考察とは? わかりやすく解説

こう‐さつ〔カウ‐〕【考察】

[名](スル)物事明らかにするために、よく調べて考えをめぐらすこと。「深い—を加える」「日本人社会意識について—する」


考察(昭和)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/16 06:51 UTC 版)

仮面ライダー本郷猛は、悪の組織ショッカーによって肉体改造されサイボーグ戦士となったが、脳まで改造され自由意志奪われる前に脱出しショッカー反旗を翻すことになる。 石ノ森章太郎による漫画版『仮面ライダー』において、平時一般的な人間と同じ姿をしている本郷は、激しい感情駆られると顔に改造手術傷跡浮かび上がる。この傷は彼がまだ人間心を持っている証であるが、同時にその肉体がすでに人間なくなってしまっていることを表している。傷ついた素顔を隠すために本郷仮面をかぶるのである。 ところが、ショッカー怪人コブラ男との初戦の後、本郷は「仮面こそが今の自分の素顔であり、傷のある人間の顔のほうが偽物だ」と述懐する。つまり、本来の姿傷つけられたゆえに非本来的仮面まとっていた本郷は、人間の顔傷跡ごと封印してまったく別の姿に変身することで「仮面ライダー」としての本来性を獲得するのである。ここでの変身は「疎外されたから、傷つけられたからこそ力を持つ」という、逆差別的なナルシシズム確立するための装置として描かれており、カウンターカルチャー回路として機能している。 テレビシリーズでも、第1作『仮面ライダー』初期エピソード群、いわゆる旧1号編では本郷蛇口ひねって壊したり子供の手握って痛がられたりと、彼がもう通常の人間ではなくなってしまったことを強調しており、「改造人間哀しみ」というテーマ丁寧に拾おうとしている。 しかし新主公の一文字隼人 = 仮面ライダー2号登場とともに番組路線変更し、物語よりもアクション重視した勧善懲悪娯楽劇に移行した。この変更年少視聴者支持を受け、商業的に成功だったが、長石多可男のように「悪の手改造されつつも正義感だけは失わなかった」というニュアンス薄くなったことを惜しむ者もいた。長石続編『仮面ライダーV3』改造人間悲哀大きく取り上げた49話の脚本執筆しているが、いずれにせよV3』以下のライダー作品続編群では、改造人間苦悩描写は数話で解消し主人公は「この力で悪と戦う」と開き直ってしまう。 『仮面ライダーZX』主人公の戦う動機悪の組織殺された姉の復讐であり、設定を見る限りでは特に暗くしようという傾向の強い作品だが、特別番組『10号誕生!仮面ライダー全員集合!!』最後で主人公仮面ライダーV3から「仮面ライダー10号」として認められ続けて仮面ライダースーパー1から「おめでとう」と言われている。ここでの改造人間 = 仮面ライダーであることは、スポーツ選手のごとく選ばれた一員のような扱いを受けている。もっともスーパー1宇宙開発という善意目的のため自ら志願して改造人間となったので、こういう発言不自然ではない。

※この「考察(昭和)」の解説は、「仮面ライダーシリーズにおける変身」の解説の一部です。» 「仮面ライダーシリーズにおける変身」の概要を見る


考察(平成)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/16 06:51 UTC 版)

平成仮面ライダーシリーズ第1作である『仮面ライダークウガ』は、改造人間という設定排除のほか、さまざまな要素盛り込まれているものの、まだ多少は昭和ライダー面影引いていた。 テーマ大きく変化したのは、平成ライダー第2作『仮面ライダーアギト』からである。この作品における仮面ライダーの敵・アンノウンは、超能力者次々と殺害していく。なぜなら超能力者進化続けると、アンノウンの主が忌み嫌うアギト」になるからである。劇中に登場する超能力者たちはみな過去精神的外傷苦しんでおり、超能力極めてアギトに「変身」する、つまり傷を力に変換することで救済得ようとするが、ほとんど全員望み果たせないまま死んでいく。しかし主人公津上翔一だけは例外で、アギトであることを肯定的に受け入れて日々生きており、過去に苛まれることは少ない。津上と、彼に影響を受けて逆差別ナルシシズム頼らず自己確立できた人物最後まで生き残っている。そして、物語はやがて無数のアギト誕生することを予感させつつ幕を閉じる。 平成ライダー第3『仮面ライダー龍騎』では、13人の仮面ライダーそれぞれの願いかなえるため互いに戦う。この作品の中では、仮面ライダー正義の味方ではなく善人でも悪人でもライダーになれる。変身者としての資格各人内面かかわりなく、モンスター契約を交わすことによって生じる。もはや過去の傷がもたらす逆差別ナルシシズムなど不要であり、自己決定論理だけがそこに存在する契約用いカードさえあれば誰でも仮面ライダーになれるのである。 この「誰でもライダーになれる」という観点をさらに推し進めたのが、平成ライダー第4『仮面ライダー555』である。この作品怪人オルフェノクは死から蘇った人間進化した姿で、仲間増やすためにまた別の人間襲おうとする。オルフェノクに対抗できる力を持つ仮面ライダーになるには、変身ベルト起動するための条件充たす必要がある。ところがそ条件いうのは当人がオルフェノクであるか、あるいはその記号移植されていることであり、登場人物大半当てはまる。つまり本作品では仮面ライダー怪人明確に記号結ばれ、そして実質的に変身ベルトさえ手にすれば誰もがライダーになれるのである劇中では3本ベルト所有者次々と入れ替わっていくが、終盤でオルフェノクの寿命が短いことが明かされており、彼らはみないつか灰になって死んでいくことが決まっている。彼らにとっての変身ベルト争奪戦とはアイデンティティ確認するためのコミュニケーションであり、そして変身ベルト装填する道具携帯電話という設定は、コミュニケーション自体目的化していることを示している平成ライダー第8作仮面ライダー電王』では、戦闘能力のない主人公精神体「イマジン」を憑依させることで仮面ライダー変身する番組の主要視聴者である児童にとって、変身とは幼児的なナルシシズム投影したものだが、『ポケットモンスター』経たこの時代では、強さイメージが「自分大きなを手にすること」ではなく頼もし仲間多くいること」になっており、『電王』の特異な設定そのこと反映である。 平成ライダー第13作仮面ライダーフォーゼ』の主人公如月弦太朗は、過去の傷に囚われておらず、積極的に他人関わって人間関係構築していく。仮面ライダー変身するのは如月だが、彼の活動は「仮面ライダー部」の仲間たちによって支えられている。直接的な戦闘力欠け少年少女は、従来のような変身しようとして果たせない立場置かれることなく部内それぞれの能力を活かすことで役割全うする。彼らは言わば「みんなでライダー変身している」状態にある。これは美し問題解決法に見えるが、そこから孤独向き合う姿勢取りこぼされており、人と異生物境界線上立って葛藤していたかつての仮面ライダーの姿は失われている。

※この「考察(平成)」の解説は、「仮面ライダーシリーズにおける変身」の解説の一部です。» 「仮面ライダーシリーズにおける変身」の概要を見る


考察(クリアリングプロセスなしの場合)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/27 04:25 UTC 版)

上記のような状況において、仮にクリアリングプロセスがなくいきなり決済プロセスとなったとすると、たとえばAは「Bに30円払い」「Dから40億円受け取り」「Cに50億円支払い」という3件の資金移動実施しなければならない

※この「考察(クリアリングプロセスなしの場合)」の解説は、「クリアリング」の解説の一部です。» 「クリアリング」の概要を見る


考察(クリアリングプロセスありの場合)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/27 04:25 UTC 版)

上記のような状況において、クリアリングプロセス決済プロセス前に挟むとどうなるか。 クリアリングプロセスが実施されるには、クリアリングハウス清算機関とも)が存在する必要があるが、ここでは V社がクリアリングハウスとして(A,B,C,Dから)任命され下記クリアリングプロセス1, 2が順に実施されるとする。

※この「考察(クリアリングプロセスありの場合)」の解説は、「クリアリング」の解説の一部です。» 「クリアリング」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

考察

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 01:14 UTC 版)

名詞

こうさつ

  1. 物事明らかするためによく考えたり調べたりすること。

発音(?)

こ↗ーさつ

動詞

活用

サ行変格活用
考察-する

「考察」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

考察のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



考察のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの仮面ライダーシリーズにおける変身 (改訂履歴)、仮面ライダーシリーズにおける変身 (改訂履歴)、クリアリング (改訂履歴)、クリアリング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの考察 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS