因子とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 要素 > 因子の意味・解説 

いん‐し【因子】

読み方:いんし

ある結果成り立たせるもとになる要素要因ファクター

因数」に同じ。


因子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/14 09:27 UTC 版)

因子(いんし、: factor, divisor)とは一般にある物事の原因を分類した各要素のこと。分野により様々な意味に用いられる。




「因子」の続きの解説一覧

因子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/25 08:01 UTC 版)

単純多元環」の記事における「因子」の解説

中心自明なフォン・ノイマン環は因子と呼ばれる。この条件は、作用素弱位相閉じているような両側イデアル自明なものしかないということと同じになる。様々な数学的対象への群作用から作られるフォン・ノイマン環考え場合得られる環が因子であるということはたいていの場合考えている作用がエルゴード的であるということ意味している可分ヒルベルト空間上のフォン・ノイマン環その中心が表すコンパクト距離空間上で因子の「積分」をとったものとして表すことができる。これはフォン・ノイマン環半単純性を表していると見なせ,フォン・ノイマン環に関する様々な考察を因子の場合に帰着することが可能になる

※この「因子」の解説は、「単純多元環」の解説の一部です。
「因子」を含む「単純多元環」の記事については、「単純多元環」の概要を参照ください。


因子(ティラン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/28 00:54 UTC 版)

南蛮服と火縄銃」の記事における「因子(ティラン)」の解説

神と交わった血筋の者がもつ、血統の力。

※この「因子(ティラン)」の解説は、「南蛮服と火縄銃」の解説の一部です。
「因子(ティラン)」を含む「南蛮服と火縄銃」の記事については、「南蛮服と火縄銃」の概要を参照ください。


因子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 07:15 UTC 版)

リーマン・ロッホの定理」の記事における「因子」の解説

詳細は「因子 (代数幾何学)を参照 因子とは、曲面 X 上の点を基底とする自由アーベル群 Div(X) の元、つまり、曲面上のに関する整数係数形式的な有限和である。因子 D の係数がすべて非負あるものは有効因子と呼ばれ、D ≥ 0 と表される。 閉リーマン面 X 上の有理型関数 f ≠ 0 に対し、因子 (f)次で定める。 ( f ) := ∑ z ∈ R ( f ) s z z {\displaystyle (f):=\sum _{z\in R(f)}s_{z}z} ここで台 R(f) は f のすべての零点からなる集合で、係数 szs z := a {\displaystyle s_{z}:=a} ( z が位数 a の零点のとき) s z := − a {\displaystyle s_{z}:=-a} ( z が位数 a の極のとき) で与えられる。この台 R(f)有限集合であることが知られている;これは X がコンパクトであることと、(ゼロでない)正則関数零点集合集積点持たないという事実(一致の定理)の結果である。したがっ(f)well-definedである。この形の因子を主因と呼ぶ。また主因子の分だけ異なる因子は線型同値であるという。 また、因子 D の次数、つまり、D のすべての係数の和を deg(D) で表す。主因子の次数は 0 であることが示せるので、因子の次数線型同値類にのみ依存している。 有理型1形式 ω = f dz ≠ 0 の因子 (ω) も同様に、つまり (ω) = (f)定義される。大域的な有理型1形式の因子を(記号 K で普通表し標準因子と呼ぶ任意の有理型1形式の因子は線型同値なので、標準因子線型同値除いて一意定まる(よって、標準因子と呼ぶ)。 次で定義される C 上のベクトル空間 L(D)次元 l ( D ) {\displaystyle l(D)} は基本的な量である: L ( D ) = { 0 ≠ f ∈ M ( X )( f ) + D ≥ 0 } ∪ { 0 } . {\displaystyle L(D)=\{\,0\neq f\in M(X)\mid (f)+D\geq 0\,\}\cup \{0\}.} ここで M(X) は閉リーマン面 X 上の有理型関数のなす体である。つまり、もし点 z で因子 D の係数 sz が負ならば関数 0 ≠ f ∈ L(D) は点 z で位数が −sz 以上の零点持ち正ならば点 z で位数sz下のを持つ。因子の線型同値類は、自然に多重度を通して大域的有理型関数同型となる(スカラー倍除外して)。

※この「因子」の解説は、「リーマン・ロッホの定理」の解説の一部です。
「因子」を含む「リーマン・ロッホの定理」の記事については、「リーマン・ロッホの定理」の概要を参照ください。


因子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 04:47 UTC 版)

ウイニングポストシリーズ」の記事における「因子」の解説

種牡馬および繁殖牝馬中には特定の因子をもつものがあり、その配列一定の条件を満たしたときに産駒能力影響を及ぼす

※この「因子」の解説は、「ウイニングポストシリーズ」の解説の一部です。
「因子」を含む「ウイニングポストシリーズ」の記事については、「ウイニングポストシリーズ」の概要を参照ください。


因子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/06 07:59 UTC 版)

フォン・ノイマン環」の記事における「因子」の解説

フォン・ノイマン環 M で、その中心 M ∩ M′ が単位元恒等作用素)の張る C 上一次元部分空間になっているものは因子(factor)とよばれる。因子とは W*-環直和への分解自明なものに限るようなフォン・ノイマン環のことである。可分なヒルベルト空間 H {\displaystyle H} 上の任意のフォン・ノイマン環は因子の直積分(direct integral)に分解できる

※この「因子」の解説は、「フォン・ノイマン環」の解説の一部です。
「因子」を含む「フォン・ノイマン環」の記事については、「フォン・ノイマン環」の概要を参照ください。


因子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 02:57 UTC 版)

モノクローム・ファクター」の記事における「因子」の解説

人間シンレイ変換する上で体内存在することが絶対条件となるモノ

※この「因子」の解説は、「モノクローム・ファクター」の解説の一部です。
「因子」を含む「モノクローム・ファクター」の記事については、「モノクローム・ファクター」の概要を参照ください。


因子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 16:42 UTC 版)

拡散性ミリオンアーサー」の記事における「因子」の解説

湖で騎士製造するための「生命作る設計図」の元となるもの。人間騎士などから採取され、同じ因子から作られた騎士能力など共通点がある

※この「因子」の解説は、「拡散性ミリオンアーサー」の解説の一部です。
「因子」を含む「拡散性ミリオンアーサー」の記事については、「拡散性ミリオンアーサー」の概要を参照ください。


因子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 19:01 UTC 版)

ウマ娘 プリティーダービー」の記事における「因子」の解説

殿堂入りウマ娘に付与され継承時にステータス適性上げたりスキルヒント得られたりするもの。★☆☆から★★★まであり、星の数が多くなるほど効果強くなる

※この「因子」の解説は、「ウマ娘 プリティーダービー」の解説の一部です。
「因子」を含む「ウマ娘 プリティーダービー」の記事については、「ウマ娘 プリティーダービー」の概要を参照ください。


因子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 19:29 UTC 版)

胆管癌」の記事における「因子」の解説

胆石症胆管炎、膵胆管合流異常症などの胆道疾患危険因子として知られているそのほか潰瘍性大腸炎クローン病なども危険因子である。また有機溶媒として利用される1,2-ジクロロプロパンジクロロメタンへの曝露発症原因として知られている

※この「因子」の解説は、「胆管癌」の解説の一部です。
「因子」を含む「胆管癌」の記事については、「胆管癌」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「因子」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「因子」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



因子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

因子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



因子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの因子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの単純多元環 (改訂履歴)、南蛮服と火縄銃 (改訂履歴)、リーマン・ロッホの定理 (改訂履歴)、ウイニングポストシリーズ (改訂履歴)、フォン・ノイマン環 (改訂履歴)、モノクローム・ファクター (改訂履歴)、拡散性ミリオンアーサー (改訂履歴)、ウマ娘 プリティーダービー (改訂履歴)、胆管癌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS