.plとは? わかりやすく解説

ピー‐エル【PL】


ピー‐エル【P/L】


胎盤性ラクトゲン


合胞体

Syncytium, syncytia,pl

【概要】 細胞細胞くっつきあって(融合)1つ細胞になること。複数個になってしまう。HIV試験管の中で細胞一緒に培養していると、合胞体を作る場合がある。これは[細胞=HIV=細胞]という具合に、HIV細胞同士をつなげる糊の役割をしたのかもしれない。このような合胞体は生活できなくなってやがて死滅する。HIV中でも合胞体を作りやすい変異株は、ウイルスの増殖早く患者病気進行早いこと、つまり性質悪いことわかった

《参照》 HIV変異SI型NSI型耐性


.pl

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/17 03:57 UTC 版)

.plは、ポーランドに割り当てられているインターネット国別コードトップレベルドメイン (ccTLD) である。ポーランドの研究開発組織であるNASKによって運営されている。NASKは、ヨーロッパのインターネットトップレベルドメインレジストリで構成する協会組織のCENTRの創設メンバーのひとつである。






「.pl」の続きの解説一覧

PL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 00:08 UTC 版)

PL, Pl, pl




「PL」の続きの解説一覧

損益計算書

(.pl から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 22:56 UTC 版)

損益計算書(そんえきけいさんしょ、: income statement (US), profit and loss statement (UK)等)は、財務諸表の1つである。企業のある一定期間における収益(revenue)と費用(expense)の状態を表すために、複式簿記で記録されたデータを集計することによって、貸借対照表などと同時に作成される。企業内において経営判断のための情報として用いるほか、株主債権者などに経営成績に関する情報を提供する。


  1. ^ 2006年のAICPA発行の「Accounting Trends & Techniques」より
  2. ^ a b デロイト・トウシュ・トーマツ編 『米国財務会計基準の実務 第4版』 中央経済社 2008年3月20日第4版第1刷発行 ISBN 9784502281501
  3. ^ 清和監査法人, 中国子会社の決算書の読み方、2017年10月24日閲覧。


「損益計算書」の続きの解説一覧

「PL」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



.plと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.plのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.plのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2022, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.pl (改訂履歴)、PL (改訂履歴)、損益計算書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS