.ptとは? わかりやすく解説

ピー‐ティー【PT】

読み方:ぴーてぃー

physical therapist理学療法士


ピー‐ティー【PT】

読み方:ぴーてぃー

project team》「プロジェクトチーム」の略。「政府与党―が見直し案をまとめる」


ピー‐ティー【Pt】

読み方:ぴーてぃー

《(スペイン)platina・(英)platinum

プラチナ白金)の元素記号

プラチナ白金)の純度を示す単位純度100パーセントをPt1000、純度90パーセントをPt900と表す。


ピー‐ティー【PT】

読み方:ぴーてぃー

participation》⇒パーティシペーション2


動作までの動き(PT)


PT participation

番組内設けられCM枠一部タイムセールスせずにスポットセールスとして扱うこと。本来はタイム売れ残ったときなどに使われていたが、最近は深夜帯中心に最初からPT設けている番組多くなっている。→ネットスポット

物質名
白金
英語名
Platinum
元素記号
Pt
原子番号
78
分子量
195.08
発見
1748年
原子半径(Å)
1.39
融点(℃)
1772
沸点(℃)
3827
密度(g/cm3
21.37
比熱(cal/g ℃)
0.032
イオン化エネルギー(eV)
9
電子親和力(eV)
2.128


プロトロンビン時間(PT) ( prothrombin time )


理学療法士 Physical Therapist(PT)


PT Physical Therapis


P・T

読み方:ぴー・ていー

  1. 使隊のことをいふ。独語Der Pigion Trupp(デイー プイジヨン トルツプ)の頭字を取つたものである。〔軍隊語〕

分類 軍隊

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

.pt

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 04:18 UTC 版)

.pt国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、ポルトガルに割り当てられている。Fundação para a Computação Científica Nacional (FCCN)が運営する。以下種類のセカンドレベルドメインがある。


  1. ^ As of 3 August 2008, of the about 910 million pages google lists as being written in Portuguese (value obtained by adding this to this), the .pt domain comprehends more than 83 million pages, to which should be added 7 million more, which Google reports to be written in other languages (see the total of pt pages here).


「.pt」の続きの解説一覧

パーセントポイント

(.pt から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 03:29 UTC 版)

パーセントポイント (percent point) またはパーセンテージポイント (percentage point) とは、パーセント (%) で表された2つの値の差を表す単位である。




「パーセントポイント」の続きの解説一覧

PT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 16:46 UTC 版)





「PT」の続きの解説一覧

PT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 15:04 UTC 版)

MicMacオンライン」の記事における「PT」の解説

#パーティのこと。

※この「PT」の解説は、「MicMacオンライン」の解説の一部です。
「PT」を含む「MicMacオンライン」の記事については、「MicMacオンライン」の概要を参照ください。


PT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/12 14:39 UTC 版)

R-Z (航空機)」の記事における「PT」の解説

積荷のための流線型コンテナを下翼上面搭載した改良型民間機試作機不成功に終わり、1機のみが製作された。

※この「PT」の解説は、「R-Z (航空機)」の解説の一部です。
「PT」を含む「R-Z (航空機)」の記事については、「R-Z (航空機)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.pt」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「PT」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



.ptと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.pt」の関連用語

.ptのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.ptのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2022. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
ビデオリサーチビデオリサーチ
Copyright (C) 1997-2022 Video Research Ltd. All Rights Reserved.
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2022 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
e-血液.come-血液.com
Copyright 2022(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
あったかタウンあったかタウン
(c) copyright2022 kaigo-service.all rights reserved
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.pt (改訂履歴)、パーセントポイント (改訂履歴)、PT (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのMicMacオンライン (改訂履歴)、R-Z (航空機) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS