作戦行動とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 動作 > 行動 > 作戦行動の意味・解説 

作戦行動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/05 04:02 UTC 版)

L-19 (潜水艦)」の記事における「作戦行動」の解説

1945年8月19日留萌沖近海向かった21日から、任務偵察敵艦攻撃1945年8月22日第二号新興丸(2,700トン)が雷撃及び砲撃より大破した。 1945年8月22日泰東丸(877トン)が砲撃により撃沈した

※この「作戦行動」の解説は、「L-19 (潜水艦)」の解説の一部です。
「作戦行動」を含む「L-19 (潜水艦)」の記事については、「L-19 (潜水艦)」の概要を参照ください。


作戦行動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/28 16:30 UTC 版)

北号作戦」の記事における「作戦行動」の解説

松田少将(四航戦司令官によれば燃料少しでも節約するために艦隊速力16ノット抑えた。完部隊1945年昭和20年2月10日夕刻、在泊艦艇見送られシンガポール出航した。完部隊出撃する島々から日の丸振られ乗組員スパイ疑ったという。すでに戦闘機哨戒機などの護衛支援望めない状況だった。完部隊フィリピンマニラ方面突入する見せかけたのち、北上して日本本土へ向かう。アメリカ軍作戦暗号解読察知し付近自軍迎撃命令発していた。 途中何度かアメリカ陸軍航空隊機による空襲アメリカ海軍潜水艦バーゴールブロワーフラッシャー、バッショー等)による接触攻撃受けた。しかしいずれの攻撃回避、または事前に撃退成功した2度にわたるアメリカ軍機による攻撃には、2度とも近隣発生していたスコール隠れて攻撃回避することに成功した2月12日昼前朝霜が米潜水艦(ブラックフィン)を発見して爆雷投下した夕刻大淀水上偵察機1機(2号機)を射出し、陸上基地からも九三海軍航空隊足柄搭載水上偵察機対潜哨戒従事した大淀2号機艦隊直掩実施したのち、カムラン湾向かった大淀機はカムラン湾海南島厦門基隆水上機基地利用しながら完部隊追いかけて内地むかった2月13日、ブラックフィンの報告受けたアメリカ陸軍航空部隊はB-24重爆多数投入したが、覆われた部隊認識できず、あきらめて去った。また日向レーダー水上目標探知した。米潜水艦3隻(ブロワーバーゴールフラッシャー)が相次いで魚雷多数発射するが、1本命中しなかった。伊勢魚雷8本を発見し回避成功した。内1本高角砲射撃爆破した夕刻日向は米潜水艦バッショーに対し36cm主砲による砲撃実施効果はなかったがバッショーは潜航したため襲撃機会を失った2月14日昼頃天候悪化する中で澎湖諸島馬公市からやってきた第1駆逐隊野風神風)が完部隊に合流する悪天候のため、旧式の神風型駆逐艦峯風型駆逐艦では速力18ノット戦艦についてゆくのもやっとだった。約1時間後、アメリカ軍大型爆撃機数十機が飛来したが、悪天候のため完部隊捕捉できず、あきらめて帰投した。夕刻、完部隊前方米軍第七艦隊航行しているとの情報があり、大淀水上偵察機1機(1号機)を射出した。だが誤報であった2月15日未明から朝にかけて完部隊不審な影を発見各艦水上見張り用の二十二レーダー射撃用に用い準備をしたが、二度と中国民間ジャンク船団だった。 2月15日夜に馬祖島仮泊燃料補給実施した日向船体接触損傷軽微〕、伊勢初霜大淀朝霜)。ここで完部隊は第1駆逐隊分離した台湾海峡通過中に、既に落伍していたとも伝えられる。第1駆逐隊シンガポール向かった。完部隊日付変更と共に出発する。完部隊同地出航の際、野風神風らの代わりに第1駆逐隊護衛として付けた駆逐艦汐風もまた、暗黒悪天候のため完部隊からはぐれてしまった。同時刻支那方面艦隊所属駆逐艦が、北上する第四航空戦隊遭遇した感激した堀之内艦長)は四航戦からの誰何信号に「われ今より貴隊を護衛せんとす」と発信して正横3000m占位したが、悪天候下の樅型駆逐艦では戦艦速力ついて行けず、30分程で後落したという。 2月16日夜から17日朝にかけて、完部隊舟山島泊地仮泊した。出港後、黄海横断する18日夕刻から19日朝にかけて、朝鮮半島南岸仮泊した。同日夜に下関到着六連泊地仮泊した。翌2月20日午前10時、完部隊6隻(日向伊勢大淀初霜朝霜)は呉に到着した輸送作戦完璧な成功収めた大淀偵察機2機も無事に母艦戻っている。艦艇研究家木俣滋郎によれば、完部隊大淀)が回避した潜水艦英米合計26隻におよぶという(戦史叢書54巻では、約10隻の潜水艦遭遇とする)。

※この「作戦行動」の解説は、「北号作戦」の解説の一部です。
「作戦行動」を含む「北号作戦」の記事については、「北号作戦」の概要を参照ください。


作戦行動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 08:57 UTC 版)

アークライズファンタジア」の記事における「作戦行動」の解説

戦闘中操作スティックを左に倒し続けると表示される作戦画面作戦与えるとキャラクターがその作戦内容応じた行動を取るうになる

※この「作戦行動」の解説は、「アークライズファンタジア」の解説の一部です。
「作戦行動」を含む「アークライズファンタジア」の記事については、「アークライズファンタジア」の概要を参照ください。


作戦行動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/18 14:07 UTC 版)

彗聖天使プリマヴェールZwei」の記事における「作戦行動」の解説

4人の隊長たち指示を出して作戦与えポイントを稼ぐ作戦内容通常のもののほかに、現金強奪訓練などがある。また、怪人作るのに重要な細胞回収する作戦もある。

※この「作戦行動」の解説は、「彗聖天使プリマヴェールZwei」の解説の一部です。
「作戦行動」を含む「彗聖天使プリマヴェールZwei」の記事については、「彗聖天使プリマヴェールZwei」の概要を参照ください。


作戦行動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/13 08:58 UTC 版)

ナレースワン261警察特殊部隊」の記事における「作戦行動」の解説

同部隊は、タイ王室関係者国内視察際に護衛する任務を負う。さらに女性隊員訓練行われシリントーン内親王が国警備警察学校視察された際に随行した部隊さまざまな重大な事件対応して出動しており、以下に示す。 ビルマ人学生ミャンマー大使館占拠事件-1999年10月1日-2日 バンコク カレン族ビルマ組織によるラチャブリー病院立てこもり事件-2000年1月24日-25日 ラーチャブリー県 サムットサコーン県カレン族ビルマ組織脱走囚人人質事件-2000年11月22日-23日 サムットサーコーン県 これら三つ事件で、全員人質の救出し、作戦成功収めた。現在ナレースワン261警察特殊部隊装備増強行い更なる作戦の実施国家警察支援行っている

※この「作戦行動」の解説は、「ナレースワン261警察特殊部隊」の解説の一部です。
「作戦行動」を含む「ナレースワン261警察特殊部隊」の記事については、「ナレースワン261警察特殊部隊」の概要を参照ください。


作戦行動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/04 00:04 UTC 版)

オスマン・マムルーク戦争 (1516年-1517年)」の記事における「作戦行動」の解説

戦争はいくつかの会戦が行われた。マムルーク軍はかなり伝統的で、主に弓矢を使う騎兵隊構成されていた。オスマン帝国軍、特にイェニチェリ小銃装備した当時最先端だった。 マムルークその伝統に誇りを持ち銃器使用ないがしろにする傾向があった 。

※この「作戦行動」の解説は、「オスマン・マムルーク戦争 (1516年-1517年)」の解説の一部です。
「作戦行動」を含む「オスマン・マムルーク戦争 (1516年-1517年)」の記事については、「オスマン・マムルーク戦争 (1516年-1517年)」の概要を参照ください。


作戦行動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/04 10:05 UTC 版)

アクレ刑務所脱獄事件」の記事における「作戦行動」の解説

脱獄当初4月予定されていたが、結局のところ1947年5月4日日曜日国連総会パレスチナ問題について話し合うために召集された日の午後4時にふたたびスケジュールされた。イルガン最高司令部(Irgun High Command)は、脱出のために囚人41人を選んだ――イルガン30人レヒ11人、これが隠れ処(あじと)で利用可能スポット複数の、利用可能人数であった。イルガン最高司令部と収監中のイルガンメンバー エイタン・リヴニは、脱獄脱出ルート広く計画した兵站準備複雑であった――イルガンはトラック1台ジープ1台軍用ピックアップトラック2台および民間車両複数購入し、それらはその後イギリスのものに偽装された。イギリス陸軍制服複数取得された。民間衣服在庫脱獄者らが一般人にうまく溶け込みやすくするために手配された。イルガンの偵察活動により要塞弱点発見されていた――トルコ式風呂のすぐ上南壁したがって、イルガンはTNT刑務所密かに持ち込み、それはそれから手榴弾30発と爆弾2発を即興で作るのに使用された。 1947年5月4日日曜日、イルガン戦士らは、軍用トラック1台イギリスカモフラージュ色に塗られ軍用バン2台、民間用バン2台、および先頭のコマンド・ジープから成る車団でアクレ到着した戦士20人はイギリス陸軍工兵隊の服を着て3人アラブ人の服を着ていた。コマンドジープに乗っていた作戦行動指揮官ドヴ・コーエンは、勲章をつけた陸軍工兵隊キャプテン扮していた。トラック刑務所の門に止められバン2台は近く市場止められた。14:00にドヴ・サロモン(Dov Salomon)およびYehuda Afiryonの指揮下にあるイルガン工兵部隊が作戦行動を開始した。はしご複数車両1台から取り外され、男らは近くトルコ式風呂向かいイギリス陸軍工兵隊電話技術者なりすましTNTロープ、その他必要な侵入機器運んだ。彼らは突撃仕掛け、そして通りに下り戻った。 イルガン部隊が所定の位置移動している間、囚人らは内部で計画実行していた。15:00に、午後の運動のために独房複数ドア開かれた逃げ予定がなかった囚人らは中庭降りて陽動作戦出て指定された逃亡者らは独房残っていた。同時に、イルガンの封鎖分隊は、イギリス追跡者らを遅らせるために近く道路複数地雷敷設したし、アラブ人偽装した陽動隊は、迫撃砲を持ってイギリス陸軍キャンプ近くに移動した16時22分に、装薬複数爆発し刑務所の壁の1つ大きな穴1つ開けた爆風聞いた陽動隊は、イギリス陸軍キャンプ迫撃弾発射しその後撤退したその間刑務所では、脱獄犯の第1グループ独房からすばやく走り出て壁の裂け目向かいパニックをおこし独房から走り出アラブ囚人らの群衆の中を押し分けて進まねばならなかった。彼らは密かに持ち込んだ爆薬使って刑務所壁の穴がある灯油への道をさえぎる鉄の2つ爆破した脱獄犯の第2グループは、可燃性物質バリケード1つ設置し、火をおこしてそれに火を点け脱出路をふさぎ、看守ら(guards)がすぐに到達できないようにした。その結果生じた煙幕と火は、爆発引き起こしていた混乱増しただけであった刑務所ヤードにいるアラブ人囚人らは、狂ったように叫び走り始めなかには有刺鉄線フェンスにじかにぶつかる人もいれば、火事爆発恐れて独房突進した脱獄したりする人もいた。 アラブ看守らは、脱獄進行中であると考え群衆発砲し始めた。この混乱の中で第3グループ刑務所ヤード足を踏み入れ屋根配置された看守らに手榴弾複数投げ、彼らを逃げさせた。爆発複数他の囚人の間でさらなるパニック混乱引き起こした混沌の中で2つグループ壁の穴から逃げた看守らは何が起こっているのかわからないため、ヤード入らなかった。その間ヤード廊下駆け抜けるアラブ囚人らが壁の穴発見し始めた次の1時間で、アクレ刑務所アラブ囚人394人のうち214人が壁の穴から逃げ出し、街に姿を消した脱獄犯の第1グループ打撃部隊(strike force)の一部とが最初のトラック乗り込み、それは急いでアクレを出ることができたが、街のすぐ南で、近くビーチ水浴していて、アクレ刑務所騒ぎ出動したイギリス兵らに待ち伏せされた。彼らはトラック発砲した運転手発砲かわそうとして、トラックサボテンの塊の中に走らせ左側下に崩壊させた。男らは転がり出て、逃げようとしたとき、すぐにイギリス人発砲された。ドヴ・コーヘンと他のイルガン戦士2人、ニッシム・レヴィ(Nissim Levy)とザルマン・リフシッツ(Zalman Lifshitz)は、近く戦闘司令所の、ジープすぐそば待っていた。イギリス人発砲を始めたとき、コーヘン最初他の囚人らの間に入り安全な所に導こう試みた彼の制服がもともとイギリス軍が彼を撃つことを妨げていたが、結局のところ彼はレヴィおよびリフシッツとともに脱獄犯ら援護射撃与えながら撃たれた。脱獄犯と攻撃者あわせて9人が死亡したなかには生け捕りになりしかし負傷し治療拒否されたのち刑務所死亡した人々もいる。最初のトラックからの脱獄犯のうちただ1人、ニッシム・ベナド(Nissim Benado)が捕獲のがれることができた。しかし、彼は重傷負い後にハイファ隠れ家死亡した生存者らはすばやく捕らえられ刑務所戻された。 残り逃亡者らと打撃部隊メンバーらはすばやく2台目3台目トラック乗り込んだし、サロモン封鎖分隊呼びだし始めた。彼らは順調に撤退したが、彼はアヴシャロム・ハビブ(Avshalom Haviv)が指揮する1分隊を呼び出すのを忘れたその間トラック1台エンジ故障をおこし、始動しようとしなかった。その結果運転手エンジン始動させようとしている間、乗員らはそれを押さなければならず、トラックアラブ暴徒に取囲まれ暴徒物体でそれを連打し始めた運転手がなんとかエンジン始動させたとき、押手らはすばやく乗り込み音響手榴弾1発がその進路をさえぎるアラブ人らに投げ込まれ群衆分散させた。その後トラック2台が連なりアクレから走り去った。彼らがハビブ封鎖分隊通過したとき、男らは彼に、作戦行動は終わった呼びかけたが、ハヴィヴはサロモンからの正式な命令待たなければならない感じその場に留まることを選んだトラックらが走り去ったとき、突然の発砲それらの1台に当たり中の脱獄犯の1人死亡した阻止分隊によって埋められ地雷複数は、イギリス軍抑えることに成功しイギリス兵5人が地雷1発で負傷したイギリス軍がハヴィヴの封鎖位置到着したとき、分隊捕らえられた。 トラック2台がアクレ逃れたのち、海路から離れた直後にイギリストラック1台がそれらが追いかけ始めた助手席座っていた看守ピストルで彼らに発砲し始めたその後イギリストラック進路音響手榴弾投げ込まれた。その結果として生じた騒音と煙の爆発とにより、運転手急ブレーキをかけ、車団に追跡中のトラック失わせた。トラックらはダリア(Dalia, Israel)というキブツ到着し、そこで戦士らと脱獄犯ら乗物武器捨てた逃亡者の長エイタン・リヴニは、キブツハガナーの男2人会い自分らは9時まで当局コンタクトしない、と主張した。それから彼らはビニャミナ(Binyamina-Giv'at Ada)の町まで歩いていき、その日はそれからそこに隠れた翌朝、彼らはパレスチナじゅうの事前に指定された隠れ場所分散した全体として、イルガンとレヒ囚人27人が、アラブ囚人214とともに逃亡した。作戦行動中に殺害された戦士のうち7人は、近くのShavei Tzionの墓地埋葬されている

※この「作戦行動」の解説は、「アクレ刑務所脱獄事件」の解説の一部です。
「作戦行動」を含む「アクレ刑務所脱獄事件」の記事については、「アクレ刑務所脱獄事件」の概要を参照ください。


作戦行動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/24 04:43 UTC 版)

南アラビア遠征 (1546年)」の記事における「作戦行動」の解説

1538年オスマン帝国支援受けたグジャラートスルタンは、グジャラート半島カーティヤーワール半島)の先にあるポルトガル要塞ディーウ攻撃した占領できなかった(ディーウ攻囲戦 (1538年)(英語版))当時オスマン艦隊指揮していたハドゥム・スレイマン・パシャは、インドから帰路要衝アデン防備強化した1546年8月オスマン帝国ピーリー・レイース指揮で、紅海艦隊所属するガレー船4隻がアデンから出撃した。 艦隊最初にアデンの約600キロ東にあるシフル寄港した。この都市1538年遠征中ハドゥム・スレイマン・パシャによって占領されオスマン帝国の支配下にあった。 ここでオスマン艦隊はカスィーリー(Kathiri)のスルタン、バドル・ブ・トゥヴァイリック(Badr Bu Tuvayrik)の軍と連携して前進続けた。そして、ポルトガル近しいマフラ族のスルタン支配していたキシュンKişn、シフルから250キロ東に位置する)を共同で攻撃占領したキシュン征服後現在のオマーンのドファールにあたる地域上陸したオスマン軍は、ここに砦を築いたアラビア半島東端回った艦隊はそこでカルハット攻撃した。さらに前進続けペルシア湾入り口位置しポルトガル最重要拠点1つであるマスカット達したポルトガル不意を突いたオスマン軍都市攻撃し、港を焼き払った。さらに、ポルトガル商船拿捕した作戦終えた艦隊は、秋にアデン帰還した

※この「作戦行動」の解説は、「南アラビア遠征 (1546年)」の解説の一部です。
「作戦行動」を含む「南アラビア遠征 (1546年)」の記事については、「南アラビア遠征 (1546年)」の概要を参照ください。


作戦行動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 04:56 UTC 版)

シャルダグ (イスラエル空軍)」の記事における「作戦行動」の解説

1978年リタニ作戦英語版) - レバノン南部での偵察活動 1982年ガリラヤの平和作戦英語版シリア軍地対空ミサイルサイト制圧作戦モール・クリケット19作戦英語版)への参加 1982年6月10日、敵の待ち伏せ攻撃によりイスラエル軍参謀長のイェクシェル・アダム(英語版少将戦死した際、同行していたシャルダグ隊員もその多く重傷負ったシャルダグ隊はゴラニ歩兵旅団偵察部隊 (パルサー・ゴラニ) の支援を受け危機脱した1984年モーセ作戦英語版) (エチオピア在住ユダヤ人救出移送作戦) 参加航空機着陸地点安全確保1986年~87年第1次インティファーダにおいてパレスチナ人在住地域潜入して情報収集活動(ミスタアラビム(英語版))。この作戦はドゥヴデヴァン(英語版)、シムション英語版)と共同で行われた1991年ソロモン作戦 (エチオピア在住ユダヤ人救出移送作戦) 参加航空機着陸地点安全確保

※この「作戦行動」の解説は、「シャルダグ (イスラエル空軍)」の解説の一部です。
「作戦行動」を含む「シャルダグ (イスラエル空軍)」の記事については、「シャルダグ (イスラエル空軍)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「作戦行動」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「作戦行動」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



作戦行動と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「作戦行動」の関連用語

作戦行動のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



作戦行動のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのL-19 (潜水艦) (改訂履歴)、北号作戦 (改訂履歴)、アークライズファンタジア (改訂履歴)、彗聖天使プリマヴェールZwei (改訂履歴)、ナレースワン261警察特殊部隊 (改訂履歴)、オスマン・マムルーク戦争 (1516年-1517年) (改訂履歴)、アクレ刑務所脱獄事件 (改訂履歴)、南アラビア遠征 (1546年) (改訂履歴)、シャルダグ (イスラエル空軍) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS