陽電子とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 電気 > 電気化学 > 電子 > 陽電子の意味・解説 

よう でんし やう- [3] 【陽電子】

電子反粒子記号 e+ 正の電気素量をもち,スピン質量電子と全く同じで,電子対生成対消滅する。ポジトロン。 ↔ 陰電子

陽電子

記号電荷質量スピンパリティ寿命分類
e++10.51 MeV 1/2無限大軽粒子
★記号★

電子反粒子ポジトロンともいう。高エネルギー光子物質当て作る電子出会うと,低エネルギーでは一種分子状態(ポジトロニウム形成し2個又は 3個の光子にこわれるが,エネルギーが高いと一気消滅して2個の光子になる。1932 年,アンダーソン(米)により,宇宙線による反応のなかから発見された。

陽電子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/01 17:09 UTC 版)

陽電子(ようでんし、ポジトロン英語:positron)は、電子反粒子。絶対量が電子と等しいプラスの電荷を持ち、その他の電子と等しいあらゆる特徴(質量スピン角運動量 (1/2))を持つ。






「陽電子」の続きの解説一覧





陽電子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「陽電子」の関連用語

陽電子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アレックス

村上康則

改質アスファルト混合物

貯乳タンク

TC-90

道後温泉振鷺閣の刻太鼓

チェーン

プロトケラトプス・アンドリューシ





陽電子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
素粒子事典素粒子事典
(C) Copyright 2018 Sadaharu UEHARA and Junpei SHIRAI
この記事は、「素粒子事典」の2006年8月3日版を転載しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの陽電子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS