漫画版とは? わかりやすく解説

漫画版(松本零士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 05:43 UTC 版)

藪助治」の記事における「漫画版(松本零士)」の解説

登場1コマのみ。ヤマトワープ後の波動エンジン暴走によるエンジン異常を機関室から伝え乗組員1人として登場するが、作業用マスクかぶっているため顔は見えない

※この「漫画版(松本零士)」の解説は、「藪助治」の解説の一部です。
「漫画版(松本零士)」を含む「藪助治」の記事については、「藪助治」の概要を参照ください。


漫画版(田丸浩史)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 15:51 UTC 版)

超兄貴」の記事における「漫画版(田丸浩史)」の解説

田丸浩史作、『月刊少年キャプテン連載。キャプテンコミックス(全3巻)として刊行後2004年にはエンターブレインeb社)より未収録番外編収録した完璧版上下巻)が刊行2010年11月には完璧版を基にカラー原稿完全再現2つ折カラーポスター封入単行本収録読み切りなどの細かい増補稿が成された「超兄貴 FUG(ファイナルアップグレード)」がeb社から刊行された

※この「漫画版(田丸浩史)」の解説は、「超兄貴」の解説の一部です。
「漫画版(田丸浩史)」を含む「超兄貴」の記事については、「超兄貴」の概要を参照ください。


漫画版(アンソロジーコミックシリーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 15:09 UTC 版)

恋姫†無双シリーズの登場人物」の記事における「漫画版(アンソロジーコミックシリーズ)」の解説

ゲーム本編より出番増えており、しばしばネタキャラ扱いを受けている。

※この「漫画版(アンソロジーコミックシリーズ)」の解説は、「恋姫†無双シリーズの登場人物」の解説の一部です。
「漫画版(アンソロジーコミックシリーズ)」を含む「恋姫†無双シリーズの登場人物」の記事については、「恋姫†無双シリーズの登場人物」の概要を参照ください。


漫画版(むらかわみちお)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 04:15 UTC 版)

古代進」の記事における「漫画版(むらかわみちお)」の解説

アニメ版よりも沖田に対する不信感強くヤマト乗艦後もわだかまり解消できないでいたが、エンケラドゥス墜落していた駆逐艦ユキカゼ航海日誌音声から、沖田と守のやり取り聞いて守の意志知り沖田への不信感解消するまた、ガミラス対す憎しみアニメ版より強く、メ2号作戦ではガミラス悪魔呼び無慈悲に殲滅ていったが、旗艦逃がすためにヤマト突撃するデストリア級を見てガミラス人地球人と同じ「人」であると理解する

※この「漫画版(むらかわみちお)」の解説は、「古代進」の解説の一部です。
「漫画版(むらかわみちお)」を含む「古代進」の記事については、「古代進」の概要を参照ください。


漫画(あさのりじ)版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 04:21 UTC 版)

光速エスパー」の記事における「漫画あさのりじ)版」の解説

少年』(光文社1966年1月号か1968年3月号(休刊号)まで連載された。全27回。各回掲載ページ数1721ページあさのりじデザインしたエスパー強化服特徴として、服と一体のフルフェイスヘルメットをかぶり、耳のアンテナレシーバ中心通らず縁に沿った位置に付いている。手袋ブーツの色は白。飛行時には背中ロケットが体から離れて支柱つながった態で飛ぶ。 ストーリー前期21回まで)と後期22以降の6本)に大別される前期テレビドラマ放送以前のため、あさの個人アイデアによる設定基づく展開が繰り広げられる

※この「漫画(あさのりじ)版」の解説は、「光速エスパー」の解説の一部です。
「漫画(あさのりじ)版」を含む「光速エスパー」の記事については、「光速エスパー」の概要を参照ください。


漫画(松本零士)版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 04:21 UTC 版)

光速エスパー」の記事における「漫画松本零士)版」の解説

少年ブック』(集英社1968年6月号か1969年4月号(休刊号)まで連載された。全11回。掲載ページ数初回31ページ以降2429ページその後掲載誌同社の『少年ジャンプ』(当時は月二回刊)に移し1969年9号から1970年30号にかけて掲載された。全18回(『別冊少年ジャンプ掲載分の3回を含む)。掲載ページ数は8〜16ページ。(詳細後述1968年初頭テレビドラマ本放送終了し雑誌少年』の休刊により漫画連載途絶えたが、間を置かず開始されドラマ再放送によりエスパー人気衰えず東芝サイド雑誌掲載継続望んだ光文社から掲載引き継いだ集英社は『少年ブック』での新作漫画連載企画し担当編集西村繁男を通じて松本零士執筆依頼する松本仕事を受けるにあたって好きにやらせてくれるなら」という条件出したこともありエスパーイメージだけを残してキャラクター・ストーリーを含む全ての設定新しいものに変更、全くのオリジナル作品として再構成し、同年5月号の『少年ブック』にて予告編となるミニストーリーとカット掲載、翌号からの連載開始にて僅か3ヶ月ブランクで「光速エスパー」が少年誌復帰した集英社はこれをバックアップし創刊したての新雑誌少年ジャンプ』にて創刊2号目からミニコラム「エスパーくんの光速訪問」(東芝施設見学レポート構成・絵/松本)、「漫画SF大学」(構成・文/福島正実、絵/松本)と立て続け掲載続けた。これが『少年ブック休刊後に同誌へと連載移籍する布石となった松本デザインによるエスパー強化服特徴として、服と分離したジェット型のヘルメットをかぶり(ただし前述の予告編では一体型フルフェイスヘルメットの姿が見られる)、レシーバアンテナ中心軸合った位置配置されウエストベルト装着第2話より)、レシーバ背面ロケットブーツなどの硬質な部分には特徴的にディテールアップ施されている。手袋白だブーツ黒く塗られイラストもあり、モノクロページでは常にベタ塗られるまた、松本絵柄クセにより、極端なパースつけられ左右の瞳の大きさ異なる絵が目立つ。

※この「漫画(松本零士)版」の解説は、「光速エスパー」の解説の一部です。
「漫画(松本零士)版」を含む「光速エスパー」の記事については、「光速エスパー」の概要を参照ください。


漫画版(藤川桂介、ひおあきら)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 05:43 UTC 版)

藪助治」の記事における「漫画版(藤川桂介ひおあきら)」の解説

火星上空ヤマト波動エンジン不調徳川に訴える機関室スタッフとして3ページ登場表記漢字ではなくヤブとなっており、顔もアニメ版とは大きく異なり松本零士ラフ稿に近い。

※この「漫画版(藤川桂介、ひおあきら)」の解説は、「藪助治」の解説の一部です。
「漫画版(藤川桂介、ひおあきら)」を含む「藪助治」の記事については、「藪助治」の概要を参照ください。


漫画版(むらかわみちお)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/29 03:24 UTC 版)

ガンツ (宇宙戦艦ヤマト)」の記事における「漫画版(むらかわみちお)」の解説

シュルツのことをヴォル・ヤレトラーと共に父のように尊敬しているとされているまた、単行本第4巻において、少年期回想シーンローテというガールフレンド幼馴染)または妹が登場している。なお、少年期体形スマートであった。

※この「漫画版(むらかわみちお)」の解説は、「ガンツ (宇宙戦艦ヤマト)」の解説の一部です。
「漫画版(むらかわみちお)」を含む「ガンツ (宇宙戦艦ヤマト)」の記事については、「ガンツ (宇宙戦艦ヤマト)」の概要を参照ください。


漫画版(むらかわみちお)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 00:02 UTC 版)

加藤三郎 (宇宙戦艦ヤマト)」の記事における「漫画版(むらかわみちお)」の解説

単行本第4巻赤道祭において、メ2号作戦戦死した杉山宣彦の両親交信しており、気遣い感謝されると同時に息子代わって無事に帰還するよう懇願される。第6巻では回想シーン描かれ、命を尊ぶ寺院出身ということで軍隊にいることを父親から反対されている。

※この「漫画版(むらかわみちお)」の解説は、「加藤三郎 (宇宙戦艦ヤマト)」の解説の一部です。
「漫画版(むらかわみちお)」を含む「加藤三郎 (宇宙戦艦ヤマト)」の記事については、「加藤三郎 (宇宙戦艦ヤマト)」の概要を参照ください。


漫画版(むらかわみちお)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 22:48 UTC 版)

シュルツ (宇宙戦艦ヤマト)」の記事における「漫画版(むらかわみちお)」の解説

単行本第3巻では、ガンツやヴォル・ヤレトラーから父のように慕われているという描写がある。ドメルシュルツ仁徳大い評価しており、墓参り訪れている。

※この「漫画版(むらかわみちお)」の解説は、「シュルツ (宇宙戦艦ヤマト)」の解説の一部です。
「漫画版(むらかわみちお)」を含む「シュルツ (宇宙戦艦ヤマト)」の記事については、「シュルツ (宇宙戦艦ヤマト)」の概要を参照ください。


漫画版(むらかわみちお)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 17:08 UTC 版)

宇宙戦艦ヤマトシリーズの地球の戦闘艦」の記事における「漫画版(むらかわみちお)」の解説

単行本第1巻において、ヤマト目掛けて発射され惑星間弾道弾軌道変更試みて同弾に攻撃加え軌道変えられなかったが着弾予想時刻数分遅らせることには成功したまた、単行本第6巻における沖田第二次火星海戦回想中で金剛型宇宙戦艦村雨型宇宙巡洋艦艦首陽電子衝撃砲の発砲描写されている。

※この「漫画版(むらかわみちお)」の解説は、「宇宙戦艦ヤマトシリーズの地球の戦闘艦」の解説の一部です。
「漫画版(むらかわみちお)」を含む「宇宙戦艦ヤマトシリーズの地球の戦闘艦」の記事については、「宇宙戦艦ヤマトシリーズの地球の戦闘艦」の概要を参照ください。


漫画版(角川書店・連載は月刊少年エース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 06:42 UTC 版)

ブレンパワード」の記事における「漫画版(角川書店連載月刊少年エース)」の解説

4巻。画・杉崎ゆきる

※この「漫画版(角川書店・連載は月刊少年エース)」の解説は、「ブレンパワード」の解説の一部です。
「漫画版(角川書店・連載は月刊少年エース)」を含む「ブレンパワード」の記事については、「ブレンパワード」の概要を参照ください。


漫画版 (BLOOD+A)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 11:57 UTC 版)

BLOOD+の登場人物」の記事における「漫画版 (BLOOD+A)」の解説

病弱な息子心配する皇妃に取入り救済することを目的ロマノフ王朝宮廷にいる人間次々と翼手化さていった美しいものに執着しており、自分生み出した翼手でも美しくなければ殺してしまう一面も持つ。宮廷からは反感買っており、ディーヴァに愛を求めるも捨てられ最後はアンシェルによって瀕死状態にされ、川に捨てられるが、流されてソーニャ遭遇する。更に「ロシアン・ローズ」編ではシュヴァリエになったエピソード書かれており、幼い頃から予知のような能力を持っていたことが分かる

※この「漫画版 (BLOOD+A)」の解説は、「BLOOD+の登場人物」の解説の一部です。
「漫画版 (BLOOD+A)」を含む「BLOOD+の登場人物」の記事については、「BLOOD+の登場人物」の概要を参照ください。


漫画版(むらかわみちお)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/19 15:39 UTC 版)

太田健二郎」の記事における「漫画版(むらかわみちお)」の解説

単行本第1巻から登場アニメ版では関西出身ありながら関西弁で話す描写はないが、漫画版ではほぼ常に関西弁話している。

※この「漫画版(むらかわみちお)」の解説は、「太田健二郎」の解説の一部です。
「漫画版(むらかわみちお)」を含む「太田健二郎」の記事については、「太田健二郎」の概要を参照ください。


漫画版(舞-HiME戦(EXA))

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/12 02:24 UTC 版)

舞-HiMEの登場人物」の記事における「漫画版(舞-HiME戦(EXA))」の解説

崩壊した世界で黎人と結ばれるという異例の結末を迎える

※この「漫画版(舞-HiME戦(EXA))」の解説は、「舞-HiMEの登場人物」の解説の一部です。
「漫画版(舞-HiME戦(EXA))」を含む「舞-HiMEの登場人物」の記事については、「舞-HiMEの登場人物」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「漫画版」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

漫画版のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



漫画版のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの藪助治 (改訂履歴)、超兄貴 (改訂履歴)、恋姫†無双シリーズの登場人物 (改訂履歴)、古代進 (改訂履歴)、光速エスパー (改訂履歴)、ガンツ (宇宙戦艦ヤマト) (改訂履歴)、加藤三郎 (宇宙戦艦ヤマト) (改訂履歴)、シュルツ (宇宙戦艦ヤマト) (改訂履歴)、宇宙戦艦ヤマトシリーズの地球の戦闘艦 (改訂履歴)、ブレンパワード (改訂履歴)、BLOOD+の登場人物 (改訂履歴)、太田健二郎 (改訂履歴)、舞-HiMEの登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS