作戦とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 計画 > 作戦の意味・解説 

さく‐せん【作戦/策戦】

読み方:さくせん

戦い試合うまく運ぶ方法策略転じて物事進めていくうえでのはかりごと。「—を練る」「—を立てる」

歩兵・砲兵・騎兵などの、ある期間にわたる一連の対敵戦闘行動。「水際—」「陽動—」


【作戦】(さくせん)

Operation
策戦」とも。

軍隊武装集団軍事的目的を達成するために考案実行する計画的な作業
原則として戦闘行為もしくは暗殺のために兵器活用する暴力的な計画のみを指す。
また、予期せず発生してしまった偶発的な戦闘遭遇戦)も含まれない

通常、ある作戦に参加する全ての人員は、参加する作戦について必要な情報通知される
作戦用の兵站確保する際は計画についての事前通知を行う事が必ず必要であるからだ。
1個師団以上の規模で全く想定外な作戦を実行する場合兵站調整にはおおむね数ヶ月要する
一国全軍をもって新規の作戦を実行するには、ほぼどんな場合でも単位準備期間必要になる
軍隊有事迅速な作戦行動を行うには、何年前から想定と、研究と、準備必須である

膨大な金銭資材が動くため、国家レベルでの作戦計画スパイから隠蔽するのは不可能に近い
とはいえ概要はともかく詳細な作戦行動まで推定するのも極めて困難である。
このため実際の戦争においてはしばしば「敵が想定できない奇抜な作戦を実行した陣営」が勝利する

日本史では「源義経鵯越え」が有名であろう。
源氏6万・平家7大戦にあって源義経率いて突撃したのはわずか70騎の騎兵のみである。
しかし、その70騎は激戦最中に全く想定外移動経路浸透し、敵の城をやすやすと炎上させた。
全く想定外のため平家諸将互いに裏切り疑い始め疑心暗鬼により士気完全に崩壊
平家軍は総大将自ら敵前逃亡に走るほどの大敗喫し平家一門滅亡に至る発端となった


作戦


作戦―“青”(ブルー・オペレーション)

作者梶山季之

収載図書男の誇り
出版社光文社
刊行年月1991.8
シリーズ名光文社文庫


作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/12 14:38 UTC 版)

作戦(さくせん、: operations)とは、戦いを進めてゆく上でのはかりごと[1]。「作戦を練る」のように使う[1]競技、事業、経営 等々における計画やその実施を指す場合もある。


  1. ^ a b c 広辞苑 第六版「作戦」
  2. ^ 日比野弘ほか著『ラグビーの作戦と戦術』早稲田大学出版部、2002


「作戦」の続きの解説一覧

作戦(十字ボタン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 18:38 UTC 版)

ジェイスターズ ビクトリーバーサス」の記事における「作戦(十字ボタン)」の解説

仲間指示を伝えられる

※この「作戦(十字ボタン)」の解説は、「ジェイスターズ ビクトリーバーサス」の解説の一部です。
「作戦(十字ボタン)」を含む「ジェイスターズ ビクトリーバーサス」の記事については、「ジェイスターズ ビクトリーバーサス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「作戦」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

作戦

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 04:51 UTC 版)

名詞

さくせん

  1. 戦う際の策略
  2. 転じて競争対立における謀略計画。ことを成すにあたって取る方策段取り
  3. 軍隊等によって実施される戦闘を含む組織的な行動

語源

関連語

翻訳


「作戦」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



作戦と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

作戦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



作戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの作戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジェイスターズ ビクトリーバーサス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの作戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS