバム)」の解説の一部です。
「I.D.」を含む「Ageha (yozuca*のアルバム)」の記事については、「Ageha (yozuca*のアルバム)」の概要を参照ください。


I.D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/26 09:32 UTC 版)

I.D. (ゲームブランド)」の記事における「I.D」の解説

2011年5月27日 - 初恋予報。 2012年2月24日 - 初恋前線。 2013年2月28日 - 恋の話と 2014年6月27日 - ラブリレーション

※この「I.D」の解説は、「I.D. (ゲームブランド)」の解説の一部です。
「I.D」を含む「I.D. (ゲームブランド)」の記事については、「I.D. (ゲームブランド)」の概要を参照ください。


iD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 08:21 UTC 版)

エーエム・ピーエム・ジャパン」の記事における「iD」解説

コンビニでは最初に導入され2005年12月より三井住友カード本社当時西新橋近くに所在する東新橋一丁目店において取扱開始2006年正月日本経済新聞掲載された三井住友カードによるiDの全面広告加盟店としてam/pm挙げられたが、実際にはその1店舗だけの扱い誤解生じさせることからiD加盟店以外の店舗のほとんどに「iDは取扱しておりません」というam/pm本部からの告知店舗掲示されていた。その後同年3月より順次展開を行い同年12月末までに全国店舗利用できるようになったアクワイアラ三井住友カードである。

※この「iD」の解説は、「エーエム・ピーエム・ジャパン」の解説の一部です。
「iD」を含む「エーエム・ピーエム・ジャパン」の記事については、「エーエム・ピーエム・ジャパン」の概要を参照ください。


iD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 18:36 UTC 版)

セブン-イレブン」の記事における「iD」解説

NTTドコモ主導するポストペイ型電子マネー2010年平成22年7月23日に、同社全店導入された。

※この「iD」の解説は、「セブン-イレブン」の解説の一部です。
「iD」を含む「セブン-イレブン」の記事については、「セブン-イレブン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ID」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ID」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



IDと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ID」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



IDのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリIDiDの記事を利用しております。
WEB for beginnerWEB for beginner
Copyright (C) 2002~2022 banban@scollabo.com
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのID (改訂履歴)、.id (改訂履歴)、i.d. (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの虐殺器官 (改訂履歴)、スターオーシャン Till the End of Time (改訂履歴)、おーぷん2ちゃんねる (改訂履歴)、チャベリ (改訂履歴)、Ageha (yozuca*のアルバム) (改訂履歴)、I.D. (ゲームブランド) (改訂履歴)、エーエム・ピーエム・ジャパン (改訂履歴)、セブン-イレブン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS